<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

運命パートⅡ

別にブログも某SNSもやめたつもりは全くないのだが、
毎日10時間以上PCとにらめっこしていると、家に帰ってPCと向き合う気が失せるので、
随分ご無沙汰しているわけだが、
まあ今年最後ということで、今年起きた不思議な出来事について触れて、今年を締めくくろう。

パートⅡがある以上、当然パートⅠがあるわけだが、
もし読んでいないという人は、絶対読んで欲しいし、読んだ人もよければもう一度読んでみて欲しい。
今回の話の大前提だし、多分、この世の誰も教えてくれない、とても正しいことが書いてある。
上から目線で申し訳ないが、まちがいなく本当だと思うから。

さて、何でパートⅡかというと、またまた不思議なことがおきたのだ。
りょうは今まで、転職に苦しんだことが二回ある。
逆の言い方をすれば、5回の転職のうち、3回は何の苦労もなく、お声がかかって転職した。
ちなみに、結局は残りの2回もどっかしらからかお声がかかって転職となったのだが、
その過程において、全く自分の希望どおりの口が見つからず、絶望的な気分になった。
2回目はご存知今年の2月からの9ヶ月。
そしてもうひとつは、2年半前の夏のことだった。

当時のりょうは、某国大手メディア日本現地法人だが社員わずか10人の零細企業の副社長、
仕事はしていたが当時の社長の人格においてもう嫌悪感以外抱けず、
ともかく生理的に会社に向かうのが苦痛だった。
ただ、当然の如く収入は大変wよかったので、魅力的な転職先がない限りは、辞めるわけにもいかない。
なるだけ社長と絡まないプロジェクトを一人で実行して(どこが副社長だw)それなりに活躍していた。
しかし、そんな態度が気に入らない社長さん、人の成果にぐちゃぐちゃ口を出してくる。
もう、吐き気すら催す状態だった。
辞めたいボルテージは、レッドゾーン振り切っていた。

そんな中、りょうは一応、ということで人材斡旋会社に行ってみることにした。
しかし、たいした手ごたえも感じられなかった。

次に、突然父親が自分が知る限り初めて入院した。
りょうは仕事の合間にお見舞いに行った。
そこで、仕事の話などをした。

そんな中、このコからメールが届いた。
3年ぶりだっただろうか。

すると、突然極めて魅力的なポジションで、りょうをひっぱる人が出てきた。
まあ、そんなわけで、晴れて転職がかない、異常人格者の社長さんとおさらばできた。
辞めると言ったら2時間くらい恫喝されたが、そんなことでひるもわけもなく。
りょうがいなくなって、さぞかし困っただろう、自業自得だ。



そして、今回は、より深刻だった。だって仕事してなかったわけだし、貯金も全てなくなってたし。

さて、8月くらいだっただろうか、さすがにこのままじゃ本当に自己破産だと思っていたら、
「縄文アソシエイツ」という某著名人材斡旋会社からお声がかかった。
とりあえず、何回か縄文に足を運んだが、何ら進展せず。

そしたら、突然父親が2年ぶりに入院した。
りょうは時間を束縛するものは何もないので、普通にお見舞いに行った。
そこで、仕事の話などをした。

まあ、こう来るともしかして?と思っていたら、案の定、このコからメールが届いた。
2年ぶりだ。

さすがにここまで重なると、何かあると思うだろう。

そう、今回某マイミクさんからお話を頂いたのは、この3つの後なのだ。

不謹慎だが、就職活動を始めて、父親が入院して、かつての愛人からメールが来ると仕事が見つかるらしいw
偶然にしては、出来すぎだ。

さて、パートⅠでも述べたが、りょうはまるで運命に導かれるように、転職する。
今度の会社は、経営トップ(文中上司の上司って言ってる人w)が、りょうとまるで正反対の人だ。
悪い言い方をすれば、りょうのビジネス上の長所に当たる部分を全く持っていない。
それは、ロングスパンの中の現在地の把握、そして全体最適の中の部分最適の構築。
全体最適というのは、なんか話によると3年くらい前にはやった言葉らしいが、
りょうはこの言葉を1990年代からヘビーに利用しているので、流行遅れとか言わないで欲しい。
おそらく、この言葉の本質を理解できる人間が極めて少ないことが、この言葉を「流行語」にしたのだろう。
それはともかく、今度の会社の話。
彼は目の前にあるものに徹底してこだわる。
そのこだわりが、大変に素晴らしいものを作り上げるので、それが悪いわけではない。
しかし、それだけでは、企業は方向性を誤る。
というか、いくつも誤っているwww
果たして、自分がこの会社において、自分が持つ能力を発揮する機会が来るのだろうか。
少なくもと、間違いなく自分はこの会社が致命的に持っていないものをもってこの会社に来た。
運命は、再び自分に何かをさせようとしているように思える。

