<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

aiko あした

りょうは、aikoは2曲目のシングル「ナキムシ」をスカパーでいきなりみて、
猛烈にカンドーして、即アルバム「小さな丸い好日」を買ったのであった、
確か98年か99年のこと。

その後、3枚目のシングル花火?で爆発的に売れ始めて、あれよあれよとビッグミュージシャンに。
気に入ったミュージシャンのそんな活躍ぶりに目を細めていたwまだミレニアムの頃、
ようやくシングルが5~6曲たまったaikoの特集がスカパーで放映され、
りょうは録画でなく放送でそれを見たわけだが、そこで凄いものを見た。

それは、aikoのデビュー曲「あした」、[トイレの花子さん」だっけか、それの主題歌だったらしい。

そこには。

2枚目、3枚目のaikoからですら、想像もつかないaikoがいたのであった。

某SNSで、このaikoのデビュー曲「あした」のレビューをりょうは書いているので、コピペ。

===========================================

「歌手」aikoの唯一の作品にして、「シンガーソングライター」aikoのメジャーデビュー曲。作曲が彼女じゃないのって、多分これだけなのでは?ちなみに、デビューアルバム「小さな丸い好日」にも収録されています。

これ、深キョンの「最後の果実」の小森田実氏の作品で、曲調が同曲とそっくり。でも、悪いけど深キョンとは次元の違う出来です。

そりゃそうだ、既にインディーズ界では大変な実績を持っていた彼女も、メジャーでは初めてのシングル、そのセールス結果如何では、将来への道が絶たれてしまうリスクもある。多分、当時彼女が持っていた全てを、この歌にぶつけたのではないでしょうか。ということで、この曲、自分が知る全てのaikoの楽曲の中で、最もリスナーの魂にグッと迫ってくるものがある作品だと思っています。

優れたオーディオセットで、大音量での視聴をお勧めします。特にけっこう下まで伸ばしたシンセ系の低音がフロアをうねり、煌びやかな高音との比較的浅い面積の三角形をつくる音場に、aikoの最高のボーカルがしっかりと浮かび上がるイメージは、この曲がオーディオ的にも優れた素養を持っているという証です。「もしも罪を犯し世界中敵にまわしても あぁぁぁ~うぅぅぅぅぅ~ あなたと眠る夢を見続けてたい・・・」泣きそうになります。

この作品、PVが2パターンあって、オリジナルは幻のPVです。というのは、ファーストPV集「歌う犬」の「あした」のPV、やんなるほどオリジナルを加工した変なものになっていて、オリジナルの良さがほとんど無い。オリジナルは、スカパーで数回見ましたが、aikoとは思えない怪しい女のコが、鬼気迫る迫力で歌い上げる大変なもの。普通に見れなくて、本当に残念です。

===========================================

そう、りょうがスカパーで二回ほど見たPVは、本当に凄まじいPVなのだ。
ある意味、この人のこんなPVにも負けないインパクト。
でも、もう見れないのだった、、、、と、ふと思いついて、検索してみたYouTube。

あったよ。。。。。。。。。。

e0094270_23121042.jpg
(↑ただの画像、リンクは下ね)
りょうがボーカルについてはaikoの最高傑作だと思っているこの「あした」
シャンプーの宣伝にだって出れそうな、ストレートの黒髪サラサラの、
しかしほとんど貞子としか言い様のない、超怪しいaikoの素晴らしいボーカル。
PVも文句なしに日本のPV史上の一大傑作といえましょう。
もし知らない、見たことのない方がいらっしゃったら、是非みてみてw

最後にひとこと。

DocomoのCMに出てる、絵文字も見ないで打てると自慢する、化粧超濃いaiko嫌いだ!
是非この頃wの素朴なaikoに戻ってほしいものだ。
[PR]
by ryouchanxp | 2006-11-23 23:19 | 音楽 映像

ニート脱出

はい、長きにわたったニート生活に終止符が打たれます。

なんと、某マイミクさんに誘われ、マイミクさんの部下wwwになることに!
ろくに就活してなかったので、かーなりお手軽な感じの就職なんだが、
まあそろそろ金銭的にマジでやばかったので、大変助かった。
会社も仕事も、大変魅力的なので、かなり驚いた。
やっぱ運命って、絶対あるなぁ、と。
だって、本気でやばかったの、金銭的にwww

でも困ったのは、収入。
年収ベースで、なんと570万ダウン!笑うぜwww
いや、別に贅沢できなくなった不平が言いたいわけではない。
下がったとはいえ、当該企業ではかなり高収入の方だ。
しかし、しかしだ。
りょうは、本来DINKSでほぼ対等に払っていく予定で買ったマンションの住宅ローンを中心として、
息してるだけの出費、つまり食費すら含まない生活費以前の固定出費が壮絶にあり、
今回久しぶりに賞与がある給与体系なので、その額は得られる月収の手取りに近い。
だから食費その他のほぼ全ての費用が月当たりの赤字になる。
つまり、月の赤字が、賞与時になんとか解消される、非常に苦しい経済状態になりそう。
しばらく贅沢とかそういう次元とは程遠い、生活バトラー状態か?w
まあいいだろう、去年までの8年、冗談みたいに夜遊びにお金を使い、その額はおそらく合計9桁に達する。
これからはしばらく、遊ぶことなく仕事と、大事な彼女にだけ集中すればいいことだ。
それは、むしろ自分としては全く全然イヤじゃない、夜遊びももういい加減卒業すればいい。
彼女ちゃんにあんまりいい思いさせてあげられないのは確実になっちゃったけどね。

今は人間関係のよい、そして未来に夢を持てる企業に、とても期待している。
そして、彼女に続き、仕事まで某SNSの縁で得た自分、いったいどんだけ依存してんの?w
[PR]
by ryouchanxp | 2006-11-10 18:07 | 生活の智恵