タグ:防音 ( 3 ) タグの人気記事

模様替えと、好きな声

りょうが昔好きな女性ボーカルの声は、ダントツで井上昌己だった。
ちょっとハスキーがかった、甘い声。
彼女のオリジナルアルバムは、全てが愛聴盤。
無論曲の良さもあるが、それ以上に声が好きだったのだな。

今りょうが1番好きな女性ーボーカルの声は、 GARNiDELiA=ガルニデリアのメイリア。
ある意味、声質は井上昌己の真逆なんだがw
この声に非常に惹かれる。

趣味が変わったわけじゃない、曲を初めて耳にした時期が20年以上異なるせいで、
直接どっちが好きとかいう発想がりょうにはないが、
今も井上昌己の声は大好きであり、メイリアを除くすべてのボーカリストより上である。
まあ、アイナとチッチの奇跡のコントラストというBiSHというのが別途あるがw

で、この理由を考えると、なんとなくりょうの、全てにおける好みの根幹がわかった気がした。
ふたりとも、その声質の方向性で、突き抜けていいのだ。
これはりょうは、顔についても全く同じで、古いが川上麻衣子と手塚理美を同時に最高に思えたりした。
その特徴を持つ顔の中で、最も優れていると自分が思える顔が好き。
顔については、随分前からそうだと自覚していたが、よもや声も、そして他のものでも。
車のデザインはフェラーリも好きならベンツのSシリーズもGシリーズもカコイイと思う。
和食もイタリアンもフレンチも中華もインドも韓国も全部好き、好みの料理より好みの店しかない。

ようは、方向性がないのだ。
普通(ないしダメ)から1番離れてる(当然優れている方に)が好き。
これって、多分とても変わっているのだと思う、だって他に自分みたいなヤツ見たこと無いもの。
普通は、人の好みにはちゃんと方向性があるのだよ。

ということを考えていたら、ふと部屋の模様替えをしたくなったので、やってみた。
一度音響に悪影響があると思って出したテーブルを復活させたのだ。
悪影響があると思ったのは、別の要因だったので、戻してどうなるかを試したのだが、
案の定テーブル戻しても全く問題はなかったというww

ということで、もうそろそろマスクも面倒になったし、本日時点のお部屋画像を記録で残しておこう。
全景左右。なんかSTU46のMV映っちゃってるわ、全く趣味じゃないのに(欅坂は大ファン)。
e0094270_18172530.jpg
e0094270_18171240.jpg
アクセント部分。
e0094270_18183386.jpg
e0094270_18184319.jpg
e0094270_18185826.jpg
e0094270_18191617.jpg
e0094270_18192709.jpg
e0094270_18194219.jpg
e0094270_18195558.jpg
e0094270_18200872.jpg
リスニングポジション周り。
e0094270_18202806.jpg
e0094270_18205493.jpg
e0094270_18211593.jpg
うしろ。
e0094270_18215026.jpg
うん、かなりいい感じに仕上がったよw
これが、防音性能測定不能(D-75オーバー)かつ最高の音響を実現した、我がリスニングルームたるメインルームだ。

ちなみに、この部屋星野源の「恋」のPVのコンセプトに酷似しているわけだが、
e0094270_18313307.jpg
りょうがこの部屋のデザインをした(自分でした)のは2016年8月で、恋のMVは2016年10月公開だから、
俺がアレをパクったんじゃねえぞつーか、黄色い椅子買ったのはもう10年以上前だしw

[PR]
by ryouchanxp | 2018-02-21 18:22 | 音楽 映像 | Comments(0)

防音性能

自分の記録のために、ひとつエントリー。

うちは、リノベーション前はこんな防音性能だった。
e0094270_12531135.jpg
限りなくDR-55に近いDR-50、というか250Hz以外はDR-55だw
なお、うちのスラブ厚は200mmなのだが、コンクリート200mm厚の遮音性能はTLD-53だという。
そして、こちらのサイトによると、DR値はTLD値より厳しいのだな、5dB~10dB低く出てるそう。
DRが50てことはもともと少し優秀じゃん。

それが、リノベーションでこうなった。
e0094270_20060057.jpg
まあ、笑えるわなw
先日D-70って書いたが、これほぼD-75だよね。

でだ、問題は、ベランダへの透過。
e0094270_13270028.jpg
なんとDR-35だという。
しかしこれ、よく見ると250Hzを少し、500Hzを普通に吸音したら、簡単にDR-45になるぞ。
なんせ、防音が困難な125Hz以下が、かなり高度に防音されてる、さすがは三重サッシ。
ようは、部屋からベランダへ筒抜けのこれね。
e0094270_13295211.jpg
外から見たらこれ。
e0094270_14301177.jpg
これをどうにかすれば、きっとベランダへの透過もDR-45レベルになるでしょう。
いよいよ完璧に近づく。

