タグ:部屋 ( 14 ) タグの人気記事

俺とビカクシダ ~ PLATYCERIUM with me 3

ひっさびさに、俺とビカクシダのエントリー。

約1年前、ネザーランズの実験くん死亡で、アルシコルネのルネに代替わりしたとこで、
ビカクシダ関連エントリーは終わってるが、その後も残存4個体、けっこう育ってきた。

まずは、現在は一番しょぼいネザーランズ「普通くん」
e0094270_17073227.jpg
ネザーランズの特徴である、未熟時代は「ビカク」にならない尖った葉先からまだ未脱却。
しかも、一番新しい胞子葉気が付かない間に傷つけて、ぐにゃっと曲がっちゃった。
どーも発育不良で残念な感じ継続中。でも、2017年10月こんなんだったから、だいぶ回復したと言えよう。
e0094270_17375976.jpg

次、同じくネザーランズの苔玉くん、既に苔死滅でただの水苔くんになってるしw
e0094270_17073305.jpg
こちらも胞子葉未分化で残念だが、普通くんよりはだいぶ発育よし。

次、新参のアルシコルネのルネ。
e0094270_17073316.jpg
うち来た2018年1月18日はこんなん↓だったから、ずいぶん成長したよねえ。
貯水葉の展開が失敗続いてるが、今出てきてるのに期待!
e0094270_08223282.jpg
そして、現在一番立派なのが、最初に買ったビフルカツム「元祖くん」。
e0094270_17073001.jpg
まさに、これぞビカクシダ状態、胞子葉は豪快に展開し、貯水葉は水苔をほぼ包み込んだ!!
買った時これだぜw
e0094270_17112734.jpg
向かって左の中程の胞子葉が、葉焼けで傷んじゃったのが心から悔やまれる。

で、こんな連中のおかげで、リスポジからの景色もぐっと向上中。左。
e0094270_17194217.jpg
右。
e0094270_17194152.jpg
現在は、ソーキングはせずに毎日水苔部分に霧吹き、あと苔玉くん以外は葉水で水やり、
あと週一(日曜日)に微粉ハイポネックス500倍溶液を5ccずつ施肥している感じ。
わりと上手く行ってるんじゃないかと思う。

しかしどこまでもインテリア志向、それが、俺とビカクシダ。



by ryouchanxp | 2019-02-10 17:20 | ガーデニング | Comments(0)

BiSH / stereo future

さっき(23:40頃)、すっごく眠かったんだよね。
というか、もう寝落ち半分してるような状態でw

で、なんとか起きて寝ようとして、でも寝る前に、
月曜にM'ONのJ-POP最強カウントダウン録画でされてるはずのBiSHの新曲をとりあえず聴いておこうと。

やばかったー、ゲームやりながら低音量で音だけは聴いてたんだが、MVと大音量で観たらここまでかっこいいとわ。

以前述べた通り、自分において価値観の最上位を占めるのは「かっこよさ」。

前述の通り、半分眠ってるような状態だったんだ、、、、一気に目が覚めて、これを書いてる。
上記「以前述べた」のリンクで絶賛する欅坂46も鳥肌が立つレベルのカッコよさのMVを次々と繰り出すが、
その点BiSHは、アイナという現時点J-POP界屈指の、当然に素晴らしくカッコいいボーカリストがいる時点で相当高い下駄を履く。
その上に、よくもここまですげえカッコよさの「音楽」を創造してくるよ、このグループとそのスタッフたち。
カッコよさのツボを完全に得意芸にした上に、その路線をBiSHでゴリ押し?する松隈ケンタの楽曲。
MVは「オーケストラ」「Life is beautiful」に続いて大喜多正毅が手がけた。

欅坂46における、平手友梨奈という偏差値90レベルの「センター」と、
BiSHにおける、アイナ・ジ・エンドという偏差値85レベルのボーカリスト、それと対を成すセントチヒロ・チッチのボーカルの対比。
それをエンジンとして、欅坂はなぜか「カッコ悪い」メンバーが至高のカッコいい存在に化ける謎の現象、
一方BiSHは、アユニD他の他メンバーのボーカルの個性、こちらは正直欅に軍配。

