人気ブログランキング |

タグ:ビカクシダ ( 22 ) タグの人気記事

俺とビカクシダ ~ PLATYCERIUM with me 3

ひっさびさに、俺とビカクシダのエントリー。

約1年前、ネザーランズの実験くん死亡で、アルシコルネのルネに代替わりしたとこで、
ビカクシダ関連エントリーは終わってるが、その後も残存4個体、けっこう育ってきた。

まずは、現在は一番しょぼいネザーランズ「普通くん」
e0094270_17073227.jpg
ネザーランズの特徴である、未熟時代は「ビカク」にならない尖った葉先からまだ未脱却。
しかも、一番新しい胞子葉気が付かない間に傷つけて、ぐにゃっと曲がっちゃった。
どーも発育不良で残念な感じ継続中。でも、2017年10月こんなんだったから、だいぶ回復したと言えよう。
e0094270_17375976.jpg

次、同じくネザーランズの苔玉くん、既に苔死滅でただの水苔くんになってるしw
e0094270_17073305.jpg
こちらも胞子葉未分化で残念だが、普通くんよりはだいぶ発育よし。

次、新参のアルシコルネのルネ。
e0094270_17073316.jpg
うち来た2018年1月18日はこんなん↓だったから、ずいぶん成長したよねえ。
貯水葉の展開が失敗続いてるが、今出てきてるのに期待!
e0094270_08223282.jpg
そして、現在一番立派なのが、最初に買ったビフルカツム「元祖くん」。
e0094270_17073001.jpg
まさに、これぞビカクシダ状態、胞子葉は豪快に展開し、貯水葉は水苔をほぼ包み込んだ!!
買った時これだぜw
e0094270_17112734.jpg
向かって左の中程の胞子葉が、葉焼けで傷んじゃったのが心から悔やまれる。

で、こんな連中のおかげで、リスポジからの景色もぐっと向上中。左。
e0094270_17194217.jpg
右。
e0094270_17194152.jpg
現在は、ソーキングはせずに毎日水苔部分に霧吹き、あと苔玉くん以外は葉水で水やり、
あと週一(日曜日)に微粉ハイポネックス500倍溶液を5ccずつ施肥している感じ。
わりと上手く行ってるんじゃないかと思う。

しかしどこまでもインテリア志向、それが、俺とビカクシダ。



by ryouchanxp | 2019-02-10 17:20 | ガーデニング | Comments(0)

日向ぼっこ

今日は水曜の代わりにお休みになったので、観葉植物、というかビカクシダたちを日向ぼっこ。

e0094270_15203827.jpg
左から、ネザーランドの苔玉くん、ビフルカツムの元祖くん、アルシコルネのルネ、ネザーランドの普通くん。
元祖くんが待望の保水葉バリバリで、この先楽しみになったよ。

一方、ワーディアンルーム連中もお外でひなたぼっこ。
e0094270_15232269.jpg
ムラサキオモトの戸愚呂兄、ストレリチア多分ニコライの不詳くん、パキラの戸愚呂弟。
戸愚呂兄は、二代目瀕死くんと呼べそうな位に瀕死ww
ヘデラヘリックスのノーラくん、宿根朝顔の暴君ブルーもテラステーブルの上に出したが画像無しで。

by ryouchanxp | 2018-02-16 15:25 | ガーデニング | Comments(0)

実験くん死亡と、ルネ降臨

先週の話だが、怖れていたことが、、、、実験くんの唯一の新葉ぽいのが枯れて、
残りの元からの葉もシオシオのパーかつ根本が枯れてる。
これは、、、ご臨終だ('A`)

そこでりょう、即座にヤフオクで謎についてるソフバン長期特典Tポイント500円を利用、
総額800円強の「アルシコルネ」を購入したのであった。
え?ビフルカツム系しか買わないんじゃなかったって?
いや、アルシコルネ、見た目ビフルと同じじゃんよく見なきゃwww

ということで、実験くんの実験的板付を引き継ぎ、アルシコルネが我が家に。
最近、植物名の後半をとって命名する(例:ストリクタ→りく太)のがマイブームで、
このアルシコルネは、ルネと命名、自分でやっててマジきめえww

ということで、ルネ、いらっしゃーい。
e0094270_08223282.jpg

by ryouchanxp | 2018-01-17 23:30 | ガーデニング | Comments(0)

ソーキング

久々のエントリーだつーのに、記録ネタばかりになるという。
今日はそろそろ必要だと思われるソーキング。
まずはいつもの千吉 プランティングシートに水とオルトランを。
e0094270_15274999.jpg
冷たい水は可哀想だからねえ、で、充分に温まって気温もベランダ気温が15度を充分上回ってから、ソーキング開始。
e0094270_15283903.jpg
ソーキングつーても葉っぱ浸からないからあんま効果ないんだけどねえ。で、3時間(忘れたw)ほど漬けて、日光浴、、、撮影は日が暮れたあと。
e0094270_15295606.jpg
そうそう、元祖くん、明後日の方向にあった貯水葉切り取ってからついに、新しい貯水葉生えてきてる!
e0094270_15303489.jpg
ようやく、本来のビカクシダっぽくなってきそうでよかった。

by ryouchanxp | 2017-12-03 15:30 | ガーデニング | Comments(0)

