<   2017年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ドリル

モンちゃん(モンステラ)が、今年(というかうち来てから)2枚めのドリル発生。
e0094270_14140402.jpg
見ての通り、直近2枚は左右で穴の数違うので、今度こそ左右対称の美しい葉っぱになっておくれ。

暗闇くん(アグラオネマ)は、なんと今週3つめのドリル発現、気づくともうドリルになってるってのが3回目。
ドリルになって3日後にはもう葉っぱになるから凄い。
e0094270_14154157.jpg
このコは、りょうの液肥原液攻めとかひどい虐待にあってるんだが、何故か弱ることもなく、
水やりを正常化したとたん(気候もあるのだろうが)、2週間位で葉っぱが4枚増えた。

そして、瀕死くん(カラテアエンペラー)は、メネペンアル標準の2倍(濃さ半分)葉水が悪さして新葉が片方枯れてる現象が多発していた
というか、夏の時期に出た葉は正常だったのだが、秋口あたりから葉がそんな風になるようになった。
多分、最初は蓄積もないしなんとか乗り切ってたんだろうけど、秋口になって飽和したのか、
でも規定の半分の濃度とはいえ、窒素リン酸カリを毎日あげてたらそりゃ肥料焼けするわw
それに気付いて(というかペンタガーデンPROが普通に液肥だと気付いてなかった俺はバカかw)やめてから、
急にドリルが多発するようになった。
e0094270_14191835.jpg
e0094270_14193084.jpg
e0094270_14194125.jpg
e0094270_14195813.jpg
ここ数日で4枚程度葉が開き、現在もドリル4つ。
現在は、玄米アミノ酸液2,000倍葉水にしている。

りょうの植物虐待歴:
アスプレニウムたん(*´Д`)ハァハァのハイドロ水やりをハイポ500倍メネペンアル標準のみで
 →新芽全部枯れて一枚も出てこない
暗闇くんのハイドロ水やりをハイポ500倍メネペンアル標準のみで
 →成長が異常に緩慢に(でも特に目立った悪影響なし)
壺エステスのハイドロ水やりをハイポ500倍メネペンアル標準のみで
 →上の葉のエッジが萎れ下の葉は葉先が枯れる、また新葉が異常な緑色
ビフルカツム4兄弟
 →その1、メネペンアル標準2倍(濃さ半分)の葉水を毎朝、弱っていた実験くん普通くんは葉先が枯れたがあとの2つは悪影響出ず
 →その2、実験くん普通くんを厳しすぎる太陽光に当ててしまい、2つとも瀕死
瀕死くん
 →メネペンアル標準2倍の葉水を毎朝、新葉のあとから開く方の側が軒並み萎れて枯れてでてきた
輿水くん(ハエトリソウ)
 →真夏の直射日光を一切避けずに当ててたため、なんか瀕死w

一方健やかすぎるほどうまくいってるライムくん(ポトス)、ぶっちー(チランジアブッツイー)、モンちゃん、
オキシカルジューム3兄弟なんかもあって、しかも今のとこ一鉢も枯らしてないから、神様許してねw

[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-19 14:31 | ガーデニング

芝刈り25mm&サブロール20ml1,000倍&ダコニール20ml1,000倍、20リットル

いよいよリール式芝刈り機でメインゾーン(飛び石左=メインゾーン左除く)を25mm芝刈り。
次回は20mmと低刈りアタック、少しでも新芽に光を当てたい。
もうそろそろ、13時半に完全に日陰に入るようになっちゃったからねえ。
日照は1番南側が多分20分程度、1番ベランダ側で3時間程度じゃないか?