で、現時点でBiSHはMVのカッコよさの完成度において、欅坂46全楽曲の上を行くものが3つある。
MVではないが日比谷野音のオーケストラ(曲名)の奇跡のライブ映像、奇作My Landscape、そしてこのstereo future。
プロミスザスターも良かったが、これは欅坂の「風に吹かれても」レベルで、
「不協和音」「エキセントリック」「ガラスを割れ」「アンビバレント」には及ばない。
ようは、MVではBiSHとして、りょう基準で初めて欅坂を超えたのが、My Landscape、次にこのsutereo futureと言えよう。
そんなMVを、楽曲を、我が最高のオーディオ機器で再生し、寝落ちしかけたりょうが完全に目を覚ましてこんなエントリーを投稿しましたとさ。

たまには、オーディオについて独り言でも。

この曲11cmウーファーの書斎のシステムで聴くとそこまで良くない、どうも11cmウーファーじゃ表現できない低域が出てるかも。
それに、今井美樹「オレンジの河」の如く、旧システム(定価42万のユニバーサルプレーヤーと定価38万のプリメインアンプに、
セーム革エッジ化し劇的高音質化した32cmウーファーを持つ個人的にも非常に優れたスピーカーで構成されていた)だと
「なんだか音が悪い曲」だったのに、現行のメインシステムではむしろ他の曲より音がいい、とか起こる。
オーディオによって、音楽の価値が増減する、というか音楽の真価が現出できないシステムでは本当の音楽の価値はわからない。
本当に音楽が好きで、その価値を充分に得ようとするならば、オーディオに最低100万かけるくらいの投資が必要だろう。
旧システムはまさにその投資額前後だが、今井美樹「オレンジの河」の真価は得られなかったので、まあその程度だが。

で、現在のうちのメインシステムの総額は、買い値で400万ほど。当代最高レベルに近い性能のスピーカーを擁し、真価の9割以上は得られていると思う。
そして、はっきりとこれ以上上という価値を得よう(例えば95%)とするならば、まあ1千万はいるんだろうねえ。
自分は、現行システムで必要十分を満たしていると思っているので、これ以上の投資はおそらくないと思う。

ちなみに、オーディオと別に部屋(リノベーション)に900万かかってるので、ただ機器400万のオーディオよりは圧倒的に音質は上。
上記のうち420万かかった防音は防音というだけでなく、壁天井床すべてがとんでもなく強固で共振しないものとなり、
これがオーディオ的には極めて有効で、更に音響効果という観点で言えば内装材が20万だがこれが極めて有効に作用する。
間接的効果は、部屋の形と広さ(20畳分)を確保すべく150万かけてキッチンを書斎に追い出し、トイレの位置をずらしたこと。
これがなければ、以前の変形17.5畳が現在の15畳(5畳分防音にとられた)どころか12畳くらいの狭い部屋になってた。
要は、リノベーション総額900万のうち、直接間接に音質に貢献しているのは440万+150万で合計590万程度というところだろう。

結果は、当然に大変に素晴らしく、共振が徹底的に排除されたルームインルームは音の濁りを発生させず、
またエコカラットグラナスヴァーグSONEX UNX3を交互に貼ったニセ石井式※の効果は、
グラナスヴァーグの乱反射での拡散とソネックスの吸音による調和で、以前の部屋とは次元の違う音のレベルになった。
e0094270_08035156.jpg
まだ観葉植物いない頃w

実は2ちゃんでエコカラットという壁材を知り、その後シリーズを精査してこのグラナスヴァーグを選定したのだが、マジで効果あったわ。
この素材、基本音響無関係な、調湿と空気清浄が売りの壁材なんだが、この「グラナスヴァーグ」、こんな造形。
施工イメージ
以前のエントリーでも記したが、不規則ランダムに反射・拡散ができると思われる多孔質セラミックの壁。
無論、大変にお高い日本音響エンジニアリングのシルヴァンほどの能力はないだろうが、
Sylvan
こんなんひとつで20万も出せるかw(上記は2つだから40万)。

