タグ:芸能人 ( 20 ) タグの人気記事

欅坂46、けやき坂46を通じて自分を再認識してみた

以前のエントリーで、
ようは、方向性がないのだ。
普通(ないしダメ)から1番離れてる(当然優れている方に)が好き。
これって、多分とても変わっているのだと思う、だって他に自分みたいなヤツ見たこと無いもの。
普通は、人の好みにはちゃんと方向性があるのだよ。
なんてほざいたが、欅坂46と、昨今アルバムデビューしたけやき坂46(ひらがなけやき)との比較の中で、
自分が決定的に強い方向性の価値観を持っていることを自覚した。
自分のことはすべて理解し切っていると自惚れ切ってwいたりょうとしては、すげえ驚いた。

欅坂46(漢字欅)のメンバーで最も美しいのは渡辺梨加と言われているのだが、正直自分は特にそうは思わない。
渡邉理佐はNon-noのモデルやってるが、そんなに突出した美人というわけではなく、というか漢字特に美人いなくね?というw
一方、ひらがなけやきには、第一期ではかとし(加藤史帆)という漢字欅全員より美しいメンバーがいるし、
第二期ではそれと同等かそれ以上の河田陽菜、小坂菜緒というぶっ飛んだ美少女が入った。
ユニークなキャラという意味では漢字欅では、上記渡辺梨加に加え長沢菜々香、尾関梨香といった変なのがいるものの、
ひらがなけやきにも東村芽依やらルックスとキャラ立ちを両立させているラーメン大好き齊藤京子がいる。
スポーツなら、漢字欅では乗馬全国大会レベルの菅井友香やテニスの守屋茜がいる一方で、
ひらがなけやきでは、実績県大会レベルだがバスケット部キャプテンの渡邊美穂がスポーツキャラとしてはむしろ目立つ。
優秀キャラなら、漢字欅はひらがな・漢字兼任から漢字欅に移籍した長崎の偏差値70台長濱ねるに対し、
ひらがなけやきは正真正銘高校難易度日本のトップにある国立筑波大付属の影山優佳がいた(休業中)。
他にも、柿崎芽実やら富田風花やら濱岸ひよりやら、漢字欅メンバーより魅力的に思えるメンバーが目立つのだ。
というかなんというか、個々で見ていると、全てにおいてひらがなけやきが漢字欅に勝ってるとしか思えない。
唯一、ひらがなけやきには、平手友梨奈に匹敵する、あのような?キャラがいない、そんな感じ。

で、そんなひらがなけやきがデビューアルバム発売と同時に、リード曲「期待していない自分」のMVが公開された。

見てみて、驚いたのだ、はっきり言ってキライなのだこれ。
毎週欠かさずw「欅って書けない?」「ひらがな推し」を見てる自分は、どちらも同じくらい好きだと錯覚してたんだが。
つーか個々のメンバーから言えば、漢字欅よりもっと好きになってもおかしくない。

そこで、気づいたのだな自分。
欅坂46のMVは、サイレント・マジョリティー、不協和音、ガラスを割れ、アンビバレント、とてつもなくカッコいい。
風に吹かれても上記ほどではないが充分カッコいいし、一方エキセントリックは違う方向性で価値としてはカッコいい、
また二人セゾンは美しさがかっこよさに通じている。

一方、「期待していない自分」のMV、全くカッコよくない、どころか漢字欅のカッコよさを演出しようとして、完全に失敗している。
見苦しい、まずへたに「けやきざか」を名乗っているせいで、センターが平手友梨奈の鼻くそほどの価値もない佐々木美玲との比較になる。
いや佐々木美玲だって充分魅力的なんだ普通に考えれば、しかし「けやきざか」を名乗るグループのセンターでは絶対にない。
結果、バリコレのランウェイを歩くオートクチュールを着たデブでブサイクの如き印象を、上記MVでりょうは持ってしまうのだな。
実際そんなステージでなければ、渋谷の街歩いてるなら充分可愛く魅力的なのに、そんな舞台だからこそ見苦しい的な。
嫌悪感をもよおすほどに、かっこ悪い。

一方、アンビバレントの漢字欅のメンバー、本気でやばい。
個人としては、果てしなくかっこ悪い長沢菜々香・尾関梨香・渡辺梨加・小池美波・上村莉菜・佐藤詩織・原田葵あたりが、
壮絶にカッコいい、何故だ!

つーか不協和音の時点で完全にそうだったのだがな、齋藤冬優花とかけやかけ(欅って書けない)で見ればただの残念なコなのにカッコいい!
なんなんだこのグループ、なんでかっこ悪い個人がMVだと突然「超絶カッコいいパフォーマー」に化ける????