メインゾーン左からサブゾーンについては、ロータリー式の芝刈り機で行う。
こちらは空中ブラブラ刈りなんで、刈高は適当w

さて、刈ったあとの芝ちゃんは?
e0094270_15162136.jpg
さび病の進行が止まってないのか、新芽の成長の一方見た目があまり変化しないという。
気になるのは中央の奥(南)の、ヌーブループラスとJ.ターフII混成地帯が枯れてきてること。
日照不足なのか、それともさび病なのか。

メインゾーン左(ヌーブループラス+J.ターフII)からサブゾーン(J.ターフII)、は?
e0094270_15171883.jpg
飛び石の間とか、ビロードのようだ。非常に美しー。
メインゾーン左は何故か手前飛び石の左上がハゲハゲ。
J.ターフIIとヌーブループラスダブル蒔きの場所にもかかわらず、
おそらく目土に4割スーパーグリーンフード入れた暴挙で大失敗。
サブゾーンについては、J.ターフの量がそもそも少なかったのでこんなものでしょう。
どうもしっかりムーンライトSLTが育っている模様。

そして当然、胞子拡散行為である芝刈りのあとには、散水+除菌。
本日は20リットルを投下すべく、1000倍に対し20mmという大量投与となったが、、、、、
サブロールこんな具合で使うとあっという間になくなるぞw
高いんだよなあこれ。

[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-18 15:21 | ガーデニング

フックン爆誕

今日ダイソー行ったら、なんかチランジアの入れ物の下がどっぷり水。
浸かってるやつ見てみると、なんか普通のチラよりだいぶ重いという。
こりゃ、もしかしたら丸一日とか半身浴してたんじゃね?

義を見てせざるは勇無きなりと、自分が出来るレベルで救出しようとひとつ買ってしまった。
全く知らない種類、名前がフックシー・グラシリスというらしい。
で、ともかく生還させるために、とりあえず外に干して、しばらくしたら、見た目が少し正常化した。
なんせ、透き通った多肉みたいなとこもあったから。
e0094270_18383692.jpg
で、次は?ちょっと忘れたが、以前初めてぶっちー買った時に調べてて見たサイトで、
「ボンドでくっつけるのはひどい、ひどいがちゃんと安定させるからメリット」
みたいなこと書いてある、達人的な人のブログを思い出した。

とりあえず、先日用もないのに買った流木にくっつけよう!
e0094270_18392811.jpg
だいたい、何で予定もないのに買うかね、だからこうやって、予定外の植物増加となるのだ('A`)
とりあえず絶望的な不器用を駆使して、テグスで着生予備。
e0094270_18403822.jpg
さーて、ここまでやったんだから、ちゃんと生き抜けよ?
ということで命名、フックン。
理由は言わずもがなw

しかしこれりょうの弱点だね。
ハエトリソウの器が余った、なんか流木買いたくなって買った、
そういうふうに、器が余る→入れるものに対する抵抗感が消失するw
困ったもんだ。

[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-17 18:42 | ガーデニング

防音性能

自分の記録のために、ひとつエントリー。

うちは、リノベーション前はこんな防音性能だった。
e0094270_12531135.jpg
限りなくDR-55に近いDR-50、というか250Hz以外はDR-55だw
なお、うちのスラブ厚は200mmなのだが、コンクリート200mm厚の遮音性能はTLD-53だという。
そして、こちらのサイトによると、DR値はTLD値より厳しいのだな、5dB~10dB低く出てるそう。
DRが50てことはもともと少し優秀じゃん。

それが、リノベーションでこうなった。
e0094270_20060057.jpg
まあ、笑えるわなw
先日D-70って書いたが、これほぼD-75だよね。

でだ、問題は、ベランダへの透過。
e0094270_13270028.jpg
なんとDR-35だという。
しかしこれ、よく見ると250Hzを少し、500Hzを普通に吸音したら、簡単にDR-45になるぞ。
なんせ、防音が困難な125Hz以下が、かなり高度に防音されてる、さすがは三重サッシ。
ようは、部屋からベランダへ筒抜けのこれね。
e0094270_13295211.jpg
外から見たらこれ。
e0094270_14301177.jpg
これをどうにかすれば、きっとベランダへの透過もDR-45レベルになるでしょう。
いよいよ完璧に近づく。