リスポジ後ろなんか、壁はおろか本棚の扉にまで全面的に貼ってあるので、凄まじい乱反射になってるはずだ。
e0094270_07474795.jpg
ということで、うちはエコカラットとソネックスの物量投入で、上記との比較はともかく、高い効果を上げた。

幼稚園から「音楽幼稚園」に行ったせいか、どうもどうしようもなく、音楽が好きな自分。
幼稚園の後は学歴的には音楽無関係でも14から洋楽にはまり15からオーディオに興味を持ち16からアキバのオーディオショップ通い。
オーディオに興味を持ったのは、友達から借りたアース・ウィンド・アンド・ファイアーの宇宙のファンタジーのシングル、
こいつを自宅のモジュラーステレオでカセットテープに録音したら、ダイナミックレンジが大幅に減ったのが発端。
結果単体カセットデッキというものを知り、これが欲しくてたまらなくなり、それから一気にフルセット購入に至った。
そう、オーディオ自体に興味を持ったのではなく、音楽の再生能力を高めることに興味を持ったからこそ、オーディオに走ったのだ。

で、自分にとってオーディオブームが来てたのは16~19歳、33~36歳、50~53歳、この間オーディオについて狂ったようにはまり、
そして当時の自分において満足行くシステムが出来、15年くらいオーディオ熱は霧散した状態となってきた。
妙に定期的なこの周期、次に来るのは、間違いなくりょうが死んでる時期なので、もう来ないんだと思うw

※吸音材と反射材が交互に並ぶ以外は一切石井氏ではないですただのシャレや冗談ですw

by ryouchanxp | 2018-12-15 23:54 | 音楽 映像 | Comments(2)

植物と照明とオーディオ

15歳の頃から照明に凝ってた変な高校生だったりょう、今回のリフォームでの自信作は、
ラタンのラックにオキシカルジューム這わせた照明、名付けてラタンくん。

音楽鑑賞照明時はこんな感じ。
e0094270_19014381.jpg
飛んじゃうので明るくして写すとこんな感じ。
e0094270_19021225.jpg
ラタンからこぼれまくって、下に降りた蔦を上に回したりして、非常にいい感じになってる。
下のカゴの中の電球の周りにも蔦が這ってるのだな。
ちなみに、カゴの中とかLEDの照明に近い葉っぱが焼けて虐待になるかと思えばそんなこともなく、
なんかめちゃめちゃ元気で、壁に張り付こうと気根が壁紙やらスポンジにめり込んでたwww
可愛そうだけど痕になりそうなので剥がした。

ちなみに始めた頃w
e0094270_21042432.jpg
まだゼンゼンしょぼいww

反対側は、照明自体は植物と絡んでないが、モンステラを横からライトアップして陰影を演出。
e0094270_19114975.jpg
本棚(コウモリランが掛けられてる扉がある部分)の上と梁の隙間にも、LEDテープライトの照明があるのだ。

居心地のいい空間には、ライティングの工夫が不可欠だと思っていろいろとやってきたが、
去年から植物がライティングに大変良い効果をもたらし始めた、40年?の歴史の中でも有数の進化だと思う。

ところで、りょうが何故15歳なんていう少年期から照明に凝ったのかというのをふと思い出してみたら、
なんと照明を落として音楽聴いてるときに、オーディオのイルミネーションが美しかったからだと気づいた。
りょうが15歳のとき、最初に買ったオーディオは、アイワのカセットデッキAD-F60M ¥69,800
こんなの。
AD-F60Mの画像
今見ても、すげえカコイイのよねこれ。記念すべきりょうが自分で買った初めてのオーディオ機器。
で、音楽鑑賞って基本部屋を暗くして聴くのだが、そんな中このカセットデッキの照明はとても美しく、
またこの右側のメーターがピンピン動くのがなんともマニアックで、高校生のりょうとしてはインパクト大だった。
多分、このイルミネーションがきっかけとなって、部屋の照明を美しくしようと思ったんだと思う。
だって、一番最初に始めた部屋照明、オーディオラックにスポットライトつけたからねw

