タグ:オリヅルラン ( 8 ) タグの人気記事

☆☆☆

突如3匹も白メダカが、☆になってしまった゜・(>_<)・゜
なんかしたかなあ????

昨日、トクサを買ってきたんだが、不思議とトクサには楊貴妃メダカしか寄ってこない。
e0094270_17000755.jpg
e0094270_17001123.jpg
e0094270_17001516.jpg
間を通り抜けたりして遊んでるような?
今日は睡蓮とトクサの置台をダイソーで買ってきた、こんな感じから、
e0094270_17014979.jpg
こんな感じに。
e0094270_17021826.jpg
変わったように見えねえw
7匹になった白メダカ、補充を考えよう。

ところで、庭のオリヅルランの花が咲き乱れておる。
e0094270_17030169.jpg
e0094270_17030617.jpg
これで終わるなら可愛いんだが、この後ランナー大量発生なんだよなあ('A`)



[PR]
by ryouchanxp | 2018-06-03 17:03 | ガーデニング | Comments(2)

ベンチ&登板 玄関の観葉植物たち

陽当りのよいブルペンですっかり肩を温めた2ペアのオキシカルジューム&オリヅルラン。
その後、ベンチ入り?して毎週交代で玄関に登板しているわけだが、本日は日曜日つまり交代日。

煮干しくんと綾鷹くんが降板して、
e0094270_10462507.jpg
由美ちゃんとピンクちゃんが登板。
e0094270_10470249.jpg
このシステムいいわーw
玄関がすごく華やか。

そして、一週間の、明かりと言えば玄関の弱い40WのセンサーLED(壊れて一日8時間位はついてるが16時間位は暗闇)だけという過酷な環境で、
しっかりと煮干しほしそうな猫
e0094270_11042171.jpg
っぽく頑張った煮干しくんと綾鷹くん、ベンチ入りw
e0094270_10502117.jpg
ベンチは耐陰性強いこいつらからすれば、充分過ぎるほど日照があるので、また一週間しっかり補給してくれたまえ。

[PR]
by ryouchanxp | 2017-11-05 10:52 | ガーデニング | Comments(0)

庭のケイトウ、左から。1番左。
e0094270_13393982.jpg
写真だとわかりづらいが、もうバケモノです、はいw
その右。
e0094270_13240135.jpg
うちに来た時の可憐なロウソクのような面影などなく、准バケモノです今や。
その右。
e0094270_13250007.jpg
左から2番めなんて、荒れ狂ってますwその左右と、1番右から二つ目は、珍しく生育が悪く、アンプル挿してます。
とまあ、フェンスプランターについては失敗極まりない感じな我が庭なんだが、この下。
南側に面していて、特に1番左は芝生が絶対に生えないほど暗く、その右も陽当りは非常に悪い。
過去の庭写真が少し残ってるのだが、
e0094270_13284332.jpg
e0094270_13313016.jpg
まあ、普通に日本芝は絶対無理だったし、西洋芝もかなり怪しいと思うわけだが。
今やこうだ。
e0094270_13360884.jpg
2写真の合成だが、実によくカバーされているのがわかるだろう。
ここ、玉竜とかもやってみたのだが、全くダメだったのだ。
オリヅルラン、優秀過ぎるよね。

[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-13 23:00 | ガーデニング | Comments(0)

今年のガーデニングフィーバーを振り返る

ことのはじまりは、5月中旬。
宿根朝顔による侵略と暴虐の限りを尽くした狼藉、そしてリフォームの廃材置きにより、
荒れ果てた庭をなんとかしようとコーナンで買った西洋芝の種を蒔いたのだ。
品種知らないで買って、あとからそれがケンタッキーブルーグラス普通種だとわかった。

そして、なんか量が足りてない気がして、タキイJ.ターフIIを追加で購入し、蒔いたのが5月26日。
それから、6月、7月と、せっせと西洋芝の情報収集と手入れに勤しんでいた。
西洋芝のブログをいくつか、全部読んだりしたw
その結果、いつの間にかりょうの手元には、メネデールとペンタガーデンPROと、
アルギンゴールドエキス、あと先日のディスキディア・ペクテノイデス土に使った目砂や、
e0094270_10012551.jpg
ありがちな芝の有機肥料にメネデールの芝肥料、赤玉やら黒土やらがそろっていった。
そう、芝のみならずガーデニングに必要な武器が、続々と導入されていったのだ。