こちらに、小さい工事も請け負う大工さんにお願いして、ダイロートンあたりをこれら全部囲って、
下まで逆潜望鏡のごとく伸ばす処理をしたら、うまい具合に吸音管の中で吸音されるんじゃないか。
通気も当初通り確保できるし、きっとホコリは減るし、きっと素敵な結果になる。

例の件がうまくいったら、決行。



[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-17 14:22 | 音楽 映像

ニンニク栽培

第一陣が10月6日だったか、水耕栽培。
第二陣は多分10日位、現在のにんにくんの上に。
そして昨日第三陣発進。

第二陣が、あっという間に発根しまくったことから、
第一陣もにんにくんに合流、なんか飴色になってるんだが、、、大丈夫か?
e0094270_18150182.jpg
そして第三陣はいよいよ、セブンイレブンのサバ塩焼きのパックに赤玉オンリーで開始。
第四陣のスペースもありますw

ちなみに中央プランターに植えた丸のニンニクは、2/4の発根を確認。
e0094270_18212985.jpg
ひとつは植えた周辺にカビが発生、腐ったのだと思われる。
もうひとつは、そういうのもなくまだ土があるだけだった。
もし2個しか育たないなら、すげえ確率低いね。

追記:
プランターのニンニクがひとつ確実に死んだのを知り、急遽セブンサバ塩焼き皿に丸のニンニク追加
したら、なんか子供いたのでwそれも追加
e0094270_20500072.jpg

[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-16 18:15 | ガーデニング

予備校の先生と浜松町魚金

昨日は、6年ほど前に、確かミクシで最後に知り合ったコ?34歳とお食事。
今LINEで調べたら、1月、6月、そして昨日10月とだいたい4~5ヶ月に1回、
必ずw浜松町魚金でご飯食べてる。

初めて会ったのは恵比寿、待ち合わせ直前に「サングラスしたガラ悪い女が歩いてたら私です」とかw
そして、一発でわかった

当時はパチ屋の店員で、歯科助手かなんかのバイトを探してたか、もうなってたか。
そして、その後歯科衛生士になるために予備校に行って、見事合格してナース帽の画像送ってきた。

そして現場で1年歯科衛生士やって、何故か出身校のマネージャーからスカウトされ、
今はその予備校の先生になって1年半。
極めて高い実績及び、上層部の評価を勝ち得ている。

そんな彼女の成長日記を、4~5ヶ月に一度聞いて、りょうなりのアドバイスなど話す。
前の彼氏とは、3人で食事もしたし、今の新しい彼氏の存在もよく知っている。
まあ、非異性関係友人の典型的なヤツ。

なんという、幸福な時間だろう。
なんという、素晴らしい関係だろう。

彼女は今後、きっと所属企業の、最低でも校長クラスになるだろう。
非常に実力主義に傾斜しているので、短期でどんどん昇格する。
パチ屋のバイト時代からりょうも含め、何故かマネジメント層の社会人から大切にされる彼女、
最初から、そういう存在だったのだろう。

彼女には、深刻な、激痛レベルの日々を過ごした過去がある。
およそ、精神に異常をきたしかねない次元の、悲劇と惨劇の過去。
でも彼女は、それを耐え抜いた。

かつて、運命というエントリーを書いた。
それを、まんま地でいく彼女。
いつまで、彼女の成長に寄り添えるのだろうか。

そんな、幸福と不安の入り混じった気分で、今日という日を過ごした。


[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-15 23:50 | 外食

名前をつけよう

うちではビフルカツム4兄弟?に元祖くん、実験くん、普通くん、苔玉くんと、
妙な名前つけているが、他の植物から、俺にも名前つけろとクレームが、、、嘘だがw

ここ数ヶ月、いろいろな植物関係のブログ等を見てると、植物に名前つけてるケース少ないよね。
そんなきめえことする人少ないのが何故なんだろうと、だって大事なら名前つけたいじゃん、きめえけどw
だからあえて、今回全部名前つけてやろうとwww、挿し葉等のもの除いて。