その後バブル期のカフェバーブームにおける間接照明のカッコよさから、スピーカーの後ろのライトつけたり、
e0094270_20051644.jpg
(これは8年前の画像で、16歳から使ってるスピーカーと、現在寝室にある旧メイン機器)
部屋にバランスよくスポットライトを配するようになって、大学時代には現在の原型の照明体制?が出来てた。
上のあひると、前にも書いたが、この下の画像の左側にあるスツールに変な紫色のオブジェが巻き付いてる照明、
e0094270_17122095.jpg
大学の頃から電球以外ずっと生き残ってる照明なのだ。スポットライトなんかはたいがい20年以上のもの。

誰から習ったこともなく、というか自ら学ぶどころか調べたりことすらただの一度もないまま、
不思議と、満足いく照明をいつも完成させてる。
ライティングデザイナーとして、石井幹子先生に弟子入りすればよかったかなあ?

それにしても、自分の人生に、オーディオってものすごく強い影響及ぼしてるのを改めて自覚。
そもそもこの部屋買うときも、1階角部屋がオーディオ的に大きな音を出すのに有利だというのが大きな理由だったし、
今回の八桁万かかったリフォーム自体が、それこそオーディオのためなわけだしねえ。

by ryouchanxp | 2018-10-21 19:13 | 生活の智恵 | Comments(0)

メインルームの設定、2018年9月23日

コウモリランの左右を入れ替えたのもあって、ここらへんで我が生きがいのメインルームの記録。

まずは音楽/映像鑑賞バージョン。
e0094270_19100607.jpg
e0094270_19101032.jpg
大半の日、この照明で過ごしている。暗っ!!w

で、フル点灯バージョン、観葉植物、アグラオネマ暗闇くん、カラテアエンペラーのカイザー、
ペペロニア・オブツシフォリアの円ちゃん、ナギのナギ、クロトンブッシュエンドファイヤーのファイヤーくん、
こいつらも定位置につく。
e0094270_19105844.jpg
e0094270_19110260.jpg
この3つ、なんかすごくいいw
e0094270_19125553.jpg
そんな、2018年9月の我が最高の部屋。


by ryouchanxp | 2018-09-23 19:13 | プロフィール | Comments(0)

ガーデニング

自慢じゃないが?りょうは今に至るまで、とてつもなく失った。

自分の中ではこれ以上の恋愛があるのか?という次元の数々の恋愛(除く結婚に至ったやつ)。
人生を変えたレベルの、中3の初めての大恋愛、このブログでも出てくるKIMIKOあるマイミク、そして「」。
当然すべて終わってる、つまり失っている。

実は「娘」に関しては、このブログの最後のエントリー2006年7月に一度終わって、
2008年7月に復活して2012年まで続いてたんだな、その時彼女には息子と娘(本物)がいたw
そして彼女の息子娘も含めて、まるで親のような心境にすらなったが、失った。
他にも、宝石のような素敵すぎるコたちとの、心がとけるような心身ともにの??交流、
なんせ全部で60人位と付き合い、付き合ってなくても恋愛関係にあるという謎の関係?も多分100以上はあった。
カラダの関係がある女友達が、いつも大量にいた女友達の7割以上を常に占めていたのだなあ。
そしてもちろん、そんなことする位だから、ステディーではないがただの友情とかではない。
また、りょうはエッチそのものにたいした価値を感じていないので、セフレの類は一度も持ったことがない。
すべて、軽いか重いかは別として、ちゃんとした恋愛関係だった。
そんな、恋愛をできる能力そのもの、つまり自分の男性としての魅力を失い、結果すべて失ったw

前職まで走り続けたと思われる、超エリート的なキャリア。
途中からは主にベンチャーで、経営判断の一部、それも極めて重要な一部を担う役割を担い続けた。
それを、失ったし、戻る気が失せた関係で、完全に失った、今はただのワープアだw
これは失ったというより、普通に、落ちぶれたwww