その上不協和音の守屋茜やら前にも書いたガラスを割れの渡邉理佐という突出したカッコいいキャラが出てくるわけだが、
守屋茜は軍曹と呼ばれる暑苦しいキャラだし、前にも書いたがw渡邉理佐はふんわりしたキャラ、それが化ける。
エキセントリックの渡辺梨加も、おそらくタレントとしては最下位位の残念さだが、リンクの通り凄まじい存在感とともにカッコよくなってる。

メンバー全員が、ありえないほどに化けるのだ、欅坂46は。
どんなに残念なやつでも、どんなにほんわかしたやつでも、暑苦しいやつでも、化ける、とんでもなくカッコいい存在に。
そして、個人としては中二病全開の平手友梨奈、こいつは、MVではもはや神だ、神様から選ばれた存在だとしか思えない。
そんな、果てしなくカッコいい、これ以上カッコいいMVはないというレベルのMVを次々と出す欅坂46に、猛烈にハマった自分。

そして、こんな欅坂46のMVを見ていて、自分が、すべてにおいて「カッコいい」ことを価値観としてきたことに突然気づいた。
それは多分、りょうは生後直後から、全くカッコよくなかったwという自覚から来ているのだろう。
仕事が出来ないとかっこ悪い、だから全く好きではない仕事に、仕事の成果に異様な執着と責任感を発揮して、
結果基本いつも(今はワープアだがwww)スーパーエリート街道を爆走してきた。
車も部屋も、居心地の良さは「カッコよさ」を満たした上でのチョイスであることが常態化していた。
以前晒した24歳の自分の写真、これよく見れば全くカッコよくない顔を、雰囲気でカッコよく見せているのだな。
イタリアのGジャン着たりメルローズのトップス着たりY'sのボトム履いたり、小物も全部ブランドで固めて、
靴も含めりゃ大学生の分際で全身合計20万とかする服に身を包み、オサレと言われた美容院に通って、ものすごくファッションには気を使って。
我が最高の愛車もFDだ、安直にカッコいいものをそのまんま買ってるww
何度か述べたGARNiDELiAの声が現在一番好きという話も、女性ボーカルで一番カッコいい声してるからなんだろう。
そう、安心とか楽しさとか癒やしとか他の、全ての他の価値よりも、カッコよさが、完全に優先している。
声が最高に好きなもうひとりのボーカリスト、井上昌己も、結局好きな曲はカッコいい曲ばかりだったしww

結局、ようはカッコよくなりたかった自分の当時の努力の結晶なんだ、生まれたときから、容姿的に残念だった自分が追い求めたもの、
それが、カッコよさだったわけだ。そしてそれは、わりと手に入った、その結果、普通のものを好まなくなったということ。
因果関係が逆なんだな、最近初めて自覚した、自分が知らなかった自分、そんな話。

[PR]
by ryouchanxp | 2018-09-17 23:35 | プロフィール | Comments(0)

J☆Dee'Z Answer

「私達のことを、知っていますか?多分、知らないと思う」

いつものように、M'ONのJ-POPトップ50見てたら、いきなりこんな自虐が飛び出したのは2017年3月のこと。
そんな無名がどうやら欧米か?(NYCだそうだ)でいきなり路上ライブをやろうとする痛さに思わず見てしまった。
当然誰も相手にせず素通りの、オープニング、見てる方が心配になるわw
曲は、なかなかいい、歌も補正なさそう、上手い、そしてダンスは相当上手い、特におかっぱのコのダンスが好き。
そんなことで早回しせずに、見入ってしまったら、、、、、、

もう、途中から号泣っすよ号泣w
嘘のない、このコたち(当時中高生らしい)が、NYCのひとたちに、なんか受け入れられていくシーンの数々、
それと絶妙にマッチした曲と歌詞に、もうやばいくらい感動した。
上記の最後は、ケチってもう最高に盛り上がるシーンで唐突に終了するんだが、うちで撮ったやつはもちろん最後まで。
そう、けっこうな人を集めて、多分このPV通して見た人は、誰もが、「ああ、よかった」って思う展開になってる。
それが、多分嘘でない、本当だ、金撒いて集めたとか絶対ないだろう、嘘でない説得力がある映像だ。
もちろんタダで見れるから集まってるんだろうが、人は無駄なものにはタダでも時間を使わない、ましてやNYCでは。
つーかNYCのことなんか全く知らんが予想はつく、でつべのコメントで、とても秀逸なのがあったので転載。
「2:00 までに描かれている、足を止めてもらえない三人。2:36 でamiちゃんが一瞬見せる心細げな表情が、リリイベで語っていた「つらかったこと、苦しかったこと」の一端を垣間見せている。日本人なら胸に強く響くCメロの歌詞だって、日本語を解さない人には通じない。それでも、作戦会議を繰り返し、少しづつ人々を立ち止まらせ、見て、聞いてもらえるようになっていく。NYCに行ったことがある、知っている人ほど、このMVの中での三人の経験の価値、行った意義が深く理解できるはず。」
そして、どうもこのプロジェクトは彼女らにとっても大きな飛躍をもたらしたようで、オリコンウィークリーチャートが急伸した。
e0094270_22300965.jpg
「多分、知らないと思う」と言われて、「はいそのとおりです」とか思ったが、今はもう、
J-POPのファンの一部には当然に知られた存在であろう、100位台とかしか取れなかった時代とは違うのだから。
そしてりょうも、去年金払ってCD買ったのって、確かJ-POPでは現在全アーチスト中最も声が好きなGARNiDELiA以外では、
このJ☆Dee’ZのAnswerくらいじゃじゃかろうか、なんか、応援したいという気持ちと、上記のロングバージョン?見たくてDVD付きを買った。