一方、庭の奥や裏手の、めちゃめちゃ覆い茂ってる謎のトゲトゲした草が何か、
興味が出て調べてみて、オリヅルランという観葉植物だと判明した。
元は確か普通に鉢植えで、外斑と斑なしの2株ずつ4株のオリヅルランだったのだな。
15年以上前に、多分裏手の道が寂しいので、ばらして植えたのだろう、それが大増殖した。
一日中ほぼ日が差さない裏手で、こんなに増えるなら、日陰に強いんだろうと思い、
それを10年位前、庭メインゾーン南東角の、一日中完全に日陰の場所に植えたのだが、
それも立派に根付き、上記から右に向かう南フェンス直下のゾーンに範囲を広げ、
結果的に芝が健康に育ちにくい日陰のグランドカバーになりそうだったので、
6月~7月に更に元気な株がガンガン出してくるランナーとりまくって植えまくった。
この時点で、なんとなく観葉植物という発想が頭にわくようになった。

テラス側では、謎の柑橘系小木(未だになんの木だかわからん)のプランターわきに、
コーナンで買ってきたミニトマトと茄子の苗を植えたのが多分7月頃。
茄子は5本しか出来なかったが、ミニトマトは全部で20個以上は出来ただろう。
残念なことに、サビダニでほぼ死滅したが(知識超不足だった)。

そんな感じで、ガーデニングにかなり風が吹いてたせいか、部屋にいるコバエを、
突然、食虫植物でなんとかするという発想になった。
で、おそらく7月中旬位だろう、ハエトリソウをビバホームで買ったのだが、
こちらが今ポトスで使ってる茶色い鉢を一緒に買って植え替えたのだ。
e0094270_18243274.jpg
で、買ってから情報収集する愚でわかったこと。
ハエトリソウは、室内のコバエ退治に全く向かない!www
なんせ、誘引するような機能が全く無いのだったwwwww
そしてハエトリソウは冬、「凍らない程度」の低温で冬眠させないと翌年の発育が悪い!
全く室内向きじゃねえわ、室内向きだとしても全く役立たずじゃんかw
でもだからといって捨てるはずもなく、これはこれで育てようと。

ということで、結果テラスのテーブルの上に置くことにしたのだが、、、
考えても見ろ、真夏に間違って直射日光浴びた濃い色の鉢は灼熱地獄になるじゃんか。
加えて、このハエトリソウにこんなでかい鉢はいらないとw
ということで、この茶色い鉢と青い受け皿を、真っ白な鉢と真っ白な受け皿にした。
e0094270_10472359.jpg
実は全ては、ここから始まったのだったwww
そう、上記の如く溜まっていたガーデニングマグマが、
この「余った鉢」をきっかけに、いっきに噴き出したのだ。

まず、茶色い鉢が余ったのをなんとかしようと、コーナンに行って、
色が綺麗だったポトスライムを買った、これが記念すべき?第一歩。
ここで、半月ほどなんとか踏みとどまっていた。
しかし何故か、ポトスをきっかけに耐陰性が強い植物を調べまくり。
なんか、部屋に観葉植物置きたい欲求が、とめどもなく溢れ出てきたのであろう。
しかも戦うための武器は、芝で仕入れてるヤツがわんさかあるわけだ。
でも実際買うことは我慢して、ただただネットで情報をあさっていた。
そんなことをしていた、7月の終わり頃~8月上旬。

そしてこの日、8月15日に、りょうは突然コーナンで見つけたのだ。
「なんだこの柄がカコイイ植物?」と鉢をひっくり返して、ラベルを確認して。
りょうが調査した結果、耐陰性強い小型観葉植物第二位のオキシカルジュームを!
なんか緑とライムの不規則な混ざり具合、これこんなに素敵なやつだったの?って。
こ、これは買うしかない!!!と、一緒に素敵だと思っていたし耐陰性強い大型タイプの
モンステラがやたら安く(600円位)売ってたので、これも一緒に買った。
ビバホームで見たら、同じ位のが1,500円以上してたからねー。
持ち帰って、オキシカルジュームをラタンのラックから垂らし、
モンステラの成長を想像する、、、もう、素敵過ぎた、観葉植物。
e0094270_18203139.jpg
その前後に、りょうはある日ビバホームで、妙過ぎる植物を見つけた。
e0094270_17084820.jpg
それが、これ。当時15,000円で売られた「コウモリラン」。
もう、絶望的に欲しくなったwので、とっとと板付タイプをネットで8月16日に注文。
580円の送料入れて1,860円なり。
届くと、上のと違ってちっけーwwwま、そんなもんだよな。
e0094270_17112734.jpg
こちら8月18日に届いたのだが、そのことをブログに書くために、
当日ビバホームに上記の写真撮りに行って、今度は、これを見つけてしまったのだ。
耐陰性最強小型観葉植物、アグラオネマの炭植え980円(抜)を。
e0094270_17234857.jpg
(ちな右は同日買ったオキシカルジューム300円位)
しかも、調べてた頃はあんま画像ではよくわかっていなかったが、
実際目にしたら、もうりょうが超好きな柄だったのだよw
もっと安いのもあったのだが、葉の形でこちらを購入、とまらねーwww
今度はアグラオネマの情報を収集しまくり、ピクタムトリカラーが超高いとか、
KN便は溶けるとか余計なことまで、もうアホみたいにいろいろな情報調べた。