一方で、自分にとって今回の会社は、ここのところ恵まれなかった経営トップを含め大変に魅力的だ。
不満なのは、収入とポジションwだが、そりゃ自分でなんとかすればいい。
自分の力でどうにもならない部分、例えば社長とか社風とかが、文句なく満足できる仕事なんて、そうそうないだろう。
そういう意味では、この運命かもしれない転職を導いてくれた某マイミクさん、
本当にありがとうございました。

そして、もうひとつ。

今年りょうが感じたもうひとつの運命

今年得たまちがいなくりょうの人生最大の宝物、彼女ちゃん。

ところで、今まで、りょうはどちらかというと、先方にとって運命の人間だった。
そのコを支えるため、そのコを救うため、そのコが飛躍するために、そのコに出会ったように思う。
でも、彼女ちゃんは違う。
それが最近よくわかった。

彼女は、りょうが持つ様々かつ莫大な欠点の数々を、りょうに教えてくれる。
あまりにみっともないので、こんなところで書けやしないが、
りょうは本当に欠点の多い人間なのだが、これまでそれを指摘する人もいなかったし、
そしてそれを自分自身が欠点だと思っていなかった。
だって、そんなこと気にしなくても、何の問題もなくうまく行ってたんだもの。
ところが、それは根本的にうまくいっていないからこそ、ここのところ多くのトラブルに見舞われた。
直接は無関係でも、どこかでこの現象はそういう、りょうの数多くの欠点から引き起こされていると思う。

それを、気付かせてくれた。

多分、彼女以外の人に言われても、りょうは絶対にその人を「論破」して終わるだけだろう。
それ位の自信過剰だ。
でも、彼女ちゃんが言うと、抵抗を感じても、直そうと思う。
それが彼女の不快感になるのなら、それが彼女が正しくないと思うのなら、
それは直そう。

そんなことをりょうに思わせてくれるのも、やはり彼女以外この世に誰一人いないと思う。
それくらい、自分は今まで作り上げた自分に、自信を持っていたのだ。
それを超えられた人。
間違いなく、りょうにとって、彼女は今、運命の人だ。
そして、この運命を、今自分は一生離したくない。

でも、多分、この運命が離れていくかどうかは、今回だけは自分にかかっているように思う。
だって、これは今までと違って、自分のために神様がくれた運命だから。
他の誰のためでもない、自分のための。
[PR]
by ryouchanxp | 2006-12-31 22:18 | 恋愛論

人間の能力のPCへの例え方

最近お仕事を始めたりょうは、現上司で誘ってくれたマイミクさんの更に上司に当たるYさんと本日、
午後13:00時から20:30まで、なんと7時間半に至るミーティングをしていたのであった。
上司の上司であるYさんw、お疲れ様でした、見てるわけないけどwww

そこで、少し面白い会話があったので、ご紹介。

りょうは、昔から人の能力をPCに例えた考え方をしている。
すると今日、雑談でYさんと話している時に、社内のある方(Zさんとする)の能力の話が出た時、
YさんもZさんの能力について、PCに例えて話し始めた。

「Zさんは、確かに取引先「J」の「Aさん」と比べたら、概念の展開力に劣るんだけど、
 それって、PCで言えばメモリが足りないだけで、CPUはホントに性能いいんですよ、
 人間もPCと同じで、CPUとメモリとハードディスク、それぞれの能力があると思いません?」

面白い考え方で、りょうは同じPCでももっと単純な例え方をしていたので、大変参考になった。

そしてその後、本来のテーマである、ここ2週間のミッションの成果物をYさんに見ていただくと、
その出来具合を、「素晴らしいです、感動しました」と大変喜んでいただいた。
おお!上司の上司に喜ばれた!りょうを誘ってくれたマイミク上司の顔も立っただろう。

そこでりょうはすかさず謙遜した。

「いや、単にそういうのをうまく作れるソフトが、自分にインストールされてるだけですよ、
 さっきの話って、CPUとメモリとHDD以外に、ソフトもあると思いませんか?」
そうなのだ、りょうは昔から人を、ハードとソフトで例えていたのであった。
例えば、「どんなに優れているPCだって、ソフトがろくに入ってないと、たいして使えない」とか。

ということで、明日からはYさんもりょうも2人とも、PCで人を例える時には、
CPU、メモリ、HDD、ソフトと4つのファクターで例えるだろうし、そしてりょうはより緻密に、
Yさんはより合理的に人をPCに例えることが出来るだろう。

