タグ:コンパニオンプランツ ( 5 ) タグの人気記事

今日の昼ご飯は、プランターで採れたホワイト六片

この右下にあるニンニクを引っこ抜いたら、未熟な分球が!
e0094270_17372714.jpg
某掲示板でとう立ちしたら収穫のサインの何のという話を見て、うちもひとつ抜いてみたのだが、
まあちっこいニンニクであった。ちゃんと「六片」だったw 一緒にとう立ちっぽい芽も抜いた。
後から調べたら(なんで後なんだw)ホワイト六片の収穫は7月とか?もうバカとしかw
e0094270_12550756.jpg
でももう一度植えてもなあ、ということで食べる。
冷蔵庫を探すと、あらびきウインナーがあったので、ウインナーニンニク(&の芽)炒めにしてみよう。
ごま油でニンニクに火を通し、ウインナー投入、焦げそうなニンニク外しながら炒める。

完成。
e0094270_12572592.jpg
いやね、これ旨いのよw
そう言えば、地元の某著名焼き鳥店にも、ニンニク(の芽)ウインナー炒めがあるわ、
何の変哲もない普通のレシピだったw


[PR]
by ryouchanxp | 2018-05-04 12:58 | 料理 | Comments(0)

プランター配置変更

3つのプランターのうちの向かって左(東)のプランターが、プランターの中で東(左側)にある柚子か香母酢の木のせいで、
プランターの中では西(右側)に植えてある茄子に、午前中あまり陽が当たらない。
大雑把に言えば午前中の日差しが光合成に良いっぽいので、これは問題だ!
ということで、プランターを斜めに傾けることにした。

下の画像でいうと、柚子か香母酢が1番上のプランターの、更に上側にいて、
そんで1番上のプランターの見切れてるあたり、下にいる茄子の日照を阻害してんのね。
e0094270_12345274.jpg
ついでに、ベランダ育成のメイン連中を、空いた隙間に並べて、こいつらも午前中から日差しを浴びるように。

一方、マリーゴールドをコンパニオンプランツとするためには、後ろより前に居たほうがよさげなんでこう。
e0094270_12364838.jpg
これで茄子・ミニトマトともにマリーゴールドとの直線距離がぐっと近づいた。
上記で茄子に、柑橘系の影が差しているが、これはこのあと剪定によって取り除いちゃったw
ということで、日照条件がかなり改善したはずの茄子、きっと美味しい茄子が出来るぞー。

[PR]
by ryouchanxp | 2018-04-30 12:39 | ガーデニング | Comments(0)

コンパニオンプランター、いよいよ出発

かつてのエントリーで計画したコンパニオンプランツによる、コンパニオンプランター、
本日いよいよ発進だ。

買ってきたのは、連作障害緩和の接ぎ木茄子「千両二号」と、カゴメのミニトマト「こあまちゃん」だ。
接ぎ木茄子は、普通の茄子の3倍したし、こあまちゃんは、
「糖度が高くたくさんとれる ~ 房が長く、たくさん実がなります。
 甘さにこだわった、おいしいミニトマトです。」
だそうで、当然に高かったw

現在こんな構成。
e0094270_17372714.jpg
ニンニクは、もうすぐ収穫しちまう感じで、紫蘇もここからだいぶ間引く予定。
なお左下には別鉢にてマリーゴールド、去年10月6日のこのエントリーで、
『ついに、来年の、トマト・茄子防衛軍陸軍の編成は、これで完了した。
 紫蘇師団で地対空戦略、ニラ中隊、ネギ小隊、ニンニク小隊を束ねるユリ科連隊は地下戦略。
 そして来年、特殊外人部隊マリーゴールドを導入し、地上も地下も万全の対策を。
 これらの総攻撃で、病害虫を迎え撃つ!』
なんて中二病みたいなことを言ってたが、ホントにそうしてみたw

さて、美味しい茄子とミニトマトがとれますように。
ちな2ちゃんの茄子スレ、ミニトマトスレは常時チェックしておりますwww

と、ここまで書いといて、茄子はコンパニオンプランターにいないんだった、
お隣の柚子か香母酢がいるプランターに、「連作チャレンジ」なのだな。
越冬しかけてた茄子は、残念ながら今年の寒波に勝てずにご臨終なさった。
今回こそは、頑張って越冬してくれよ~。

[PR]
by ryouchanxp | 2018-04-29 17:41 | ガーデニング | Comments(0)

青森ニンニク入荷

八百屋じゃねえしw

いやね、先日コンパニオンプランツで九条ねぎ植えたのだが、
トマトにはニンニクもいいとか、りょうがにんにく好きだとか、そういう話が、、、
人は、言い訳に生きる動物なのだ。