俺とビカクシダ ~ PLATYCERIUM with me 2    ww

寒くなったねえ、さすがにメインルームやLibraryDK、Tシャツスウェットパンツじゃ寒いよw
でもまあ今日もだいたい窓際で21度、植物の育成にはいい環境。
事前の冬支度が功奏して、すっかり植物育成ライトによる室内栽培にシフトしたビフルカツムブラザーズ、
みんなわりと調子が良い、、、、、ネザーランドの実験くん以外は!

何度か瀕死とか触れてきたが、いよいよダメかもしれん。

まず元祖くん。
e0094270_17162319.jpg
この2枚は、買ってから出てきたんだが、既存のより圧倒的に幅が広く、なんかいったいどうなるんだ状態。
そして、もしかしてこれは子株?
e0094270_17162852.jpg
相変わらず貯水葉は切り取っちゃったあとうんともスントもだが、まあインテリアとして存在感ある姿になってきてる。
e0094270_17271756.jpg
次は普通くん、これも新しい胞子葉がいくつか。一枚はけっこう大きくなった。
e0094270_17164618.jpg
次は苔玉くん、これも2枚ほど胞子葉が出現、新しい胞子葉も見られる。
e0094270_17163471.jpg
e0094270_17164103.jpg
そして、、、、、実験くん、、、、、なんか一枚新葉ぽいのがあるが、今にも消えて無くなりそう。
e0094270_17165122.jpg
ダメなのかなあ。。。。

完全におなくなりになったら、苔玉くんを解体して、実験くんの実験的板付を引き継がせようと思う。
せっかく工夫をこらして炭やらザルやら使ったこの板付は試してみたいから。
実際、そういう問題じゃなく太陽光の火あぶりで瀕死OR死亡したわけなんだが、、、

でもまあ、復活してくれた方が、空中を舞う苔玉ビカクシダがいて面白い部屋だからいいんだな。
e0094270_17282229.jpg
最悪、苔玉なくてもいいが、実験くんポジのビカクシダはインテリア的にも育成ライト的にも必須だから、
e0094270_17284083.jpg
苔玉解体してでも優先するわけだ。

by ryouchanxp | 2017-11-20 17:24 | ガーデニング | Comments(0)

気温による外出禁止令?

午前中の気温が15度を上回らなくなってきた。

本日8:50頃。

外気11.1度。
e0094270_09025710.jpg
ベランダ12度位。
e0094270_09031274.jpg
このあとこんならしい。
e0094270_09204144.jpg
一方室内。窓際23.7度。やべえフラッシュ自動で焚かれたらホコリだらけww
e0094270_09033001.jpg
●●ポジ27度位。
e0094270_09042856.jpg
玄関22度位。
e0094270_09051654.jpg
ということで、今日からビフルカツムのベランダ展開&葉水、瀕死くん(カラテアエンペラー)の外での葉水を停止。
高山性で寒さに強いぶっちー(チランジアブッツイー)だけ朝のベランダ展開&葉水の対象とする。

ビフルカツムは日曜、ソーキングないしシャワリング(ホースで水ぶっかけるのは間違ってもミスティングじゃねえしw)以外、
よく書いてある「乾燥気味に育てる」形式としよう、瀕死の実験くんが心配だがこれで死ぬならそりゃ何やっても死ぬだろうし。

ということでだいぶ前から準備していた越冬体制。ネザラン三兄弟は、苔玉くんが窓に近く他は育成ライト。
e0094270_09155880.jpg
元祖くんは、逆サイドの窓際に、なんか禿しくちょうどいい謎の突起があってw(知ってる人は知ってる)そこにひっかけw
e0094270_09174720.jpg
ということで、ベランダ越冬部隊とぶっちー以外は気温的には15度を真冬でも下回らない環境でぬくぬく育ててみよう。

なお、本来のビフルカツム、カラテアエンペラーの耐寒性はこんな感じ。右列。
e0094270_09340827.jpg
つまりビフルカツムが5度位までは何の問題もないんだがねw
一方カラテアの方は10度切った環境はガチでやばい(長時間なら)。
短時間でも悪影響がありそう(冷たい水は灌水でもやるなという話がある)なんで、けっこう外出しはほんとにまずくなってきたと思う。

by ryouchanxp | 2017-11-13 09:19 | ガーデニング | Comments(0)

ビフルカツムブラザース ソーキング2時間

うん、それだけなw 作業記録。
e0094270_11295314.jpg
Webのキッチンタイマーは1時間超えられなかったので、ケータイので。
e0094270_11303942.png
2時間予定。


by ryouchanxp | 2017-11-05 10:00 | ガーデニング | Comments(0)

