ドリル

モンちゃん(モンステラ)が、今年(というかうち来てから)2枚めのドリル発生。
e0094270_14140402.jpg
見ての通り、直近2枚は左右で穴の数違うので、今度こそ左右対称の美しい葉っぱになっておくれ。

暗闇くん(アグラオネマ)は、なんと今週3つめのドリル発現、気づくともうドリルになってるってのが3回目。
ドリルになって3日後にはもう葉っぱになるから凄い。
e0094270_14154157.jpg
このコは、りょうの液肥原液攻めとかひどい虐待にあってるんだが、何故か弱ることもなく、
水やりを正常化したとたん(気候もあるのだろうが)、2週間位で葉っぱが4枚増えた。

そして、瀕死くん(カラテアエンペラー)は、メネペンアル標準の2倍(濃さ半分)葉水が悪さして新葉が片方枯れてる現象が多発していた
というか、夏の時期に出た葉は正常だったのだが、秋口あたりから葉がそんな風になるようになった。
多分、最初は蓄積もないしなんとか乗り切ってたんだろうけど、秋口になって飽和したのか、
でも規定の半分の濃度とはいえ、窒素リン酸カリを毎日あげてたらそりゃ肥料焼けするわw
それに気付いて(というかペンタガーデンPROが普通に液肥だと気付いてなかった俺はバカかw)やめてから、
急にドリルが多発するようになった。
e0094270_14191835.jpg
e0094270_14193084.jpg
e0094270_14194125.jpg
e0094270_14195813.jpg
ここ数日で4枚程度葉が開き、現在もドリル4つ。
現在は、玄米アミノ酸液2,000倍葉水にしている。

りょうの植物虐待歴:
アスプレニウムたん(*´Д`)ハァハァのハイドロ水やりをハイポ500倍メネペンアル標準のみで
 →新芽全部枯れて一枚も出てこない
暗闇くんのハイドロ水やりをハイポ500倍メネペンアル標準のみで
 →成長が異常に緩慢に(でも特に目立った悪影響なし)
壺エステスのハイドロ水やりをハイポ500倍メネペンアル標準のみで
 →上の葉のエッジが萎れ下の葉は葉先が枯れる、また新葉が異常な緑色
ビフルカツム4兄弟
 →その1、メネペンアル標準2倍(濃さ半分)の葉水を毎朝、弱っていた実験くん普通くんは葉先が枯れたがあとの2つは悪影響出ず
 →その2、実験くん普通くんを厳しすぎる太陽光に当ててしまい、2つとも瀕死
瀕死くん
 →メネペンアル標準2倍の葉水を毎朝、新葉のあとから開く方の側が軒並み萎れて枯れてでてきた
輿水くん(ハエトリソウ)
 →真夏の直射日光を一切避けずに当ててたため、なんか瀕死w

一方健やかすぎるほどうまくいってるライムくん(ポトス)、ぶっちー(チランジアブッツイー)、モンちゃん、
オキシカルジューム3兄弟なんかもあって、しかも今のとこ一鉢も枯らしてないから、神様許してねw

[PR]
# by ryouchanxp | 2017-10-19 14:31 | ガーデニング

芝刈り25mm&サブロール20ml1,000倍&ダコニール20ml1,000倍、20リットル

いよいよリール式芝刈り機でメインゾーン(飛び石左=メインゾーン左除く)を25mm芝刈り。
次回は20mmと低刈りアタック、少しでも新芽に光を当てたい。
もうそろそろ、13時半に完全に日陰に入るようになっちゃったからねえ。
日照は1番南側が多分20分程度、1番ベランダ側で3時間程度じゃないか?

メインゾーン左からサブゾーンについては、ロータリー式の芝刈り機で行う。
こちらは空中ブラブラ刈りなんで、刈高は適当w

さて、刈ったあとの芝ちゃんは?
e0094270_15162136.jpg
さび病の進行が止まってないのか、新芽の成長の一方見た目があまり変化しないという。
気になるのは中央の奥(南)の、ヌーブループラスとJ.ターフII混成地帯が枯れてきてること。
日照不足なのか、それともさび病なのか。

メインゾーン左(ヌーブループラス+J.ターフII)からサブゾーン(J.ターフII)、は?
e0094270_15171883.jpg
飛び石の間とか、ビロードのようだ。非常に美しー。
メインゾーン左は何故か手前飛び石の左上がハゲハゲ。
J.ターフIIとヌーブループラスダブル蒔きの場所にもかかわらず、
おそらく目土に4割スーパーグリーンフード入れた暴挙で大失敗。
サブゾーンについては、J.ターフの量がそもそも少なかったのでこんなものでしょう。
どうもしっかりムーンライトSLTが育っている模様。

そして当然、胞子拡散行為である芝刈りのあとには、散水+除菌。
本日は20リットルを投下すべく、1000倍に対し20mmという大量投与となったが、、、、、
サブロールこんな具合で使うとあっという間になくなるぞw
高いんだよなあこれ。

[PR]
# by ryouchanxp | 2017-10-18 15:21 | ガーデニング

フックン爆誕

今日ダイソー行ったら、なんかチランジアの入れ物の下がどっぷり水。
浸かってるやつ見てみると、なんか普通のチラよりだいぶ重いという。
こりゃ、もしかしたら丸一日とか半身浴してたんじゃね?