それ以来、上記ほどではないが、シングルは佳作といったレベルの曲に恵まれ、それを彼女らの能力で、
りょうに充分「例のリスト入り」させるクォリティーになっている、特に次作MelodyはAnserに近いほど曲は好き。
ただ、成功してほしいなあと思いつつ、曲が、あと一歩ブレイクスルーできるレベルに至らない(佳作ではある)。
それと、ルックスがwww

今、りょうが最も、売れてほしいと思っているグループなんだが、今のままじゃ厳しいと思う。
ルックスはどうしようもないから、でもパフュームのポリリズムの如くイノベーティブな曲が貰えれば、
同様ルックスに劣るものの違う武器を持つガールズグループとして、大きく飛躍できる気がするんだが。。

と、最後に、多分背中を見てるだろう、Perfumeの東京ガール、りょうが去年同時期に、同様突き抜けたPVだと思ったやつ。
人々が持ってた光源から発せられる光の柱の映像美は、ガチで作り物とわかっていても、初めて観たときに、魂が震えるレベルだった。
この2つと、チームしゃちほこのWe are...あたりが、去年のベスト3だと思うのだな、なんか忘れてるかもしれんがw

9/5追記w
忘れてた!!!不協和音!!!!
あとひとつくらいあるかもだから、ベスト5ということにしよう。
We are...も書き換えとこうw


[PR]
by ryouchanxp | 2018-09-04 22:43 | 音楽 映像 | Comments(2)

ネトウヨが韓流アイドルを語る

りょうは、ネトウヨであるw

なぜネトウヨなのか、それは今を去ること20年近く前、韓国大手出版社日本現地法人の役員になった為に発症した。
入るまで全く知らなかったのだが、わずか10人だった役職員、社長含めりょう以外7割(7人)在日韓国人w
そして、本国から来る「会長」その他リアルガチ韓国人、多数。

そして、体感、その8割くらいが、マジでキチガイ(ちなみに社長も本物)。
キチガイってのは、朝鮮半島由来のガチ病気「火病」というのを、大多数の人が持っていた。
怒り狂うと手がつけられない、もう異常としか言いようがないほどに怒り狂う。
そして、陰湿で醜悪、傲慢で非を認めない性格、そんなのが8割位、たまにまともな人がいる感じ。
そう、りょうはレイシストでも偏見でも何でもなく、その内部世界で過ごし、日本人の目で見て、断言する。
あいつらは(遺伝的に)おかしい(人が大多数だ)。

で、りょうの場合、そんなおかしい人の中、まともな人はまとも(というかむしろいいと思う)のを知っている。
だから、総体として彼の国大嫌い、先入観としてあの国の人はキチガイの可能性大と思っていても、
逆にそうでない人や、たとえキチガイwwwであっても、優れた才能を持つ人は、全く拒否感がない。

結果りょうは、かつて超ビッグネーム反日韓流男性グループのドームライブに行ったことがあるし、
独島は我が領土を歌った少女時代は、一時期大好きで毎日のように動画を見て(DVDも買った)、全員の顔と名前が一致していたりした。
その後も、曲単位ではちょいちょい、例の録画対象になったものがある、Block BのHERとかすげえいいと思う。

で、最近ではBLACKPINKのルックスが異様に突出している(特にタイ人のコ)と思っていたが、ファンではなかった。
ネトウヨとしての矜持として??、極力韓流のファンにはならないよう気をつけていたのだ。
とーこーろーがー、、、、ちょっとその障壁を乗り越えて中毒になったPVが2つ出てきた。

ひとつ、MOMOLANDのBBoom BBoom。やばい、すげえいいわこれw

整形モンスター(不自然なほど可愛い)みたいのが2人いるが、韓流アイドルとしては驚愕のクソブスもいてバラエティーに富むwww
なお、りょうは顔で商売するジャンルの芸能人を「クソブス」呼ばわりするのは当然だと思ってるのでよろしくw
個人的には、ショートカットのコがかわいいと思う。
ただ、このPVでは、個人への興味まではわかない、あくまで曲として非常に好き、という感じ。
それに、この曲で他の曲まで調べて聴こうとはしていない、あくまでこのPVで興味が完結している。