で、門前仲町にしょーもない店でらーめん亭すぎ田てのがあるの。
食べログ3.0てのは、全く評価されてないのよねw
で、ここにちょっと、りょう的にとても驚いたメニューがあって、
餃子が
e0094270_13292602.jpg
「美味」特製ぎょうざ450円と、「大評判」ニンニク(青森産)ぎょうざ580円にわかれてて、
実はどっちもちゃんとニンニク入ってるのだが、後者のニンニク餃子、極めてきつく、そして旨い。
門仲の底辺とでも言えるwこの店のメニューにあって、光り輝く実に旨い素晴らしいメニューなのだ。

で、この話を知るりょうは、どうせ栽培するなら絶対青森産!と思っており、
先日ソフトバンクユーザーりょう、謎のポイント744ポイント!があったので、送料込み980円税込、
青森県産「福地ホワイト六片」バラ400gがなんと236円で買える機会にオーダーしたのだ。

それが昨夜来たw
e0094270_13380412.jpg
うわ、いぱーーーーいwww
で、これをオーダーしたりょう、同時にこいつを注文した、これもおととい来た。
e0094270_13384798.jpg
にんにく来たら真っ先にみじん切りしたろうとwwwこれレビュー凄いんだよね。376で4.3。
e0094270_13415058.jpg
こんな感じ~、、、で、
e0094270_13422040.jpg
ニンニクむきむき、これがちょっと面倒だった、次はダイソー行ってアレ買ってこよう。
で、ぶんぶんチョッパー!とぶんぶんする。あらピンぼけ。
e0094270_13464279.jpg
できあがり~。
e0094270_13443726.jpg
刃が外れるから入れやすいね。でだ、ここまでやっといて本来の目的ww
三個のプランターの中央、紫蘇で覆われてる2個の左側プランター、
e0094270_13475960.jpg
e0094270_13484351.jpg
右側プランターの四隅に九条ねぎがあるが、この左側の四隅ににんにくを植えたのである。
(下は最左のプランターで、柚子かかぼす、そして茄子がうわっている)

ついに、来年の、トマト・茄子防衛軍陸軍の編成は、これで完了した。
紫蘇師団で地対空戦略、ニラ中隊、ネギ小隊、ニンニク小隊を束ねるユリ科連隊は地下戦略。
そして来年、特殊外人部隊マリーゴールドを導入し、地上も地下も万全の対策を。
これらの総攻撃で、病害虫を迎え撃つ!
ちなみに、シソ科のハーブは紫蘇と交配しかねないので、やめといた方がよさげ。

でだ、植えたあとにお片付けして、残ったこれがw
e0094270_13454344.jpg
こうなり、
e0094270_13591379.jpg
こうしたのだが、
e0094270_13595179.jpg
生えてくるかなんて全く知らないwww
何で何でも調べる前にやるかね俺は。

[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-06 14:00 | ガーデニング | Comments(0)

コンパニオンプランツ!焼きねぎのオリーブじょうゆ

最近、コンパニオンプランツというのを知ったのだ。
超簡単に言うと、殺菌剤や殺虫剤代わりに植物を植えるということ。
で、りょうが好み、過去栽培した唯一の野菜トマト・茄子には、葱とニラがいいっぽい。
ニラは、、、、生えてますw
e0094270_21001681.jpg
雑草だと思って千切って捨てたら、ニラだったとゆー。
e0094270_21004625.jpg
で、ニラは勝手に生えてるから葱ね、4本290円でオオゼキで九条ねぎ買ってきたw
e0094270_21031675.jpg
なんで九条ねぎか?これガチでガーデニング視点で、安い葱は1本130円とかね、一本失敗でオワタになる。
一方、一本70円強の九条ねぎは、4回チャレンジできるし、全部成功したら4つ苗ができるじゃんwww
しかも、普通の葱じゃない付加価値たけー葱が庭にいるとかよくね?しかも根っこついてて成功率高そうだし。
ということでこれにして、料理する前に既に栽培www
e0094270_21054996.jpg
普通は、料理する→余った根っこ部分を栽培するって発想だが、さすがにわかディープガーデナー、
先に葱切ってタッパーに入れて、料理する前から根の伸長を図り始めるのであったw

でだ、もちろん残った????九条ねぎ(完全に主客転倒)は食べなきゃね。
ということで、ぐぐって、材料葱だけのレシピでうまそうなのはけーん、早速つくってみたんだよ
珍しいことに、分量を変えた以外完全なオリジナルレシピでつくったぞ。
そういうことも含めて、このエントリーは、なんと料理カテゴリーじゃなく、ガーデニングカテゴリーなのであったw

ボリューム的に葱1本じゃアレなので、目玉焼きを追加。
e0094270_21090996.jpg
なかなか旨かったが、これはりょうの手にかかれば、進化メニューは楽勝で誕生するわな。
次の九条ねぎエントリーは、絶対料理カテゴリーねw

[PR]
by ryouchanxp | 2017-09-18 21:11 | ガーデニング | Comments(0)