店員さんにキレてみた(超長文)

なんか一般の方にはどうでもいいことばっかりだらだら書いてあります

昨日は、26歳OLちゃんにビデオが壊れたテレビデオ(要はテレビ)をあげるために、19:30門仲待ち合わせ、せっかくだからお食事をすることに。門仲情報館で教えてもらった「ゆうちゃん」に行こうとするが、そんな時間に既に満卓。仕方なく辰巳新道を出て開拓する。すると、なんか一見よさげな店が、辰巳新道を出てすぐにあった。「炭焼地鶏 団らん」。
e0094270_0435045.jpg

入り口からこっている。入ってみる。メープル材に間接照明中心のオレンジ色の色調、長い渡り廊下の向こうに席があるようだ。天井もすごく高い。こりゃこってるね。うん、内装は超門仲レベルだ。際か?レインズか?と思いながら、メニューを見る。とりあえず、ビールとお茶で乾杯。
e0094270_044855.jpg

基本メニューとは別になっている、本日のおすすめメニュー。白子ポン酢、アンキモ、生牡蠣。うん、やるねぇ。ここら辺全部頼む。すると、どう考えても日本酒だ。えい、一気にビール飲んで日本酒をオーダー。季節のお酒一合 ¥580なるものをチョイス。能書きは、「日本酒に旬あり。という訳で季節毎に、適した地方、蔵元から、旨き酒を取り寄せてご案内致しております。おたずねください。」だそうだ。で、たずねる前にモノが来てしまった。
e0094270_0445591.jpg

今更ながら、たずねてみよう。歩いている兄ちゃんを捕まえて、聞いてみる。「この季節のお酒って、何?」「彩霞です」ん?確かその名前、燗酒一合¥420だったはずだぞ。冷酒で何で値段が¥580に上がる??怪しい。更に聞く。「これって、どこのお酒なの?」「うーん。メニューに書いてあるから、見てください」(`・ω・´) シャキーン まあ、この時点では動かない。お前馬鹿だなぁ、こんなに怖い客にそんな態度とってどーするよ。

そこいらで仕切っている、妙にオーラのあるおっさんがいる。店長かなんかだろう。そのおっさんを呼ぶ。「あのさ、あの(指指して)兄ちゃんに今この季節のお酒何か聞いたら、彩霞だって言われてさ」「いや、違いますよ、○○の云々。。」「いや、そんで、それはどこの酒かって聞いたら、メニューに書いてあるから見ろって言われたんだけど」「え?そんなことあったんですか?だいたい彩霞の産地メニューに書いてないし」「しかも、メニュー見ろだよ、一体どういう教育してんの?」「大変申し訳ありません」

ひととおり文句を言って、すっきりして二人でまたお食事を楽しむ。このコは、りょうがこういう態度に出ても全く驚かない。そういう人間だって、よーくわかってるわけだ。ついでに一緒になって怒ってくれる。全く雰囲気が壊れたりしないのでありがたい。そんで、この店、何でもけっこううまい。大ぶりの生牡蠣は、潮の香りたっぷり。白子ポン酢も、実にまろやか。ホタルイカの沖漬けは、ちっちゃな入れ物に入って出てきたが、食っても食ってもなくならないほど沢山入っていた。しかもうまい。いや~大ヒット。いい店だ。二人とも、料理に舌鼓を打って大満足。

すると、先ほどの兄ちゃんが、おずおずと席に来た。「大変申し訳ありませんでした」でも、全然表面でしか謝ってない。目が死んでる。ここで、再び(`・ω・´) シャキーン。「あのさ、君、何をやったかわかってる?君は客の質問に対して、適当に答えて間違ったことを言った。その時点で、許されないよな。しかもその後、俺に自分でメニュー見ろって言ったんだよ、長年いろんな所で飯食ったけど、まともな店でそういう扱い、初めてされたよ。しかもその上に、そのメニューには、産地なんて書いてなかったわけだ。君はつまり、三重に過ちを犯してるんだよ。わかってる??」兄ちゃんをにこりともせずに問い詰める。すると、兄ちゃん。突然45度のお詫び。「申し訳ありませんっ!」ああ、ようやく心から謝った。表情が違う。そこで、りょうさん一気に態度を変える。「な、客を気持ちよく食わせるのが、バイトと言えども大事だろ?これからは、そういうことがないようにがんばってくれよ、また来るからさ。」何故か青春、兄ちゃんの手をとって握手。

兄ちゃんが行くと、今度はさっきのオーラおっさんが来た。「いや、なんかボーっとしてるコですみません」「いや、いいよ、彼俺に本気で謝ったからさ、もう全然平気。ところで、おじさん妙にオーラあるけど、店長?」「いや、オーナーです」なるほど!聞くと際でもレインズでも無く(笑)もう二十年はこの地で店やってる独立したオーナー経営者、この内装にしてからも7年になると言う。7年前にこの内装?最先端だ。すげえ。これはマジでいい店を見つけた。そして、オーナーからもう一杯の季節のお酒をサービス。最後までその銘柄が何だかわからなかったがw、多分オーナーも自分のこと覚えただろうし、おいしいし実にいい店だ。また来よう。次は、娘と一緒に。な?
[PR]
by ryouchanxp | 2005-11-15 20:47 | 外食 | Comments(2)
Commented by ナミちゃん at 2005-11-16 16:05 x
さすがですな。言いたくても言えないへたれなナミちゃんは羨ますい。
このお店、いつ行っても混んでる人気店で過去2回ほど入りました。
鳥の砂肝刺しとかあった気がする。
訊かれて無難に勧められるお店の1つですよね。
Commented by ryouchanxp at 2005-11-16 16:48
いや~こういう店で、オーナーとかに顔覚えられたのが財産でしょ~。
やっぱ、常連づら出来ると、ちょっと店の価値が違ってくるからね。
ナミちゃんの、某女装バーのように!!!
<< キャバ嬢の犬 第二次調布遠征~味覚自信喪失2 >>