【8/22追記、つーかひどいど忘れw】
32のときにけこーんした5年の結婚生活をりょうにくれた元奥さん
生涯、添い遂げると確信していた、何の疑問もなかった。
校正が相対的に非常に重要な出版社?の、最重要校正部門のナンバーワンエリート、
標準的な部員の3倍のスピードで一切のミスがないという異常な能力に、
部長ですら彼女の意見に全く逆らわなかったという30過ぎたばかりの若き女王年収6百万、
りょうも上記の通りで、大変なエリート夫婦だったのだが、特に友人が多かった元奥さん、
ほぼすべての週末を二人で過ごし、まるで引きこもり夫婦のように週末一緒にいた。
平日は毎朝腕を組んで最寄り駅まで二人で出勤、りょうの11時帰宅も食事は二人で。
食事のあとは時間があれば二人で録画のテレビドラマを見てあれこれ、毎日が本当に楽しく幸せだった。
そんな、最愛の奥さんも失った。【追記終わり】

ずいぶん前のことになるが、評価で2億超える資産を有していたが、2/3は評価額の減少で、
そして残りは、ただの浪費でww失ったwww
6千8百万を、主にキャバクラと愛人と彼女(金額的にその順番)に使ったわけで、
その後の年収や株式投資の利益から逆算すると、楽勝で1億3千万は浪費している計算になる。
ひどいときは半年間、毎月300万前後使ってたりしたからねえ、そりゃなくなるわなw
e0094270_10405866.jpg
で現在、貯金や資産どころか借金しか残っていないw

でも、負け惜しみでもなんでもなく、今、実に満ち足りている。
多分自分は、果てしなく、居心地のよい住環境が好きなのだ。
もちろん、それより恋愛が好きだが、それを実践する能力がもう自分にはない。
それを、自覚すると、そういう欲求が失われる。

我が部屋は、防音性能D-75を誇る、深夜3時にガチャリックスピンのライブDVDを爆音で楽しめる部屋であり、
そして、自分が広さ以外これ以上ないと思える最高に居心地いい部屋で、最高に素晴らしい音で音楽や映像を楽しめる。
そして部屋に飽き足らず、テラスまで進出したその欲望は、部屋ほどではないが、極めて満足な結果を出している。
それが、りょうの、ガーデニングだ。

テラスで、空を見上げながら、
e0094270_19104352.jpg
そんなことを考えていた。ここのライトは、右側にもうひとつつける予定(もうライト自体は買ってあるw)。
e0094270_19104568.jpg
芝ちゃんは、今はあんな(前エントリー参照)だけどwきっとリカバーされるし、そしたら冬も青々とした庭になる。
e0094270_15484464.jpg
これ去年の年末の状態、高麗芝はもう全滅している頃、うちの芝はこんなにも蒼碧してた。
そして左を見れば、野菜たちと、越冬チャレンジを目指し、エクステリアとして巨木化させたい連中とか。
e0094270_19104180.jpg
テーブルの上にはサラセニア、そして右は、宿根朝顔を排水管に巻きつけて開花を目指したり、
フェンスに洋蘭をくっつけてみて、ここ、こういうの増やそうと思ってたり。
e0094270_19104247.jpg
どこを見ても、ああ、なんか(・∀・)イイ!と思ってしまうのだな。

自宅以外何もかも失ったようなものだが、その残された自宅が、自分に最高の満足をもたらしてくれた。
なんというか、幸せだと思う。

自分に対して深い理解を実現して、自分が、何が大切か、というものを確信して、それを大切にする。
そして、それ以外を失っても、それを後悔したり、卑下したりしない。
自分の人生を、満足する、そんな、生活の智恵。

by ryouchanxp | 2018-08-19 19:15 | 生活の智恵 | Comments(0)

日曜の夕方、玄妙な具合のライティング

e0094270_20021008.jpg
あまりに居心地よかったので、写真合成してみたんだが、、、伝わらないのう。
植物育成ライトの光があたかも外部からの採光と融合して、暖色系の明かりと融合するのがとてもいい。
画像クリックしても同じサイズなんで、ここは外部の画像サイトでw