ということで、定点観測を今日から開始するとともに、基本的な全植物に命名を行った。

まずはオリヅルラン。
煮干しくん。
e0094270_10550556.jpg
初めて玄関に置いたときこうなってて、
e0094270_12055672.jpg
この画像を思い出したから。
e0094270_11042171.jpg
次、由美ちゃん。当時日銀に務めてた由美ちゃんがくれた幸福の木の器に入ってるからw
e0094270_10551488.jpg
次、寄合くん。寄合ぽいから。
e0094270_10565038.jpg
次はオキシカルジューム。

まず、綾鷹くん。綾鷹だから。
e0094270_10553291.jpg
次、ピンクちゃん。ピンクだから。
e0094270_10552724.jpg
次ラタンくん。ラタンに入ってるから。
e0094270_10561160.jpg
次、ヒポエステス。

壺エステス。見たまんま。
e0094270_10561813.jpg
カプエステス。壺エステスの派生だから。
e0094270_10562767.jpg
次はヘデラ・ヘリックスね。

にんにくん。ニンニクと同居してるから。
e0094270_11001940.jpg
カーテンくん。カーテンにしようとしてるから。隣のワイヤープランツは毛布くん、毛布にしようとしてるから。


e0094270_11132761.jpg
次、アグラオネマの暗闇くん、過信して買った当初ほぼ暗闇で1ヶ月過ごさせたのに葉っぱ3枚落とした以外元気だったから。
e0094270_09024822.jpg
次はアスプレニウムの、アスプレニウムたん(*´Д`)ハァハァ。そんな感じだから。
e0094270_11001451.jpg
次、カラテア・エンペラーの瀕死くん。瀕死だったから。
e0094270_10560617.jpg
次はサンセベリアの不死鳥くん。15年以上のハイドロ攻めと3ヶ月の野ざらし・零下2.3℃を耐え抜いたから。
e0094270_10564238.jpg
次ストレリチアの不詳くん。レギネかニコライかはっきりしないから。
e0094270_10565543.jpg
次、チランジア・ブッツィーのぶっちー。可愛く言っただけw
e0094270_10572173.jpg
次ディスキディア・ペクテノイデスのワインくん、ワインクーラーに入ってるから。
e0094270_10554509.jpg
次宿根朝顔の暴君ブルー。ブルーになるほどうちの庭で暴君だったから。オーシャンブルーという別名もあるので。
e0094270_11201721.jpg
次はパキラとムラサキオモトの寄せ植えの戸愚呂兄弟。ムラサキオモトが兄でパキラが弟ね。珍しくオリジナリティー無視w
e0094270_10570485.jpg
次ハエトリソウの輿水くん。腰水だから。
e0094270_10571289.jpg
次ポトスライムのライムくん、何のひねりもねえw
e0094270_10553991.jpg
モンステラのモンちゃん、このブログ記事が痛く気に入ったから。
e0094270_10563687.jpg
あとは例によってビフルカツム4兄弟、まず長兄元祖くん。最初に買った板付だから。
e0094270_10572962.jpg
次はネザーランズの実験くん、板付がとても実験的だったから。
e0094270_10573460.jpg
普通くん、普通の板付だから。
e0094270_10574297.jpg
苔玉くん、苔玉だからw
e0094270_10575117.jpg
芝については、それぞれの品種名で呼びますww

[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-15 11:27 | ガーデニング

越冬体制、完了

気温が普通に15度を下回るようになったので、もう観葉植物を外に出すのは停止。
恐怖!3重サッシwに守られた我が家のメインルーム、真冬でもだいたい18℃位にしかならないのだ。
現在江東区の気温は15℃、さて我が家は?
e0094270_11210122.jpg
こちらで、熱帯出身の観葉植物たち、健やかに過ごしてもらう、特に瀕死のネザーランズな。
ということで、先日の冬支度がいよいよ、真価を発揮すべき時期だ。