ちなみに、いろんな例え方ができる。
「あのPCはCPUの性能低いから、このソフト入れてもまともに動かないでしょ」(頭の回転)
「このソフト起動するとメモリ不足でよくフリーズするよね」(右脳的認識力不足)
「CPUは性能いいしメモリも積んでるんだが、HDDの容量不足でこのソフトは入れられない」(蓄積知識と理解力)
「このPC古くて性能悪いけど、使い勝手のいいソフトいっぱい入ってるから便利だよね」
(多タスク熟練度)

そんで、こんなこと書いてるとまたいろいろ思いついちゃった。

「このPCセキュリティソフト入ってないから、仕事させんのものすげえ危ない」(素行問題)
「このPC今時インターネット接続してないの?いつの時代だよ!」(根本的ITスキル)
「このPC冷却機能問題あって、すぐ熱で暴走するんだ」(わかるよねw)

ところで、この例えについての捉え方で大変鮮明になるのが、自分とYさんの人としての特徴だ。
りょうは、大雑把である。
それも、生半可ではない。

今の会社に入った後SPIというのを受けたのだが、
このテストでりょうが一番点数が低かったのは、要はテキトーさをはかる項目だ。
まあ別に高いからいいわけではないが、低いと、「細かなことは気にしない、物事に動じない」、
高いと「繊細、感情がこまやか、心配性、神経質」なんだそうだ。
そしてりょうは、この数値は「40点」=偏差値40である。
いわゆる統計学的分布によると、40という意味は下から16%ということだ。
つまり84%の人は、りょうより繊細で感情がこまやかということになるのだ。
つーか、どんだけテキトーなんだよオレw。

そういう意味では、物事について突き詰める能力がとても高いYさんと、
何事もより広い視点でとらえようとする自分との個性が出た。
逆の言い方をすれば、自分よりは視野が狭いかもしれないYさんと、大雑把すぎる自分とも言える。
ということで、意外にもYさんと自分とは、非常に補完性が強いというイメージも持った。
自分の直の上司となる(既にこれがギャグなんだが)マイミクさんも含めて、
とても生産性の高いチームになれるように思った休日出勤であった。
[PR]
by ryouchanxp | 2006-12-02 22:37 | 生活の智恵

恋愛心理テスト?

彼女ちゃんが恋愛心理テストやってたので、りょうもやるのだw

◆あなたの性格
社交的
ムードメーカー的存在で誰とでもスグに仲良くなれるお調子者。一人で家に居る事がほとんどなく、いつも誰かと一緒。実はとびっきりの寂しがりやで、一人だと弱いタイプ。

2月中旬から完全な無職で他の社会活動も一切無し、
つまり9ヶ月近くほとんど1人で家にいた完全な引きこもり系ニートだったわけだが。
でもまあ、後半はまああたっとるな。

◆恋人に望む物
家庭
あなたは安定した生活を望んでいるタイプ。常に家庭を大切にしてくれる優しい心の持ち主を結婚相手に選ぶでしょう。悪く言えば、容姿なんて二の次です。ホラ、恋人の顔を御覧なさい♪…本当にこれで良いの?

りょうは自他共に認める究極の面食いだし!
だいたい、おまい俺の彼女にものすげえ暴言吐いてるんだが、わかっとるか?w
しかし、そこを除けばあたっとる。

◆別れた時
ズット忘れられないタイプ
別れた相手の事が忘れられず、ずっと想いを寄せてるタイプ。新しく恋人が出来ても、「やっぱり前の恋人の方が良かったよ…」なんて愚痴をこぼすでしょう。愚痴を聞かされる友達の気分も考えてみなさい。今をもっと大切に!

ふむ、これも前半は極めて該当している。
しかし、根本的にりょうは愚痴は滅多なことでは言わない人なのでね。
間違いなく言えるのは、上記の如き下らない愚痴は、生涯一度も言ってないし、
これからもずっと言わないだろう。

なんとなくだが、これまでの設問て、りょう(回答者)の人間としてのレベルがとても低ければ、
どれもかなり該当しているように思うぞ。
例えば、確かに凄く寂しがりやだけど、一方で精神的にとても強い人間なので、
寂しくてもそれを紛らわすために人に迷惑かけることをよしとしないとか、
家庭を極めて重視しているものの、それでもそんな中から鬼のように可愛いコと付き合えるとか、
思い出をずっとひきずっても、それを愚痴るほど人としてのレベル低くないとかな。

◆結婚願望
かなり強い
結婚願望強すぎ!「結婚したい!」と聞かされ続けて、田代もビックリの”耳にタコ”状態の友達や恋人の気にもなってみなさい。願望が強すぎると婚期が遅くなるので程ほどにね。

強いよ。
悪い?
これも、またレベルが低ければ当たってるわけだが、
強かろうがそんなことを耳タコで言うほど馬鹿じゃないのよりょうは。
でも隠すほどシャイでもないから、ナチュラルに話してる。

◆恋愛におけるエッチの比重
高い
デートの日はかかさずエッチをするタイプ。何ならデートはエッチのためで、あとは全てオマケ的扱い♪
エッチ=愛情表現な分かり易い考えの持ち主!

