カテゴリ:外食( 51 )

予備校の先生と浜松町魚金

昨日は、6年ほど前に、確かミクシで最後に知り合ったコ?34歳とお食事。
今LINEで調べたら、1月、6月、そして昨日10月とだいたい4~5ヶ月に1回、
必ずw浜松町魚金でご飯食べてる。

初めて会ったのは恵比寿、待ち合わせ直前に「サングラスしたガラ悪い女が歩いてたら私です」とかw
そして、一発でわかった

当時はパチ屋の店員で、歯科助手かなんかのバイトを探してたか、もうなってたか。
そして、その後歯科衛生士になるために予備校に行って、見事合格してナース帽の画像送ってきた。

そして現場で1年歯科衛生士やって、何故か出身校のマネージャーからスカウトされ、
今はその予備校の先生になって1年半。
極めて高い実績及び、上層部の評価を勝ち得ている。

そんな彼女の成長日記を、4~5ヶ月に一度聞いて、りょうなりのアドバイスなど話す。
前の彼氏とは、3人で食事もしたし、今の新しい彼氏の存在もよく知っている。
まあ、非異性関係友人の典型的なヤツ。

なんという、幸福な時間だろう。
なんという、素晴らしい関係だろう。

彼女は今後、きっと所属企業の、最低でも校長クラスになるだろう。
非常に実力主義に傾斜しているので、短期でどんどん昇格する。
パチ屋のバイト時代からりょうも含め、何故かマネジメント層の社会人から大切にされる彼女、
最初から、そういう存在だったのだろう。

彼女には、深刻な、激痛レベルの日々を過ごした過去がある。
およそ、精神に異常をきたしかねない次元の、悲劇と惨劇の過去。
でも彼女は、それを耐え抜いた。

かつて、運命というエントリーを書いた。
それを、まんま地でいく彼女。
いつまで、彼女の成長に寄り添えるのだろうか。

そんな、幸福と不安の入り混じった気分で、今日という日を過ごした。


[PR]
by ryouchanxp | 2017-10-15 23:50 | 外食 | Comments(0)

ちーちゃん、その後

>でも、今年のクリスマスイブは、りょうとちーちゃんは、一緒に過ごす約束になっている。。。

最近、早く日記書けというマイミクが数人、

ちーちゃんとどうなったのかというマイミクが3人。

おまいらなぁ、おいらが何で今年、正確に言うと、12月24より後に日記書いてないのか、
わからねーのかよ!!!!(◆_◆メ)

そこまで言うなら、書いてやるよ、へっ!


ことは、12月22日、おいらが北千住のカート場にいた時に起こった。

つまり、クリスマスイブ前々日の午前。

あいにくのセミウェットで、なかなかタイムが出なくてイラついてたんだが。

ふと、メール着信音が。

ちーちゃんからだ。


Title:お久しぶりです。

風邪ひいてませんか?

突然だけど、好きな人ができました。
その人とどうなるか分からないけど、いろいろ考えたけど24日はやっぱり会えません。

ギリギリでごめんなさい。

○○ ○○(/_\)
(ちーちゃんの本名)










e0094270_0484821.jpg

e0094270_0482551.jpg

e0094270_049117.jpg

e0094270_0493793.jpg

e0094270_111629.jpg


そういうことだよ!わりーかこのヤロー(◆_◆メ)

23日、この垢関係の忘年会があったんだがな、もうこのメールみんなに見せまくって人気者だぜ!

わかった?人気者だったの!!!!!




追記:

以下、マイミク某さんとこで読んでしまったゲーム。
もし、やりたくなったらやってみて!
やると、ちょっとバトンみたいに面倒なこともあるから、慎重にw

ちなみにこのゲームを考えた方は、
メールを読んでからたったの【10分で願い事が叶った】そうです。



このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。


約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。たったの3分ですから、ためす価値ありです。



まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。




1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。






2)1番と2番の横に好きな3~7の数字をそれぞれお書き下さい。






3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく)





必ず、1行ずつ進んで下さい。先を読むと、なにもかもなくなります。






4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。



まだ、先を見てはいけませんよ!!

8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。






5)最後にお願い事をして下さい。






さて、ゲームの解説です。


1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。


2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。


3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。


4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。


5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。


6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。


7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。


8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。


9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。


10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。


これを読んでから、1時間以内にブログに貼り付けなさい。


そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、送らなければ、願い事と逆のことが起こるでしょう。
[PR]
by ryouchanxp | 2008-01-22 01:03 | 外食 | Comments(28)