つーか今ふと、アクセスログ見てみたら、昨日のアクセスがすげえ。
e0094270_20163799.jpg
人数は普段より少ないのに、253アクセス???
記事別も、ほとんどいちアクセスのものばかり。
e0094270_20180841.jpg
つまり、ぼぼ間違いなくたったひとりが、とてつもない(多分200以上)数のエントリーを一日で読んでくれたと、ログが語ってる。
調べたら、全エントリーが非公開合わせて521なんで、4割位を一日で読んでくれた!?????
誰か知らんが、面白く感じてくれたならと思うばかりだ。

と、ここまで書いといて、グーグルとかのロボットのクロールだったら馬鹿丸出しだな俺w

by ryouchanxp | 2018-07-29 20:03 | 生活の智恵 | Comments(0)

ひどく偏った男が花男を見て語る幸福論

休日の午後、烏龍茶を飲みながら、最高の音響と55インチ画面で、花より男子season1を見る。
e0094270_18153307.jpg
e0094270_18154345.jpg
大切に育てている観葉植物たちに囲まれた、自分にとってこの世で最高の部屋だ。
そんで、画面の回第7話は、F4なる男たちの、熱い絆が描かれるシーンがあり、かなり強い感動があった。
それは、自分が生きてきて、あえて捨てた、この世で最上の価値を持つものだと、とてもよくわかっている。

りょうは、幼少の頃から友達がとても多い子だったのだが、30を過ぎたあたりから、男の友人を一切求めなくなった。
そんな自分に親しくしてくれるヤツもいたが、りょうが報いないせいで、みな疎遠になっていく。
年賀状もらっても一切返さない、自分から何か誘うこともない、もしりょうがもっと魅力的な人間なら、
そんな感じでも人が離れていくこともなかったろうが(つーか離れたというより薄くなって消滅していった感じ)、
正直同性にとってたいした魅力を持たないりょう、本気で男友達がここ10年以上ひとりもいない。

それは、女性が好き過ぎたから。そして、女性との恋愛・性愛を絡めた深くも熱い関係を、ひたすら求めたから。
しかも、その自分の嗜好は、りょうが求めたうちおよそ8割の人との性的関係を実現させるレベルで、成功してしまうのだ。
性交を目的としてそういうことをしたことは一度しかない(沖縄で一度あるw)、すべて恋愛の末のそういうのだ。
だから決して大げさでもなんでもなく、普通の人の100倍位恋愛してきたと思う。
ありがたいことに、それを実現させる、異性にとっての魅力を、りょうはとても持っていたというわけだ。
なんせ、大変な数がいた女友達、それらは、このブログに出てきてたチックのT以外のほとんどのコが、
りょうとそういう関係があったりしたんだからねえ、たいがい相手が結婚するまで友達だったりした。
このブログの初期も、40過ぎにもかかわらず、30代前半以下にしか見えない(20代に見られたこともw)りょう、
ミクシ2つのアカウントで、全部で30人位の人と、非彼氏彼女関係での友情と恋愛がごっちゃになった関係を持っていた。
カテゴリ「」のコと付き合うまで、本当に凄まじい日々だった、初対面のマイミク家に半年住ましたりしてたしwww

その後は、カテゴリ「」の元スタダの、サタンのような悪いコwと、彼女の二人の子供込みで付き合って、
人生最後の、恋愛にあふれた我が人生でも完全に特別な、究極の恋愛と、何故か父親役を5年位やった。
誰かを、一方的に、ひたすら愛した、愛しぬいたという意味では、これも本当に特別な関係だった。

そういう意味では、りょうの人生は、狂おしくまで自分の求めたものを、
充分満足いくレベルで得られ続けたという意味で、最高に幸福な人生「だった」と思う。
今は、そんな魅力は霧散してwただのガーデニングオサーンでしかないのも、特に強い不満はない。
「足るを知る」という感覚が、おそらく1番正しいように思う。

でもね。

数あるテレビドラマで、りょうが1番好きだったドラマいくつか、そのひとつが、ビーチボーイズ。
反町隆史と竹野内豊という驚異的イケメンが、海辺で出会い、得難い絆で結ばれるストーリー。
年間100日ウインドサーフィンしに海に行ってたりょうにとって、本当に素敵な、美しいロケーション。
そんな舞台で、出自がまるで正反対のふたりが、次第に友情を固めていくさまに、心の底から感動した。