(*´д`*)

◆恋人に対する態度
放任主義タイプ
「恋人のことは恋人のこと、自分のことは自分のこと」な、反ジャイアン的考えの持ち主なので、恋人からは逆に冷たいと思われてしまいがち。

そんなこたー100%ない!
いっつも彼女のこと気にしてるし、不安だ、あんな奴だし!www
なんか、回答のレベルが急激に落ちた?

◆ストーカー度
絶対にストーカーにならないタイプ
良く言えば、ストーカーにはならないのですが、悪く言えば人に対して無頓着、まるで機械のようにしか考えていません。もっと人間らしい感性を持てるように努力して下さい!

5年もひとりの女のコを、誰とも付き合わずに追いかけたりょうは、
今の概念で言えば強烈なストーカーと言うのでは?
だいたい、◆別れた時 の回答と180度矛盾するじゃんよ。
おまい、ちゃんと矛盾しないアルゴリズムつくれよ。

◆一生で体験するエッチの人数
6人

既にその15倍はいるかと存じますが何か?

◆あなたの好きな体位
バック

全く好きじゃないので、ほとんどしたことないですが?

◆恋人から思われていること
どした?

それは、りょうが恋人に思う言葉では?

◆恋人に謝る時の態度・言葉
懇願

それは正しいw

◆初エッチ前のあなたの心境
やだなぁ。

あり得んwww

◆一番大切・好きな人
あっこさん

ヽ(゚∀゚ )ノ 

◆好きではないけど、キープしておきたい人
みゆさん

ある契約」つー日記に出てきたコね。
いや、かなり好きなんだがな。
もう会えないからなw、キープしたいっちゃしたいんじゃないか?

◆信頼できる人
娘さん

今、マジで一番信用してないんだが?w

◆異性としては見ていない人
ひよこさん

うむ、異性以前に人間というよりは鶏だしな。

◆あなたに気がある人
チッ○のTさん

それは、100%ない。あって欲しいんだがw

◆ローレル指数(改)
145でプチデブ体型です
自分のことをデブと認める勇気を持ちましょう。誰が何と言おうと本心理テストはあなたをデブに認定します。

認めます(ー_ー;)



===========================================

んで、前にkent総統から頂いたバトンも処理しとこう。
マジレスするから、おもろないと思うが。

【恋人バトン】

1.今付き合ってる恋人はいますか?

 はい、今までの人生で一番好きになったコです。

2.その恋人と付き合ってどれくらい経ちますか?

 もうすぐ5ヶ月!

3.この恋人と付き合ったキッカケは?

 もつなべ。

4.この恋人以外に過去にどれくらい恋人いました?

 確か70人から80人くらいです。

5.一番長く続いた恋人とはどれくらいですか?それはいつ頃?

 5年で、5年前まで。 2番目に長いのは、3年で、超前w。

6.逆に一番短かった恋人とはどれくらい?

  3ヶ月くらいだと思うよ、多すぎて覚えてないw

7.恋人を色に例えるなら何色ですか?

 茶色www 色黒すぎw

8.恋人との思い出があればどうぞ!

 いっぱいあるけど、まだまだ思い出づくり中

9.浮気願望はある?

 根本的に浮気に罪悪感とか一切ないんだが、今のところ全くしてない!
 これは、自分の中でも初めて!

10.今の恋人に一言!!

 一生一緒にいれたら嬉しいよ。

===========================================

ついでに、もいっこやっとこ。
ちとさんから回ってきた色彩バトンだそうな。

◆好きな色は?

黒だねぇ。
つーか、多分りょうの私服で、全身黒以外見たことある人って、
ほとんどいないんじゃね?

◆キライな色は?

特にないなぁ。。。昔はパステルカラーがアホに見えた時代もあったが。

◆携帯の色は何色?

白。かなりお気に入り。

◆あなたの心の色は?

ほんのちょっとだけ色のついたグレー。
真っ白より、少しだけくすんだ感じ。

◆回してくれた人の心の色は?

なんか、紫なんだよねー。ホント。
なんでも江東区の反対側でもの凄い豪邸にいらっしゃると豪語しているから、
お嬢とかいうイメージでも持ってるのか?

◆次の6つの色に合う人を選んでバトンをまわしてください。
全てアンカーで。
[PR]
by ryouchanxp | 2006-12-01 00:47 | バトン