でだ、そんなレベルを超越した、ちょっと個人を調べまくったりしたのが出てきたのだ、そんなの韓流では少女時代以来。
日本ではいくらでもあるが、それは上記「ネトウヨの矜持」が無いからであって、これを乗り越えるのは相当なもの。
それが、Red Velvet、きっかけは#Cookie JarというPVを見て、最初は、なんか一重のコがいる!という感じで。
無駄に4K動画wそのコが、大学5年生wの時の彼女とちょっと似てる、圧倒的にこの"スルギ"の方が綺麗なんだがな、
でもそのコも某W大の女子としてはかなりイケてたwこんな顔とか超親近感wえ?ただのブス?いやいやw
e0094270_12084315.jpg
このコすごいのよ、ウィキによると、例の「世界で最も美しい顔」のヤツで、「2015世界で最も美しい顔100人」で71位、
「2016世界で最も美しい顔100人」で29位、「2017世界で最も美しい顔100人」で23位にランクインしてるそうな。
一重でだぞ!wすごくね?なのにブス?失礼なw

でまあ曲もいいしPVもいいし親近感がすごく湧くコもいて、何回か見てたんだが、そのうち非常に目につくものを見つける。
このシーンでは黒のつなぎのようなものを着ているこのコの、ダンス。
e0094270_12102007.jpg
アイリーンというらしいんだが、優雅でセクシーで、そして体型がもうやばい位に美しい。
こっちを目で追うようになって、ついには他のPVまで見始めたw
でだ、このRed Velvet、全員異常に美しいんだが、前述のMOMOLANDみたいに整形モンスターぽいのはいない。
ただ全員美しいので、このアイリーンも綺麗程度の認識で見てたんだが、ダンス追ってるうちにだんだん、
こんなシーンとかやっぱり、ただ「非常にかわいい」という次元でなく、なんか心に刺さり始めたw
e0094270_12150338.jpg
で、同様ウィキによると、「2016世界で最も美しい顔100人」で71位、「2017世界で最も美しい顔100人」で55位にランクインだそう。
2015はランク外のようだが、りょう的に鼻筋以外整形の形跡が全く無いこのコ、めちゃめちゃ惹かれてきたのであったw
心に刺さるほど美しくてダンスが個人的にはめちゃめちゃ好みな、超絶美人グループのリーダー27歳。

こりゃひさしぶり(5年位ぶり)に、韓流に金払うことになりそうw

[PR]
by ryouchanxp | 2018-08-15 12:18 | 音楽 映像 | Comments(0)

チームしゃちほこ

最初は、食わず嫌いの典型だったw

もともとももクロが好き「だった」りょうは、妹分なる私立恵比寿中学に「柳の下のどじょう」的反感持ってたし、
その更に下、どじょうの下のおけら位の価値観を持ってたのだな、知りもしないで。

で、2016年3月、りょうは例によってストックするMVのチョイスしているときに、
unBORDE all starsなるアーチスト?のコカ・コーラコラボソング「Feel」がわりとよくて残し、その後よくよく見てると、、、、

あ、リップスライムいる?このキュートなポーズする女のコ誰だろ面白いなあ?あ、また
あれこれゲスの極み乙女。じゃん、な、なんだこのクソブスは!と思えばきゃりーぱみゅぱみゅじゃねえか!!!
とか楽しんでる中、一組だけ場違いなアイドル衣装着ててなんだよこいつら?と調べてしゃちほこだとわかり、
ますます食わず嫌いの道まっしぐらだったのだな。

そんな中、同年8月にやはりMVチョイス中に見た、しゃちほこのシングル「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」

この強烈な反感を完全に覆すほどの出来で、見事りょうのMV初ストックとなった。
そこから、START、We are...、JUMP MANと4曲連続でリスト入りするなど、ももクロはおろか、
横浜アリーナにライブに行ったエビ中に匹敵するレベルで、リスト除外にならないグループになってしまった。

特にりょうが感心するのが、We are...だ、ライブ映像のこれ、鳥肌もの。
めちゃくちゃ、めっちゃくちゃかっこいい。
しかも当然、生歌、こいつら化物みたいに歌上手い。
2016年の頃では赤が正直声量が圧倒的に足りない感じだが、2017年後半の上記はそれが気にならなくなってる。

このMV、自宅のシステムで等身大の音像が感じられるスケールで再生すると、最後のサビのあたり、
なんかこみ上げるものやらしびれるものやらが、大挙として押し寄せてくる。
上記超ミラクルの時でも、いい意味で先入観を覆されるどころか超好きレベルだが、この曲のMVはそういう次元ではない。
誰がどう見ても、ももクロの系譜すなわちコミックアイドルみたいなもんだと予想してしまうが、
これはとんでもねえほどに、ガチだ。

この曲、りょうの中では去年2017年のベスト5に入るMVになっている。

[PR]
by ryouchanxp | 2018-06-17 00:49 | 音楽 映像 | Comments(0)

Juice=Juice『SEXY SEXY』

先日のまねきケチャのエントリーで挙げた『鏡の中から』と、
このJuice=Juiceの『SEXY SEXY』という曲が毎日ヘビロテとなっているのだが。
「飽き」を避けるべくヘビロテは極力しないのだが、ここんとこなんか深夜になると聴きたくて我慢できなくなり、
結果社会通念上爆音としか言いようのない音量で、1回だけ毎晩のように再生している。