そう、りょうにとって、究極のアナザーストーリー、それがビーチボーイズだったんだな。
自分は同性にとって、さして魅力がない、一方女性に対してはかなり魅力的な内面を持っていた。
そして、それがゆえの異性とのとてつもなく深い相互理解や信頼を得られることで、女性に傾倒しまくった。
だからそれについての後悔はない、当然だ、でも、、、、自分も同性とこんな風に絆を結びたかった。
自分の人生において、一度たりとも、そんなことはなかった、そしてそのまま、終わる人生。

だから、ドラマではそういうのが、とても好きだ。
後悔はない、何度生まれ変わってもきっと同じ選択をする、
それでも、自分が得ることがなかったそんな同性の絆を、かりそめでも味あわせてくれるドラマ。

まあ、花男見てよかったって話w

by ryouchanxp | 2018-05-13 18:36 | 恋愛論 | Comments(0)

メインルームのBDレコーダーの録画を、ライブラリー・ダイニング・キッチンのPCで観る

もう、10年以上M'ONのJ-POPトップ50(昔は100)を4時間半かけて(昔は10時間)全曲やる番組観ているが、
レコーダーの性能が上がった数年前から、気に入った曲を選別して録画してある、既に7百曲以上貯めてあるw
この選別作業は、主にメインルームでゲームしながら音だけこちらを流し、曲が気になったら画面切り替えて確認したり、
自慢の?ライブラリー・ダイニング・キッチン(LibDK)で長時間PCでなんかしてる時、
メインルームで再生してその音だけ聴いてて、気になった曲はメインルームで確認とかやってた。

ふと、LibDK時の選別というかBGM化を、LAN経由で録画をPCで再生でけんのか?とか思って調べたら、
SoftDMA 2っていうプレーヤーを5千円で買えば多分できる、とわかって、多分に賭けてプレーヤー買ってみた。
でけましたよー、ほぼインストールしただけでwさすが有料ソフトww
e0094270_14572892.jpg
自慢の24インチWUXGA(1920x1200)の、いち窓となったレグザの録画!
なんかますます便利になった我が家であったw


by ryouchanxp | 2018-04-11 15:11 | 音楽 映像 | Comments(0)

雨の夕方

今日は一日雨で部屋が暗いので、昼間照明バージョン2で過ごした。
昼間照明バージョン1=植物育成ライトのみのライティングに、
夜間音楽鑑賞用照明=30年前から始め今に続くりょう宅の伝統的間接照明を同時点灯。
どういうわけか、相互に引き立てあって大変良い効果があるね。
e0094270_17115989.jpg
e0094270_17120635.jpg
e0094270_17121462.jpg
e0094270_17122095.jpg
30年前から、パイオニアのスピーカーの裏のライトと、最期の写真のキッチンに通じる窓についてる照明器具が生き残ってる。
以前は、3番目の写真CDラック左上についてる点灯されてないスポットと一緒に、部屋の背後を照らす照明だったのだな。
e0094270_17391463.jpg
ちなみに4枚目の画像の左下スツールの下につけてる照明は、ライトは変わったがここにスポットがあるのは30年以上前から。
スツールに絡みついてる紫の何か?wも同時開始、渋谷の東急ハンズで投げ売りしてたヤツを買ったのだw
そう言えばこのスツールも同時期に渋谷公園通り裏の小洒落た雑貨屋で買ったなあ。大学生の頃。