「支那麺はしご」の楽しみ方

最近メガトン級の(文章量の)話ばかりだったので、たまには軽く行こうか。
東京の方ないし、東京に来られる方向けの、あるラーメン屋の楽しみ方。

自分はラーメンといえば、六本木の○蘭をこれまでの人生でおよそ300杯は食べており、
もちろん、これが我が最高評価のラーメンである。
この六本木一○(わからん人は上と合体させてくれw)、化学調味料タップリの、
大変ジャンクなラーメンであり、いわゆるラーメンものの番組にも名店を紹介する本にも、
全く登場しない、「好き」であることが通の間では恥ずかしいとされるラーメンだが、
自分はもちろん、そんなことは一切気にせず、某サイトでも有力採点者では突出した評価を下す。e0094270_22223645.jpg

ところが、それでも○蘭は、六本木で年間100日ほど飲んでいた?自分が、
その帰りに寄っていたせいで、これほどまでに沢山食べているわけで、
実は自分がラーメンそのものを目的として食べに行った回数が一番多いのは、別の店である。
それは、入船(新富町あたり)にある「支那麺はしご」。
支那麺はしごは、りょうが行く入船店のほか、
銀座本店赤坂店新小岩店銀座八丁目店谷中店と店舗展開している、基本的に担々麺の店だ。
何故ここのラーメンを自分が食べに行くのかと言えば、
まあ家の近所だからというのもあるが、それでも門仲の各店よりは遠い。
その理由は、一○並みに「飲み始めたら止まらない」魔力を持つ不思議なスープと、
その食べ方における極めて特徴的な、いわば「楽しみ方」にあると思う。

まず、この店、単価が大変高い。
担々麺(だんだんめんと読む)は、基本的に千円である。
そして、何より凄いのが、餃子。
一皿5個900円だ。
ちょっと、あり得ない値段。
しかし、値段はともかくとして、ここまで美味しい餃子は、
ラーメン屋ではまず食べられない。
他にも小籠包700円や焼売400円もあるので、点心は充実していると言っていい。
ラーメン屋ではあまり実現しない、ちょっとしたディナーになるのだ。
なので、この店は自分の中で数少ない、「知り合ったばかりの女のコとデートできる」店。

さて、この店の楽しみ方を紹介しよう。

先ず最初に、ビールを頼む。
サッポロ黒ラベル500円である。
そして、餃子だけを頼む。
最初は、ビールと餃子だけでしばらく楽しむわけだ。e0094270_13104165.jpg

この餃子、身が赤い。
決して加熱不足なわけではなく、何らかの赤い色素を持つ材料を使っているのだろう。
また、春雨なども入っており、食感が面白い。
欠点は、皮と身の間に常に空間が広めに開いていること。
この点がなくなれば、もっと美味しくなるのだろうが、
きっと加熱によって身がしまってしまうのだろう、一体感に欠ける。
ひとつひとつは、だいぶ大きいので、ひとりでこれを頼むのは大変ボリュームがある。e0094270_13111220.jpg

5個あるうちの3個を食べ終わった頃、「排骨担々麺」を頼む。
ちなみに、呼び方は「ぱいこーだんだんめん」である。
これは、必ず排骨担々麺でなければならない。
理由は後に明らかになる。
辛さは、どこにも書いていないが、何も言わなければ普通になり、
辛くしたい場合は、中辛、大辛、そして未確認だが激辛も可能のようだ。
しかし、りょうもかつて大辛を食べてみたが、やりすぎw
中辛が辛党にはちょうどいいだろう。
一方、辛いの苦手な人に、「辛さ控えめ」とか、他に「柚子抜き」とかも可能。
アクセントに柚子を使ったこの一杯だが、柚子嫌いの人にも対応してくれる。

e0094270_1311353.jpg
餃子残り2個を食べ終わるかどうか、ということろで、担々麺が出てくる。
この店の麺はとても細いので、場合によってはあっという間だ。
なので、餃子を先に片付けなければならないと思っている方(自分はそうだ)は、
必ずこの「2個残し」か「1個残し」でオーダーするように。
さほど混んでいない場合は、食べ終わってからでも充分である。
残ったビールを飲み干す間に配膳されるだろう。
一応、過去「餃子を出す順番」をオーダー出来た記憶はあるのだが、
残念なことに、なかなか思ったようなタイミングで出てきてくれないので、
これは自分でハンドリングすることをオススメする。
で、排骨担々麺オーダー時に「ご飯つけますか?」と聞かれるので、
必ず「はい」を選択。これも理由は、後に明らかになる。

さて、排骨担々麺についてだが、
排骨とは、非常に美味しい豚肉のから揚げほんのちょっとカレー風味である。
こいつが、重要なポイントだ。
まず、この排骨、この一杯の麺や汁と同時に味わっても、大変美味しいのだが、
もっと美味しい組み合わせがある。

ご飯だwe0094270_13122942.jpg

そうなのだ、この店のライスは、小ぶりのもので、
この排骨担々麺一杯に付属する排骨の半分をおかずに充分食べきれる量だ。
そうやって、麺で楽しみ、ご飯で楽しむ排骨。
ああ、なんて自分は幸せなんだろうと、勘違いできる。