正直、Juice=Juiceの楽曲で、例のPVストックに加えられたものはこの曲以前ひとつもなかった。
悪くないのだが、りょうの判断としてAKBがディスカウントされるのと同様、ハロプロも基本ディスカウントされる傾向があり、
そういう意味では、そのディスカウントを超える楽曲がこれまで無かった。

今回この曲が加わった理由はもちろん楽曲とPVが大変良いからだが、
ここまでドハマリしている理由は、それに加えて2つ、それは梁川奈々美とシンセベースである。
双方、極めて個人的な理由だ。

シンセベースについては、ここまでシンセベース自体を好ましいと思うようなもの、
それは、りょう的に、1990年11月28日発売のBON CHIC のアルバム、イマージェンシーのアルバム曲『ルナティック・ラヴ』以来28年ぶりw
どうしようもないほどに、この曲のベースが好きだ。

そして、梁川奈々美、このコは正直カントリー・ガールズ時代全く目にしたことがなく、
今回Juice=Juice加入、このPVにて初めて目にしたのだが、、、、、、顔見てガチでびっくりしたのだな。

りょうの人生は、3人の巨大な存在によって、大きく変化した。
KIMIKO仮名「凛」、そしてとこのブログで呼んでいた女のコ。
で、古い順に大きな影響を与えられた。で、凛ちゃんは、2番めに大きな影響を与えてくれた。

その凛ちゃん、当時すっぴんで、田中美佐子にマジそっくりだったのだな。
これとか超似てる。

凛ちゃんが入社した某巨大金融機関のその年の内定者420人のうち半分つまり200人以上が、
1ヶ月間研修で寝食ともにしているうちに凛ちゃんのファンになったという、ガチの美少女。
で、彼氏であるりょうは、田中美佐子にすげえ似てるなーと思いつつも、こういうとこが違うなーとかも思ってたんだ。
その、違うなーの答えが、この梁川奈々美にあったんだよ、びっくりだw
要は、田中美佐子を少し、冷たく貴族的にした感じ、イメージ田中美佐子9割梁川奈々美1割とかかな?

凛ちゃんは、上記エントリーの通りりょうが自分から離れた数少ない彼女(60人分の5人くらい)であり、未練など全くないのだが、
でも彼女のおかげで異常とも言える成長をさせてもらった記憶は、まだ自分の中に感謝として残っている。
そんな記憶が、この曲を楽曲本来の良さ以上に、りょう個人の心に強い影響を与えてくれるようだ。
そんないろんな要素のせいで、現時点でりょう的には、この曲は現在今年No.1のフェイバリットとなっている。

ちなみにその凛ちゃん、化粧するようになったら今度は大塚寧々にも似てて、田中美佐子と大塚寧々を足して二で割った顔とよく言われた。
そんな彼女は、金融機関を半年でやめてその半年後には東大生になってたw
その後上記エントリーにある通り、りょうと彼女は再び付き合ったのだが、
りょうにとって現役東大生と付き合った最初の人となった、まあ全部でも二人しかいないがw

そして、5年ほど前に偶然知ったのだが、日本でとある公的(政府系)の分野で、極めて著名な弁護士をやっていた。
ネットにはなにかの案件で活躍している彼女のカット写真が出ていた。
まあ加齢は感じられるものの、りょうの知る彼女以外の何者でもない凛ちゃんが、そこにはいた。

かつて愛した女のコは、本当に、本当に素敵な女のコだったのだなあ、と。
一方りょうの落ちぶれようはなんだwww

[PR]
by ryouchanxp | 2018-06-03 00:55 | 音楽 映像 | Comments(0)

まねきケチャ

AKBグループの音楽業界席巻前、アイドルは冬の時代だった。
要は宇多田ヒカルの全盛期、あんなもんの前に安っぽいイメージがある、
アイドルなどまともに肯定的な評価ができるはずもないw

そして、そういう「ディーヴァ」時代も飽きられ始める一方2008年頃から始まったAKB現象は、
その後音楽の世界をアイドル一色に塗りつぶしていった(実際はなってないが)わけだ。
秋葉原に家電屋が集まることで、競争が激化してもパイ全体が大きくなり家電屋が儲かった時代、
それと同様にアイドルというパイは、周囲の音楽を喰い巨大化するマーケットという形となり、
結果AKBという巨象ですら埋めきれない隙間が生じ、そこに次々と新規参入が相次いだ。

そこで何が起きたかと言えば、AKB外での猛烈な過当競争と、その結果一部とんでもねえセンスを持つ、
AKBなき世ならトップアイドルになってもおかしくない、素晴らしいグループが生まれた。
誕生当初の夢アド(夢みるアドレセンス)やBiSHは間違いなくそのひとつ(ふたつ)で、
夢アドについては自分は運営の舵取りの猛烈なバカさ加減により自滅したと考えており、
一方BiSHについては、自分がファンになった当初想像もしなかったステージまで来てしまった。
他にもi☆Risなんかも業界評価異常なほど高いし、古参のハロプロなんかも押しなべて優れたグループを擁する。
また、AKBの公式ライバルたる我が?欅坂46もそのような中誕生したわけだ。