17時40分位、外がほぼ真っ暗になったので、音楽鑑賞用照明にしてみた。
e0094270_17492979.jpg
e0094270_17500280.jpg
e0094270_17501311.jpg
相変わらず、すんばらしい。
本当に居心地凄い部屋だ。
晴れてればこれにテラスを加え、もう一秒も仕事せずに一日中いたい部屋になってるwww
最近そういうことを望んで、お金がいくら必要かを計算するんだが、
りょうが生きていくためには、借金等一切なくても30万は一月にいるのだな。
年360万、10年で3600万www
年金もらえるようになったら、多分20万位もらえるようになるから、
そうなれば月10万の収入で生きていけるが、65まではまだだいぶあるぞwwwwwwww
65までは、仕方ないから、仕事するしかないねえ。
昔みたいな責任と報酬が多い仕事は、もうしたくないからね、人生の最期の方位気楽に生きたいよ。
今はワープアみたいな仕事してるけど、人生で1番日々つらくない仕事だから、
なんかこんな?キャリアのりょうにもかかわらず、毎日楽しめてると思うのだw


by ryouchanxp | 2018-03-21 17:15 | 生活の智恵 | Comments(0)

模様替えと、好きな声

りょうが昔好きな女性ボーカルの声は、ダントツで井上昌己だった。
ちょっとハスキーがかった、甘い声。
彼女のオリジナルアルバムは、全てが愛聴盤。
無論曲の良さもあるが、それ以上に声が好きだったのだな。

今りょうが1番好きな女性ーボーカルの声は、 GARNiDELiA=ガルニデリアのメイリア。
ある意味、声質は井上昌己の真逆なんだがw
この声に非常に惹かれる。

趣味が変わったわけじゃない、曲を初めて耳にした時期が20年以上異なるせいで、
直接どっちが好きとかいう発想がりょうにはないが、
今も井上昌己の声は大好きであり、メイリアを除くすべてのボーカリストより上である。
まあ、アイナとチッチの奇跡のコントラストというBiSHというのが別途あるがw

で、この理由を考えると、なんとなくりょうの、全てにおける好みの根幹がわかった気がした。
ふたりとも、その声質の方向性で、突き抜けていいのだ。
これはりょうは、顔についても全く同じで、古いが川上麻衣子と手塚理美を同時に最高に思えたりした。
その特徴を持つ顔の中で、最も優れていると自分が思える顔が好き。
顔については、随分前からそうだと自覚していたが、よもや声も、そして他のものでも。
車のデザインはフェラーリも好きならベンツのSシリーズもGシリーズもカコイイと思う。
和食もイタリアンもフレンチも中華もインドも韓国も全部好き、好みの料理より好みの店しかない。

ようは、方向性がないのだ。
普通(ないしダメ)から1番離れてる(当然優れている方に)が好き。
これって、多分とても変わっているのだと思う、だって他に自分みたいなヤツ見たこと無いもの。
普通は、人の好みにはちゃんと方向性があるのだよ。

ということを考えていたら、ふと部屋の模様替えをしたくなったので、やってみた。
一度音響に悪影響があると思って出したテーブルを復活させたのだ。
悪影響があると思ったのは、別の要因だったので、戻してどうなるかを試したのだが、
案の定テーブル戻しても全く問題はなかったというww

ということで、もうそろそろマスクも面倒になったし、本日時点のお部屋画像を記録で残しておこう。
全景左右。なんかSTU46のMV映っちゃってるわ、全く趣味じゃないのに(欅坂は大ファン)。
e0094270_18172530.jpg
e0094270_18171240.jpg
アクセント部分。
e0094270_18183386.jpg
e0094270_18184319.jpg
e0094270_18185826.jpg
e0094270_18191617.jpg
e0094270_18192709.jpg
e0094270_18194219.jpg
e0094270_18195558.jpg
e0094270_18200872.jpg
リスニングポジション周り。
e0094270_18202806.jpg
e0094270_18205493.jpg
e0094270_18211593.jpg
うしろ。
e0094270_18215026.jpg
うん、かなりいい感じに仕上がったよw
これが、防音性能測定不能(D-75オーバー)かつ最高の音響を実現した、我がリスニングルームたるメインルームだ。

ちなみに、この部屋星野源の「恋」のMVのコンセプトに酷似しているわけだが、
e0094270_18313307.jpg
りょうがこの部屋のデザインをした(自分でした)のは2016年8月で、恋のMVは2016年10月公開だから、
俺がアレをパクったんじゃねえぞつーか、黄色い椅子買ったのはもう10年以上前だしw

by ryouchanxp | 2018-02-21 18:22 | 音楽 映像 | Comments(0)