その後8月20日にはビフルカツムのバカ丸出し上下さかさま付け替え、
e0094270_09595549.jpg
その後20日過ぎにビフルカツム・ネザーランド購入、
e0094270_11185636.jpg
8月23日には玄関に置くための観葉植物(オリヅルラン・オキシカルジューム)のセットを用意、
e0094270_17081635.jpg
e0094270_17154175.jpg
8月27日に壺入りヒポエステス実現、
e0094270_14405049.jpg
8月28日にアスプレニウム・アビス導入。
e0094270_11193616.jpg
月末にビフルカツムの板替え、ネザーランドやの板付、株分け付け直しをしたり、
9月2日にはワインクーラー入りディスキディア・ペクテノイデス実現w
e0094270_17583191.jpg
あとは超安売りしてたハイポネックス原液をビバホームで買ったら、
ついでにリキダス買って、初の「メジャー商品液肥」の導入、
ネットで入ってた広告の玄米アミノ酸液無料配布ついでに1L買って、
土壌改良にEB-a買って、水苔買って、あげく植物育成ライトのためにスタンド3本買ってw
e0094270_10081285.jpg
e0094270_10100068.jpg
e0094270_10051112.jpg
前回エントリーの通り微粉ハイポネックス買ってw
もうガーデナーまっしぐらだw



[PR]
by ryouchanxp | 2017-09-23 11:30 | ガーデニング | Comments(0)

スワッピング?w

以前、我が家には二組のカップルがいたのだ。
オキシカルジュームと、
e0094270_10054532.jpg
オリヅルラン。
e0094270_10064727.jpg
肩を寄り添い仲良し二組だったのに、、、
e0094270_10072411.jpg
先日ブルペンから先行して登板した、オキシカルジュームカップルは、、、
あれ!!!
e0094270_10075399.jpg
てことは?
e0094270_10082098.jpg
先発もブルペンも、オキシカルジュームとオリヅルランのカップルに変えちゃったw
なんかね、オキシカルジューム2個の組み合わせだと少し寂しいのだな。
一方、風呂場常駐はやめて、玄関にペアで置くことにした。
だって、あまりに一日中真っ暗はひどいし、それにお風呂に自分がいない時何のメリットもない。
玄関にいれば、出入り、宅配便受取、寝室に行く時、はたまたトイレに行く時も目に入るからね。
無論、センサーライトがおかしいせいで、一日の1/3位点灯している玄関のあかりを浴びられるし。
そして、お風呂場には、ちっこい方を、お風呂に入る際に連れていけばいいのだ!
ということで、更に我が家の観葉植物は合理的になったのであった。

そう言えば、このエントリーの時に3枚だったオキシカルジュームの落葉は、
1枚枯れて上記では2枚になってます。
それでも、1番古いのはもう1ヶ月以上経ってるから凄いね。
あ、ポトスの葉っぱもまだ生きてるよ。
もう2ヶ月は経ってるwww
e0094270_10465666.jpg
もう通算3回位全滅させてるワイヤープランツの水挿しと一緒。
片方また死にそうだけど、左は初めて成功しそうな感じだわ。


[PR]
by ryouchanxp | 2017-09-19 23:59 | ガーデニング | Comments(0)

葉水

なんか、偶然見かけたコウモリラン育成達人のブログで、
コウモリランのある種類に、毎日葉水しているという情報が。
葉水かー。

というのは、今日たまたまコウモリランビフルカツムをより日当たりのいい日陰に移したら、
ちょっと外出している間に西日が直撃するポジションにあたってしまい、
葉がだいぶ"しなっ"てなってしまったのだ。

葉水を毎日あげる人が居る位だ、こんな時こそ葉水じゃね?
てことで素人のうちは非常に先人に影響されやすいりょう、早速、、、
しかし、ここでいちいち余計なことをするのがりょうwww
ただの葉水にしないで、スペシャルカクテル葉水をつくった。

アルギンゴールドエキス12.5gを500mlで割って(40倍)、100倍希釈で4000倍になる液体つくってるのだが、
e0094270_17343633.jpg
これをを4cc、メネデール4cc、そしてペンタガーデンプロを0.4cc。
0.4ccなんて異常な計量を可能にするのはもちろん?駒込ピペット~
e0094270_17394456.jpg
誰も知らんだろこんなのwww俺もごく最近知ったwwww
これを、800ccの霧吹きに混ぜて、
e0094270_17372515.jpg
アルギンゴールドエキス8000倍(灌水の場合最濃4000倍)、
メネデール200倍(同100倍)、
ペンタガーデンプロ2000倍(同1000倍)の混合液が出来上がり。
これに、胞子葉がしおれたビフルカツムにシュッシュして1時間位の時見たら、少し葉が元気になったぞ。
e0094270_18032291.jpg