全景、二枚の写真の合成w
e0094270_10281108.jpg
植物育成用ライトは5つ、うち3個はガチの植物育成ライトで、
ビフルカツムネザーランドのふたつ(右端)と、ディスキディア・ペクテノイデス(左端)を照らす。
残りは東芝キレイ色が壺ヒポエステスで、もうひとつ昼白色に近い電球色のスポットを、モンステラ。

で、左の細直立白塗り?wの後ろに、普通に太陽目当ての元祖くんがいる。
e0094270_10301332.jpg
引っ掛けやすい突起があるんだなこれw
そして右白塗りの後ろには、同じように日差し目当てで突起にひっかけたチランジア・ブッツィー。
e0094270_10310595.jpg
外から見た右側。
e0094270_11070748.jpg
ネザランズは本棚の扉に掛かっているわけだが、それを開くことで窓方向に向けられる。
そこに横(というかほぼ窓と反対側)からもガチ植物育成ライトの強い光が当たる感じ。
e0094270_11224097.jpg
外から見た左側。
e0094270_11090334.jpg
これに、あと外にいるサンセベリアをオルトラン処理後にしまいこんだら、
水やりや葉水の時以外は、後述のストレリチアを除きサンセベリアとこいつらは室内で冬越し。

一方、元祖くんの下に写ってるストレリチア(多分ニコライ)は外に出して、
現在ニンニクのヘタの栽培苗床と化してLDKwの靴棚にいるヘデラ・ヘリックスも外に出て、
e0094270_11371229.jpg
現在外にいるパキラ・ムラサキオモトの寄せ植えや、謎のオリヅルラン寄せ植え、宿根朝顔とともに、
我が家のベランダで戸外冬越しチャレンジ。

勝算はある、りょうにはペンタガーデンPROという強い味方がついているのだ。
我が家の芝で、耐陰性について非常に効果を上げているこれ、
実は耐寒性についても、大変高い効果が得られるという。

もともと越冬しまくったオリヅルランランナー出身のオリヅルラン寄せ植えや、
数年間うちの庭を占領し尽くした宿根朝顔、そして元は野良のヘデラ・ヘリックスは当然のこと、
限界0℃~5℃のパキラ、5℃のムラサキオモト、おそらく5℃のストレリチア・ニコライであっても、
ペンタガーデンPRO、というかALAの力で-3℃位までなら、当然に乗り越えてくれることでしょう。

[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-14 12:24 | ガーデニング

庭のケイトウ、左から。1番左。
e0094270_13393982.jpg
写真だとわかりづらいが、もうバケモノです、はいw
その右。
e0094270_13240135.jpg
うちに来た時の可憐なロウソクのような面影などなく、准バケモノです今や。
その右。
e0094270_13250007.jpg
左から2番めなんて、荒れ狂ってますwその左右と、1番右から二つ目は、珍しく生育が悪く、アンプル挿してます。
とまあ、フェンスプランターについては失敗極まりない感じな我が庭なんだが、この下。
南側に面していて、特に1番左は芝生が絶対に生えないほど暗く、その右も陽当りは非常に悪い。
過去の庭写真が少し残ってるのだが、
e0094270_13284332.jpg
e0094270_13313016.jpg
まあ、普通に日本芝は絶対無理だったし、西洋芝もかなり怪しいと思うわけだが。
今やこうだ。
e0094270_13360884.jpg
2写真の合成だが、実によくカバーされているのがわかるだろう。
ここ、玉竜とかもやってみたのだが、全くダメだったのだ。
オリヅルラン、優秀過ぎるよね。