要は、その後ろにいる連中のクォリティーや野心のデカさが凄まじいのだと思っている。
世界でも有数の日本の音楽市場の大半を占めているアイドルカテゴリーのマーケットで、
巨大なAKBGを、やもすれば喰おうというような野望をもって参入した、マインドも能力も最高レベルの連中。
そういう人間が集めた、珠玉の「女子」。
そんな女のコたちが、生き残りをかけ必死に努力し成長するサマ。
まあ、生まれるのですよ、素晴らしいアイドルグループが。

で、そんな中例によっていつも録画して残すMVをチョイスする作業をする中、
ファンでもないのに、わりと毎回残されるグループが、まねきケチャ。
もはや成長マーケットどころかシュリンクし始めたアイドル市場において、
次々とメジャーグループが解散する中、現在も気を吐いているグループのひとつ。
先日残したMV、ゲゲゲの鬼太郎エンディングらしい『鏡の中から』
正直歌詞の「おえおえお~」というフレーズが不快で残すのやめようかと思ったのだが、サビのキャッチーさに残してみたら、
まあその後ハマるハマるw曲もさることながら、着物風の衣装もすげえ(・∀・)イイ!ここんとこ毎日聴いて(観て)るw

ちなみに日本ツインテール協会からデビューした2グループ目なんだが、先行したdropは解散している。
さて、このグループ、どこまで行くか注目したい。

ところで、BiSHのほうだが、最近キリンレモンのCM歌ってる。
かなり良いw

[PR]
by ryouchanxp | 2018-05-23 15:43 | 音楽 映像 | Comments(0)

内田真礼

声優さんの内田真礼、りょうが初めて知ったのは、非公認戦隊アキバレンジャーの葉加瀬博世として。
声がハスキーで低くて性格暗そうな、落ち着いた感じの白衣着た、ちょっと面長な「女優」だと思ってたのだが。

全く同一人物だと気付かずに次に彼女を知ったのは、内田真礼3rdシングル「からっぽカプセル」のPV。
この声のキュートさに、例のPVストックに加えてたのだが、後に同一人物だと知って、
e0094270_13211273.jpg
って位びっくらこいたw画像はこのエントリーの使い回しw

で、今回は下記のアルバムリード曲を聴いて、このコの曲があまりに常にいいのに驚いたので記してみた。
作詞作曲、UNISON SQUARE GARDEN田淵智也、なんとりょうの大学の後輩さんw
つーか、ファンでもないのに、りょうのPVストックを見てたら、
・からっぽカプセル
・Hello, future contact!
・Resonant Heart
・+INTERSECT+
・c.o.s.m.o.s
そして上記と、なんかいつの間にか6曲もストックしていたのだな。
これほどまでに、良曲を提供されているのは、やはり彼女の才能。

声優としては大変なものだが、一般的にはたいして、そして音楽的にもブレイクもしていない。
で、上記なんかも例によって、かつて誰かが作曲したフレーズの嵐。
でも、彼女が歌うと、それが全く気にならない、声という範疇で稀有な才能の声優さんだと思う。
多分これからも、さしてファンでもない彼女のPVが、ストックされていくような希ガスw

[PR]
by ryouchanxp | 2018-05-14 00:39 | 音楽 映像 | Comments(0)

花のち晴れ〜花男 Next Season〜があまりに面白かったので

花男1、道明寺司の松潤のドラマ、配信探したんだが、、、ねえ。
昨日は軽く探したが、結局全く見つけられなかった。

うちはNetflixとUNEXT以外たいがい入ってて(UNEXTも失業して初めて解約w、就業後も無駄だったので再加入してない)、
hulu、dTV、amazonプライムと探してみたが全くなく、仕方なく未加入のTBSオンデマンドも探したが、ねえ!
くっそー見れねえじゃねえか、今日も検索検索、と検索を少し深掘りしたら、ヒットした。
e0094270_18413526.jpg
なんか日本上陸したばっかのやつだよなあ、でも背に腹は代えられんw
e0094270_18424372.jpg
速攻ですた。

でだ、まあ、びっくりした、1話見終わったんだが、激、激おもれえw
杉咲花的なのは無いんだが、もうね、ハラハラドキドキ爽快感もあり、ホント面白かった。
e0094270_18451043.jpg
松潤、かっこええけど、酷いやつ過ぎww
あげく、小栗旬と松田翔太いるwwwww超豪華ラインアップだなこれ、NextSeasonとは格が違うw
そして、いいところで大塚愛プラネタリウム!!!やばいね!

