芝の液肥の構成変更、ペンタガーデンPRO&玄米アミノ酸液

さて、今日の芝ちゃんは?
e0094270_15390950.jpg
なんか台風のせいか異様に色わるいんだが('A`)
撮影の時間帯が違うから、ということを祈りたい。

ところでりょうが1番期待しているし、効果を実感している対植物液体?は、ペンタガーデンPROである。
ペンタガーデンPROとは、こちらのHPにて効果が解説されているが、こちらの製品に含まれる
5-アミノレブリン酸(ALA)と微量金属を植物に与えると、クロロフィルが増加して光合成能力を高める結果、
日照の少ない環境下での生育と耐寒性を飛躍的に増加させるという。
当然に日照がひどいうちの庭への対策であり、かつ将来2m級ベランダ観葉植物を実現したいりょうの、
ストレリチア・ニコライだと思われる不詳くんのベランダ越冬への挑戦でもある。

で、ペンタガーデンPROの注意書きに「他の薬品との混合は効果を弱める」的なことが前に書いてあった。
という記述があるが、いずれにせよこの最強活力剤(&液肥効果)のペンタガーデンPROの効能にリスクは避けたい。

で、先日問い合わせでわかったのだが、玄米アミノ酸液のphは3.4だそうで完全な酸性w
ということで、ただのアミノ酸かつアルカリ性から程遠いこいつと、混合して散布することとした。
(メネペンアル OR 玄リキメネ芝)+エバ だったのだが、
(ペン玄 OR アルリキメネ芝) + エバ OR メネ という構成に変更することとする。
基本ペン玄が日曜、アルリキメネ芝が月曜、不定期でエバは日曜にプラス、メネは月曜にプラスという形。

でまあ昨日が台風だったので、本日一日遅れでペン玄散布。
こちら重要なのは、上記のとおりこの冬過酷なベランダ越冬をあえて強いる不詳くん(ストレリチア)と、
戸愚呂兄弟(ムラサキオモトとパキラの寄せ植え)にペンタガーデンPROをやること。
e0094270_15373193.jpg
ということで、飛び石の上において一緒くたに灌水散布。
ペンタガーデンPRO20mlと玄米アミノ酸液10mlを1リットルで希釈し20倍20リットル灌水。
結果ペンタガーデンPROは1,000倍、玄米アミノ酸液は2,000倍という規定どおりの量。



それにしても芝がひどくておちるわー。


[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-23 15:42 | ガーデニング | Comments(0)
<< ペペロミア・オブツシフォリア・... ペペロミア・オブツシフォリア・... >>