[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-13 23:00 | ガーデニング

ライティング

我が家は、非常に謎な家だ。

間取りは、三井のリハウスが言うには2DKwwww
団地かよwww

しかし、我が自宅は元は3LDK。
へ?Lと1部屋どこいった?というw

そしてうちには、不動産屋が決してDKとしか認めてくれない自称LDKという部屋がひとつある。
それは、Lがリビングではない、ライブラリー、書斎なのだ。これなw
e0094270_18501900.jpg
書籍がない?そりゃ20世紀の書斎だよ。
21世紀の知識の源はネットであり、ネットのアクセス力が極めて高いことが書斎の条件だろう。
この部屋は、自宅ギガビットイーサ網の中核であり、下り43Mbpsのインターネットをコントロールする、
我がメインPCを含む2台の強力なPCと高品質な音響を備える、マルチメディア時代の最強書斎なのだ。

そして、ライブラリー「ダイニングキッチン」。
21世紀のオサンの一人暮らしにおいて、これほど日常を快適に過ごせる空間はまれだ。
なんせ、PCを中心としたデスク周り、椅子の左からは座って開けられる冷蔵庫?w
右には普通の3LDKにある規模のキッチンがある。
ワンルーム感覚で過ごせる、これぞ21世紀の新リビングルームの姿であると断言する!!!

とまあおいといて、もうひとつ我が家が他人の家とは違うところ。
それは、限りなくリビングルームにしか見えない、「メインルーム」という部屋がある。
広さにして15畳の部屋であり、自分が誇る最高の部屋である。
何故リビングではないのか?それはリビングなどとは言いたくない機能を持つ部屋だからだ。
それは、20畳の面積を15畳に減らして実現した、非常にコスパの悪い部屋w
しかし、遮音等級測定不能wという異常な防音機能を持つ。
e0094270_20060057.jpg
まあD-70だとしてだ、こちらを見るとそれが凄まじいことがわかるだろう。
・ジェットエンジンの近く → ・静かな事務所
・自動車のクラクション(2m) → ・市内の深夜
・電車が通るときのガード下 → ・郊外の深夜
・カラオケ(店内中央) → ・ささやき
こんな部屋だw
そして暗騒音が30dBレベルなので、下の2つはもはや聴こえないw

加えて、自分が高校生の頃からこりまくった室内照明。
実用的な植物育成ライトと、読書・食事(未登場)ライトを除いた、日常環境照明がこれ。
e0094270_18291357.jpg
照らしているのは右のライトではなく、天井のスポットライト。
後光のようなのは、壺が置いてあるブツ(謎)の裏にある照明。
e0094270_18290886.jpg
左白塗り?wの裏にあるカーテンを照らす間接照明と別に、モンステラを横から照らして影をつくる照明。
本棚(ビフルカツムが掛かってる白黒白黒の上下8枚の扉がある物体)の上からも明かりが。
e0094270_18292756.jpg
こちらもメインは天井スポットライトからの照明、椅子の間からのランプからのライトアップも非常にいい雰囲気。
e0094270_18293743.jpg
オブジェとして異常な数吊るしたSカンを有するワイヤーボード、これも天井のスポットライトとランプからライトアップ。
e0094270_18294335.jpg
これ、照射角10度の超狭角ライトが照らす、謎ラック上の観葉植物。
e0094270_21042432.jpg
これぞオリジナル、自慢のラタンラック照明w
e0094270_18300936.jpg
今井俊満・花鳥風月の絵とB&Wの看板wを照らすスポットライト。
e0094270_18301719.jpg
お酒コーナーの棚にはブルーのステンドグラス。
e0094270_18300078.jpg
ライブラリーダイニングキッチンに通じる窓とその上の棚を照らす安いスポットライト。

自分で言うのもナンだが、上手いと思うw
これに、現在導入中の、極めて魅力的な観葉植物たち。
そして現在白塗りしてるブツ、謎のラックにあるブツが加わると、この部屋はまさに、地上の楽園となるのだ。

そうそう、「恋ダンス」の星野源の恋のPV、色調やデザイン、りょうのメインルームにクリソツ。
でもこの部屋、設計したのは去年の10月だし、写ってないけど黄色い椅子も10年以上前からあるw
むしろ、星野源がりょうの真似をしたと断言したいが、、、、知ってたわけねーしw

[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-12 18:48 | 生活の智恵