まあ、お休み明日で終わっちゃうから、明日は一日中見てようかなあ。
現存する数少ない友人の34のコ?と食事する予定があったのだが、お母様入院で飛んじゃったのであった。

[PR]
by ryouchanxp | 2018-05-05 18:46 | 音楽 映像 | Comments(0)

稀に見る大豊作

M'ONの、J-POP(事実上のオリコンJ-POPトップ)50を4時間半かけてPV全部流す番組から、
気に入った曲をピックアップして残しているのを以前書いたが、先週ピックアップした2018/4/16(月) オンエア分、
今日改めて見返したらちと、タイトル通りの稀に見る豊作だったので、ちと調べるついでに記録に残す。


21位 Redline Gacharic Spin
これはりょうがガチャリックスピンのファンであるから録画した感じで、さほど大豊作という感じではない。
あのKAKUHENの凄まじいカッコよさからすれば劣る、でも超ノリノリのハードロック?が楽しい

20位 スポットライト Creepy Nuts
ゼンッゼン知らなかった超かっけーラップユニット。日本でラップって言えば、ケツメイシ的哀愁ラップか、
なんかどっかで聴いたことがあるラップばかりの中、もうものすげえとんがったかっこいいラップなんだな。
ラップが上手いのは、ラッパーの方「R-指定」(なんつー芸名だw)が「ULTIMATE MC BATTLE」なる大会で3連続優勝しとるらしいし、
一方DJ松永なる方も、DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 2016のシングル部門にて2位なんだとか。
まあ経歴もさることながら、この曲マジでかっこいい、lol(エルオーエル) / ladi dadi初めて聴いた時位しびれたw

12位 すきっ!ときめき♡宣伝部
打って変わっていきなりクソアイドルwww、こういうベタなアイドルマジで嫌いなんだが、だから当然飛ばそうと思ったのだが、
早送りボタンを押す指が止まったのだ、それはただ単に、ものすごく可愛いメンバーがいたからだがwww
このグループ、顔面偏差値の貧富の差が半端ない、上記とんでもないかわいい子がいる一方、凄まじいのもいたw
今調べたらスタダだそう、まあ高城れにがいる位だからクソブスがいてもおかしくないが、
一方でりょうの過去最愛だった彼女、「」もスターダストにいたからあんま悪くは言わないww
で、この可愛いコ、今調べたら名前が坂井仁香と言うらしいが、だからこのPVを残したわけではない。
このコを引き続きみようとPVをそのまま流していたら、「好き好き好き好き~」を連呼する、
よくありがちな、いかにもなフレーズにやられた。何故か拒否感が無い。
そしてそのフレーズに惹かれていたら、今度は後半、上記「クソブス」がとんでもねえ歌唱力で、
このフレーズ(サビ)を歌い上げたのだ。

ひとこと、突然しびれた、うわ、やべえ!と。
このコがこのグループにいる意味は、高城れによりはるかに上だったwww
この曲、後半すっごいいい、単純にサビのフレーズが繰り返されてハマりつつある時に、ドはまりさせる力がある。
正直ありきたりなメロディーのこの曲のラストで、りょうは感動のあまり涙が流れたのだ、このクソアイドルのクソ曲にwww

5位 ハロー カゲロウ GReeeeN
正直GreeeeNの曲は、ここのところ駄曲としか思えないものが続いていた。
出世曲、3rdシングル「愛唄」でりょうが「何だこの新人!」とたまげたのを、どの曲も超えていないどころか、
なんか「昔誰かが作曲した良さげなフレーズ」を、「当たり前に組み上げた」曲ばかり。
桑田佳祐は、同じような「昔誰かが作曲した良さげなフレーズ」を、微妙にいじって新鮮なものにして、
しかもそれを更に鮮明にするべく、上手い組み合わせで導入するからあの立場なんだが、それすら飽きたりょうには駄曲としかw
ところがこの曲、「昔誰かが作曲した良さげなフレーズ」を微妙にいじるところが上手く出来ている(桑田には劣る)のと、
上手い組み合わせが充分できていて、かつ、PVが猛烈に良い、この三位一体で、りょうの心が激しく動いた。
ほとんど静止画のアニメなんだが、連続したドラマ仕立てで、なんとなく何が起こっているのかわかる仕掛け。

そうそう、りょうは「応援ソング」が大嫌い、特に嫌いなのが「世界に一つだけの花」の歌詞。
曲は好きなんだが、アレはいったいなんなんだ?花は種類ごとにゴマンといて、ひとつだけの花なんぞない。
「ひとつひとつ違う種を持つ」持ってねえしwうちにもある芝の種はひとつひとつ全部ほぼ同じだろーがアホw
あれほど人をダメにする歌詞はないと思っていて、このハローカゲロウもその応援ソングの典型なんだが、
この曲はその腐臭が気にならないほどに、素晴らしいと思ったのだ。

以上J-POPのPVについて、蒸し暑く語ってみたw


[PR]
by ryouchanxp | 2018-05-02 15:03 | 音楽 映像 | Comments(2)

杉咲花

りょうの過去、それはスーパーエリートから、短期の落ちぶれ、再びスーパーエリート、そしてまた短期の落ちぶれ、
また、恋愛でも、普通じゃないような大変なものを、何故かたくさんww経験してきて、
それこそ天国と地獄をいくつもいくつも味わって、もはやその地獄さえ肯定的な解釈をしている。

と、普通にドラマになってもおかしくないとんでもねえジェットコースターな人生送ってきた自信あるが、
まあここ5年はすっかり、尻すぼみの何ら特別感ない人生になっている(部屋除くw)
なんで、アナザーストーリー的な楽しみとして、テレビドラマが大好きだ。