義を見てせざるは勇無きなりと、自分が出来るレベルで救出しようとひとつ買ってしまった。
全く知らない種類、名前がフックシー・グラシリスというらしい。
で、ともかく生還させるために、とりあえず外に干して、しばらくしたら、見た目が少し正常化した。
なんせ、透き通った多肉みたいなとこもあったから。
e0094270_18383692.jpg
で、次は?ちょっと忘れたが、以前初めてぶっちー買った時に調べてて見たサイトで、
「ボンドでくっつけるのはひどい、ひどいがちゃんと安定させるからメリット」
みたいなこと書いてある、達人的な人のブログを思い出した。

とりあえず、先日用もないのに買った流木にくっつけよう!
e0094270_18392811.jpg
だいたい、何で予定もないのに買うかね、だからこうやって、予定外の植物増加となるのだ('A`)
とりあえず絶望的な不器用を駆使して、テグスで着生予備。
e0094270_18403822.jpg
さーて、ここまでやったんだから、ちゃんと生き抜けよ?
ということで命名、フックン。
理由は言わずもがなw

しかしこれりょうの弱点だね。
ハエトリソウの器が余った、なんか流木買いたくなって買った、
そういうふうに、器が余る→入れるものに対する抵抗感が消失するw
困ったもんだ。

[PR]
# by ryouchanxp | 2017-10-17 18:42 | ガーデニング

防音性能

自分の記録のために、ひとつエントリー。

うちは、リノベーション前はこんな防音性能だった。
e0094270_12531135.jpg
限りなくDR-55に近いDR-50、というか250Hz以外はDR-55だw
なお、うちのスラブ厚は200mmなのだが、コンクリート200mm厚の遮音性能はTLD-53だという。
そして、こちらのサイトによると、DR値はTLD値より厳しいのだな、5dB~10dB低く出てるそう。
DRが50てことはもともと少し優秀じゃん。

それが、リノベーションでこうなった。
e0094270_20060057.jpg
まあ、笑えるわなw
先日D-70って書いたが、これほぼD-75だよね。

でだ、問題は、ベランダへの透過。
e0094270_13270028.jpg
なんとDR-35だという。
しかしこれ、よく見ると250Hzを少し、500Hzを普通に吸音したら、簡単にDR-45になるぞ。
なんせ、防音が困難な125Hz以下が、かなり高度に防音されてる、さすがは三重サッシ。
ようは、部屋からベランダへ筒抜けのこれね。
e0094270_13295211.jpg
外から見たらこれ。
e0094270_14301177.jpg
これをどうにかすれば、きっとベランダへの透過もDR-45レベルになるでしょう。
いよいよ完璧に近づく。

こちらに、小さい工事も請け負う大工さんにお願いして、ダイロートンあたりをこれら全部囲って、
下まで逆潜望鏡のごとく伸ばす処理をしたら、うまい具合に吸音管の中で吸音されるんじゃないか。
通気も当初通り確保できるし、きっとホコリは減るし、きっと素敵な結果になる。

例の件がうまくいったら、決行。



[PR]
# by ryouchanxp | 2017-10-17 14:22 | 音楽 映像

ニンニク栽培

第一陣が10月6日だったか、水耕栽培。
第二陣は多分10日位、現在のにんにくんの上に。
そして昨日第三陣発進。

第二陣が、あっという間に発根しまくったことから、
第一陣もにんにくんに合流、なんか飴色になってるんだが、、、大丈夫か?
e0094270_18150182.jpg
そして第三陣はいよいよ、セブンイレブンのサバ塩焼きのパックに赤玉オンリーで開始。
第四陣のスペースもありますw

ちなみに中央プランターに植えた丸のニンニクは、2/4の発根を確認。
e0094270_18212985.jpg
ひとつは植えた周辺にカビが発生、腐ったのだと思われる。
もうひとつは、そういうのもなくまだ土があるだけだった。
もし2個しか育たないなら、すげえ確率低いね。

追記:
プランターのニンニクがひとつ確実に死んだのを知り、急遽セブンサバ塩焼き皿に丸のニンニク追加
したら、なんか子供いたのでwそれも追加
e0094270_20500072.jpg

[PR]
# by ryouchanxp | 2017-10-16 18:15 | ガーデニング