調子にのって、直射日光で弱ってるハエトリソウ、玄関/風呂場登板待ち育成中のオリヅルランたちにもシュッシュ。
さて、この超オリジナル滋養葉水作戦、吉と出るか凶と出るか。
しかし、ビフルカツムちゃん、元の姿からしたらやっぱり随分しおれてるわなあ。
e0094270_10002420.jpg




[PR]
by ryouchanxp | 2017-08-24 17:50 | ガーデニング | Comments(0)

ブルペン

玄関に設置したルミナスのセンサーライトが大変調子が悪い。
なんせ、一日の1/3位は、誰も通ってないのに勝手に点灯する。

ん?これを逆手にとってwwww
観葉植物置けるんじゃね?www

てことで、玄関のここと
e0094270_17054756.jpg
ついでに、浴室のここに、
e0094270_17060485.jpg
観葉植物を置こうと思っている。
先発を指名するのは、当然我が家で「いくらでも取れる」オリヅルラン。
e0094270_17081635.jpg
左の激ちっこい、色合いの変わった(そのうち普通に戻る?)斑なしのオリヅルランを風呂に、
右の外斑のオリヅルランを玄関に。
どちらも、捨てるほどある(実際大量に廃棄した)ランナー出身w
当然元がランナーなので、根がろくに生えてない状況下、現在テラスで育成中なわけだ。

でだ、いくら耐陰性があるとはいえ、玄関は点灯しても薄暗いし、
風呂は入ってる時間しか光なくて、どちらもそれ以外の時間は真っ暗である。
さすがに、置きっぱでは確実に枯れるであろうw

ということで、週交代で2セット用意して、片方セットが登板(玄関と風呂)している時、
もう1セットが日当たりのいい場所で日光浴して、
そんなローテーションで回せば、うまくいくだろうと。

ということで、スピーカー裏にある、メインルームの中では、いや我が家で1番日当たりがいい場所を、
ブルペンと名付けたw
e0094270_17154175.jpg
先日買った、200円のオキシカルジュームがたまたま植え替えの時に2株に分かれたのでw
こいつらを控え投手にして、まずはオリヅルランが育ったら登板。
それから、週交代でこの「炭栽培」のオキシカルジュームと取り替えていこう。
むしろ、変化があってよくね?

このブルペン、なんせ日中は前述のように1番日当たりがよく、
しかも夜になったら、俺が寝るまでサブスピーカー裏の照明が更に光を注ぐというwww
e0094270_17255148.jpg
なかなか、よく出来てるブルペンなのだ。

[PR]
by ryouchanxp | 2017-08-23 17:18 | ガーデニング | Comments(0)

その他庭で育成中のプランターたち

昨日も登場したハエトリソウは、今こんな感じ。

e0094270_10472359.jpg
生育が悪いの買っちゃったので、苦労中。

そして、玄関に置こうと、裏手の外斑オリヅルランのランナーからとったこいつ。
e0094270_10493346.jpg
まさに、育成中w

次に、昨日買ったオキシカルジューム・ブラジルの葉が一枚とれたのと、
ポトスライムの葉が一枚完全に他の葉と重なってたのを切り取ったのを、栽培してみてるのがこれ。
e0094270_10512797.jpg
ポトスの方はもう3日位なのだが、茎からじゃないからなのだろう、全く根が出てこない。
実はこの水、いわゆるアンプル型の緑色を活力液を数滴たらしているほか、
極めて優れた培養液になっていると思うんだが、、、、うまくいかない。
ちなみに、こいつらは当然芝生用に購入し、芝が迷惑なほど成長するという効果を挙げている。
残念なことに、土が硬すぎて横に根が伸ばせない状態で、あの摩陀羅が解消されないだけなのだ。

あと、なんか落ちてるオリヅルランのランナーが可愛そうで始めたブルペン?
e0094270_10585931.jpg
その後大量にランナー処分しているので、意味不明な状況であるが、
こいつらのうち外斑のやつは、室内に導入されることもあろう。

最後に、昨夜登場した、フェンスに掛けている9つのプランター、the ケイトウズ!
e0094270_11012234.jpg
ケイトウというより、なんかよくわからない汚らしい花にw


[PR]
by ryouchanxp | 2017-08-16 11:00 | ガーデニング | Comments(0)