こちらに、小さい工事も請け負う大工さんにお願いして、ダイロートンあたりをこれら全部囲って、
下まで逆潜望鏡のごとく伸ばす処理をしたら、うまい具合に吸音管の中で吸音されるんじゃないか。
通気も当初通り確保できるし、きっとホコリは減るし、きっと素敵な結果になる。

例の件がうまくいったら、決行。



[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-17 14:22 | 音楽 映像 | Comments(0)

ライティング

我が家は、非常に謎な家だ。

間取りは、三井のリハウスが言うには2DKwwww
団地かよwww

しかし、我が自宅は元は3LDK。
へ?Lと1部屋どこいった?というw

そしてうちには、不動産屋が決してDKとしか認めてくれない自称LDKという部屋がひとつある。
それは、Lがリビングではない、ライブラリー、書斎なのだ。これなw
e0094270_18501900.jpg
書籍がない?そりゃ20世紀の書斎だよ。
21世紀の知識の源はネットであり、ネットのアクセス力が極めて高いことが書斎の条件だろう。
この部屋は、自宅ギガビットイーサ網の中核であり、下り43Mbpsのインターネットをコントロールする、
我がメインPCを含む2台の強力なPCと高品質な音響を備える、マルチメディア時代の最強書斎なのだ。

そして、ライブラリー「ダイニングキッチン」。
21世紀のオサンの一人暮らしにおいて、これほど日常を快適に過ごせる空間はまれだ。
なんせ、PCを中心としたデスク周り、椅子の左からは座って開けられる冷蔵庫?w
右には普通の3LDKにある規模のキッチンがある。
ワンルーム感覚で過ごせる、これぞ21世紀の新リビングルームの姿であると断言する!!!

とまあおいといて、もうひとつ我が家が他人の家とは違うところ。
それは、限りなくリビングルームにしか見えない、「メインルーム」という部屋がある。
広さにして15畳の部屋であり、自分が誇る最高の部屋である。
何故リビングではないのか?それはリビングなどとは言いたくない機能を持つ部屋だからだ。
それは、20畳の面積を15畳に減らして実現した、非常にコスパの悪い部屋w
しかし、遮音等級測定不能wという異常な防音機能を持つ。
e0094270_20060057.jpg
まあD-70だとしてだ、こちらを見るとそれが凄まじいことがわかるだろう。
・ジェットエンジンの近く → ・静かな事務所
・自動車のクラクション(2m) → ・市内の深夜
・電車が通るときのガード下 → ・郊外の深夜
・カラオケ(店内中央) → ・ささやき
こんな部屋だw
そして暗騒音が30dBレベルなので、下の2つはもはや聴こえないw

加えて、自分が高校生の頃からこりまくった室内照明。
実用的な植物育成ライトと、読書・食事(未登場)ライトを除いた、日常環境照明がこれ。
e0094270_18291357.jpg
照らしているのは右のライトではなく、天井のスポットライト。
後光のようなのは、壺が置いてあるブツ(謎)の裏にある照明。
e0094270_18290886.jpg
左白塗り?wの裏にあるカーテンを照らす間接照明と別に、モンステラを横から照らして影をつくる照明。
本棚(ビフルカツムが掛かってる白黒白黒の上下8枚の扉がある物体)の上からも明かりが。
e0094270_18292756.jpg
こちらもメインは天井スポットライトからの照明、椅子の間からのランプからのライトアップも非常にいい雰囲気。
e0094270_18293743.jpg
オブジェとして異常な数吊るしたSカンを有するワイヤーボード、これも天井のスポットライトとランプからライトアップ。
e0094270_18294335.jpg
これ、照射角10度の超狭角ライトが照らす、謎ラック上の観葉植物。
e0094270_21042432.jpg
これぞオリジナル、自慢のラタンラック照明w
e0094270_18300936.jpg
今井俊満・花鳥風月の絵とB&Wの看板wを照らすスポットライト。
e0094270_18301719.jpg
お酒コーナーの棚にはブルーのステンドグラス。
e0094270_18300078.jpg
ライブラリーダイニングキッチンに通じる窓とその上の棚を照らす安いスポットライト。

自分で言うのもナンだが、上手いと思うw
これに、現在導入中の、極めて魅力的な観葉植物たち。
そして現在白塗りしてるブツ、謎のラックにあるブツが加わると、この部屋はまさに、地上の楽園となるのだ。

そうそう、「恋ダンス」の星野源の恋のPV、色調やデザイン、りょうのメインルームにクリソツ。
でもこの部屋、設計したのは去年の10月だし、写ってないけど黄色い椅子も10年以上前からあるw
むしろ、星野源がりょうの真似をしたと断言したいが、、、、知ってたわけねーしw

[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-12 18:48 | 生活の智恵 | Comments(0)