以前のエントリーで、こんなことを書いている。
当時のりょうは、週に3回会社に自動車通勤、
 昼は一応エリート会社員(今はただの失業者)、
 彼女は千堂あきほそっくりの超ゴージャスな社長令嬢だったりいなかったり、
 彼女がいてもいなくても社内のカワイイコや総合職の先輩、
 元彼女やモデルやってるコや他社のOLちゃんたちと毎日のように遊びまくり、
 週3で神奈川県にアフター5(つーか8とか9)にお出かけ、
 中華街やウィンドジャマーとかで女のコを酔わせ、
 その3回のうち1回は必ず鎌倉まで出かけて、
 逗子のプラージュスッドやその他マニアックなお店に女のコを連れて行き、
 週末と休日は全部博報堂に勤める親友と2日ともウィンドサーフィン。
 およそドラマみたいな「非日常」を実践してたりょうにとっては、
 テレビドラマなんざ、作り物臭くて全く面白いと思う要素は無かった。

 ところが、結婚してからまず奥さんに見せられたビデオ等のテレビドラマ。
 これが、すんごい奴ばっかだった。
 東京ラブストーリー、29歳のクリスマス、ロングバケーション、素顔のままで。
 東京ラブストーリーでは、古さと一部無理さwは感じたものの、恋愛の真実があった。
 29歳のクリスマス、不自然に感じる部分は皆無、実に感動的な人々の成長ストーリー。
 ロングバケーション、今でもあの曲が流れると、自分の記憶と錯覚する。
 素顔のままで、安田成美と中森明菜のドラマで、もう泣くしかないくらい凄い。
 そんなことで、奥さんのおかげでテレビドラマへの悪い先入観は完全に払拭され、
 結婚していきなりドラマ好きになってしまったのだ。』

今の言葉で言えば、アナザーストーリーとしての価値を強く感じているからこそ、ドラマ好きなんだな。
で、今となっては、以前以上に、価値を感じられるものとなっていると思う。

でだ、りょうは普通に、昔設定した録画時間がそのまま残る形でテレビドラマを録画で観ているのだが、
今回の録画のうち、録画されてはいるものの、全く期待しないというか、出来ないと思ったドラマ。
「花のち晴れ」の1話を観て、「なんかこれ、予想外におもれえwww」みたいに思ったのだな。
で、さっき2話を観たのだが。

相変わらずストーリーは、ただの少女漫画そのものみたいな安易だがしかし妄想的面白さの展開なのだが。

杉咲花がやばすぎる。

彼女の表情、もう、脳天に突き刺さるレベルのものだ。

前作観てないから知らんが、道明寺なる偉大なヤツ設定の家で、ひどい悪口言われて振り向いた杉咲花。
心臓を素手で掴まれるような、少なくともりょうが、作り物の世界で観たことのない表情をした。
そこから、その悪口言ったやつとのカンバセーションで、次第にそいつと打ち解けていく過程が、
もう、、、、もう、、、、、、、、、たいへんだったww
機微というか深層心理というか、そういうものが少なくともりょうに、しっかりと伝わってくる表情。
嬉しさ、悔しさ、諦め、そういうの全てについて、1ミクロンの違和感を抱かせない表情。

魂が、震えた、これマジで、このエントリー、「クレイモア」の時以来の出来事。
このエントリーでは、、「そりゃ、ここ10年で唯一の、「魂が震える」ほどのアニメだよ。」と書いたが、
この時はアニメでもありストーリー由来なんだ、一方今回は、女優の、表情、それだけの由来。
ガチで、魂が震えた瞬間が、いくつもあった。

杉咲花が今後、どうなるかは知らん、世間の評価も知らん、視聴率的にはこのドラマ失敗らしいし。
ただ、自分においては、杉咲花は、この世で唯一無二の最高の女優となった。
信じられないほどに、荒唐無稽なストーリーすら無視できる説得力を表情ひとつで発信する女優だと思えた。

このドラマで心の底からの感動を得られたのは、彼女の演技に一切に、作り物臭が感じられないからだ。
りょうの、おそらく人生で60人ほど付き合った異性との関係では、いや多分200人を超える恋愛関係においては、
それこそ幾千万もの魂のふれあいがあり、そんな中での葛藤や苦渋、慟哭や突き抜けた愉しさ、
そういう感情の動きやそれに伴う魂の発現、そういう表情を見てきたわけだが、
それが、何ら事実として存在していない創作の中で、そういう事実としか思えないそれを見てしまったからだ。

少なくとも舞台設定は、本当に荒唐無稽なご都合主義的少女漫画を前提としているわけで、
ある意味こんなもんで心を揺り動かされるのもアホとしか言いようがないわけだが、
断言する、杉咲花、りょうにとっては、おそらく今この時、この世で最高の女優であろうことを。

[PR]
by ryouchanxp | 2018-04-28 23:08 | 音楽 映像 | Comments(2)