雨の庭とベランダの気温

雨の我が庭、ケイトウズも元気なのは元気w
e0094270_14404189.jpg
芝ちゃんも昨日よりマシな色合いで写ってて
e0094270_14412330.jpg
最近恒例のビフルカツム物干しも楽しげでw
e0094270_14431086.jpg
まあとてもいい感じ。

ところで、本日の今の地域の気温は、
e0094270_14435081.jpg
でうちのベランダの気温が、メインルーム前上部
e0094270_14443820.jpg
ベランダ東端の物置裏の配管につけたやつ
e0094270_14465480.jpg
物干し竿にひっかけてるやつ
e0094270_14452064.jpg
こんだけ揃うなら、17~18度ということだよね。
別に今日だけじゃなく、ベランダに温度計3つつけた時からいつもそうだから多分間違いない、
うちのベランダは、公称地域気温より2度前後温かい。

なお、室内は窓際24.2度、○○ポジ27.5度、玄関23度、書斎デスク25.7度。
○○ポジはともかく窓際はけっこう寒くなるなあ。

by ryouchanxp | 2017-10-28 14:50 | ガーデニング | Comments(0)

ワイヤードプランツ

うちは庭でワイヤープランツ毛布くんを飼っているわけだが、
このたび、ワイヤードプランツも具備してみた。
e0094270_11472457.jpg
カーテンレールと、ライティングレールの間に、テグスを張ってSカンで吊るす植物であるw
ワイヤードプランツは、基本苔玉くんとフックン(チランジア・フックシー・グラシリス)である。
なお、フックンは植物育成ライトついてる時は基本本棚の扉のツマミにいる。
e0094270_11490843.jpg
育成ライト消してる時(そういう気分や志向の時、夜の照明)にワイヤードプランツになる。
夜のフックンはこんな感じ。ポトスライムと仲良しな感じ?w
e0094270_11532448.jpg

by ryouchanxp | 2017-10-20 11:32 | ガーデニング | Comments(0)

俺とビカクシダ ~ PLATYCERIUM with me

ビカクシダ界では大変著名なサイト、「俺のビカクシダ」の真似っ子でタイトル付けたw
しかし、下らないところでオリジナリティーを徹底するりょう、しっかり検索したのだよ。
e0094270_11044775.jpg
e0094270_11055956.jpg
はい一応、どちらもネット初~www

でだ、りょうとビカクシダの出会いは以前のエントリーこの全体的な回憶エントリーで説明したが、もう一度。
e0094270_17084820.jpg
ビバホーム豊洲でこれを初めて見て、りょうは多分生まれて初めて、観葉植物を本気ですげえと思った。
このドームの直径は30cmオーバー、ほぼ球体で、しかも着生材の水苔を完全に、もう完全に埋めている。
こんな植物、あんのか!!!!てなもんで。

そして最初に買ったコウモリラン・ビカクシダであるビフルカツム。
ビバホームにあったヤツと同じ品種。
お見えになった頃は、これ。命名元祖くん。
e0094270_17112734.jpg
今は、大きい葉っぱが一枚取れちゃったのと貯水葉が死にまくってるこれw
e0094270_11162853.jpg
でもまあ元気なものよ、新しい葉っぱが2枚、3枚目が出てきてるし。
貯水葉がウンともスンとも言わないのが残念だが。

そして、もうひとつ680円(抜)とビバホームで安かったので買ったビフルカツム・ネザーランド。
ビフルカツムの改良品種。買った直後はこれ。
e0094270_16091471.jpg
これが3株分だったので、あえてばらしてやり直したのがこいつら。
命名実験くん。
e0094270_11474439.jpg
命名普通くん。
e0094270_11475273.jpg
命名苔玉くん。
e0094270_11480291.jpg
苔玉くんが1番生育悪い感じだったのだが、、、、今はこれ。
e0094270_11250725.jpg
e0094270_11253340.jpg
e0094270_11261667.jpg
正直、板付の2つは、瀕死www
葉の色が、薄黄緑色www
間違ってある日、夏の直射日光もろに数時間浴びてこうなってしまったw

でももう、8月末位からこんな状態でも、まだ生きてるんだよねー。
なんとか、何が何でも、回復して、、、いつかは同じビフルカツムのこちらさんのように、、、
e0094270_17084820.jpg
なってくれて、この感じが、
e0094270_11270192.jpg
この右側を飾ってくれますように。

そうそう、正直ビカクシダを知っていろいろと情報収集すると、
どうもビフルカツムはあまり人気がなくて、白菜とかレタスのようなヤツの方が人気。

でも、りょうにとっては、上記ビバホームで出会ったビフルカツムこそが原体験であり、刷り込み。
あの衝撃、マジ忘れられないのだな。

ということで、俺とビカクシダw、それはりょうにとって、多分このままずっと、ビフルカツム、
そしてその亜種のネザーランドになろうのだろうよ。

それが、「俺とビカクシダ ~ PLATYCERIUM with me」 なのだ。

by ryouchanxp | 2017-10-12 11:33 | ガーデニング | Comments(0)