時に、配分を誤り、ご飯完食の前に排骨が切れることもある。
そういう場合は、この空前に美味しいスープを、れんげでご飯にぶち込むのだ!
スープは、普通の担々麺とはゼンゼン違う、酸味のある醤油味のスープ。
担々麺が好きな人でも苦手な人でも、はまる人は凄くはまる。
こいつを、どばーっとご飯の器に!!!
(さすがにこれは画像撮りませんw)
スープのさっぱりとしつつも芳醇な?不思議な魅力がご飯と交じり合い、
出現するはしごワールド!こいつもうまいんだなこれが。
災い転じて福と為す!
あと写真のように、餃子をひとつ残しておくのも素晴らしい方法だしw
もっと言えば、よくあるラーメンライスの如く、麺ですらおかずになる!
持ち札が多いと、美味しさの組み合わせは自由自在である。

そして、固形物が全てなくなる。
最後に、一度口をつけると、決してもう見逃してはくれない魔力を持つスープを、
それだけで味わう。

ふぅ、、、、幸せの骨頂とはこのことよ。e0094270_22234246.jpg


ただの勘違いなんだがなw

ということで、りょうのひとりぼっちの今夜のディナーの話であった('A`)

入船店をはじめ、
銀座本店赤坂店新小岩店銀座八丁目店谷中店がある支那麺はしご、
もし近くにある方は、是非一度お試しをw

ところで、唐突だが某マイ○クMさんが、ボディメイクで幸せを掴んだという話に触発され、
11月第二週目標でダイエットすることにしたぜ!
こんな奴で!e0094270_143679.jpg
やっぱ、171cmで73kgはヤヴァいだろw
ましてや、これからも過酷なラーメンバトルは続くわけだしな。

目指せ、過去の栄光www

あ、リンク先の写真を想像して、今のりょうを見ると、多分こんな風になります。

                            男だと、
e0094270_16353524.jpg



女性だと、e0094270_1643129.jpg

e0094270_1556439.jpg
同じ人だと思えない位違うからwびっくりしないでね、11月に会う予定の人w
[PR]
by ryouchanxp | 2007-10-16 02:08 | 外食 | Comments(21)

吉野家牛丼期間限定販売について想う

はい、ウルトラ長文かつ極めて難解な部分が9割の日記というよりはオサーンの主張です。
無駄に長いので、多分読んでるうちに飽きますw
特に企業経営とかブランド戦略に興味の無い方は、全く面白くないと思うので、よろしく。

===========================================

りょうはかつて京橋勤務の頃、京橋にあった「たつ屋」という牛丼屋で、多分年に250杯は牛丼を食べていた。そのうち200杯は、昼食、というかそこ以外でほとんど食べない。夜も頻繁にたつ屋。もちろん昼夜連続。まあ、そんな異常な牛丼フリークでもあったりょうであるが、特に吉野家については、牛丼は吉野家とかいうこだわりは全くない。むしろチェーンで一番好きなのがたつ屋(もう新宿にしかない)で、松屋と吉野家が同じくらい。で、もう2年以上も吉野家で食べてないから、いい加減味も忘れている。むしろ、以前よりも最近は牛丼を食べない日が圧倒的に増えたように思う。以前は六本木で時間が空いた時とか、吉野家でよく食べていたのだが。

ところが、日米合意に基づいて米国産牛肉輸入が再開され、先月18日、そして今月は月初5日間限定だが吉野家が牛丼を復活させた。思えば2年半にわたる、牛丼ブランクであった。他社はとうの昔に牛丼メニューを復活させ、ゼンショーなんぞはこれを機会にM&Aなどを駆使して業界最大手に躍り出た。この2年半、吉野家は何故、手をこまねいていたのだろうか。

あまり知られていないが、吉野屋が他社と異なり牛丼を販売しなかった理由は、このようなことらしい。
100年の歴史を経た“吉野家の牛丼”に対するこだわりとは、「穀物飼育された若齢肉用牛一頭から約10㎏しか取れないショートプレートと呼ばれる部位を使わなければ、吉野家の牛丼の味は出せない。つまり、他の部位を使うと、吉野家本来の味ではない牛丼になってしまうので、それはやらない」ということだ。
また、ショートプレートの確保に関する大きな障害が2つあるという。ひとつは、部位単位での肉の流通システムが確立している米国から調達することが最も合理的で、一頭丸ごとの取引形態を取る日本を含めた他の産出国からは、現時点の仕組みでは安定的確保が困難であること。そして、もうひとつは、吉野家の使用量は年間3万トンで、豪州と日本で生産されているショートプレートを全部買ったとしても足らないということ。
以上、日本総研橋本徳生氏コラムより
これには、自分は二つの意味で異を唱えたい。何も今言い出した話ではない、吉野家が牛丼の販売を止めると言い出した頃から、自分は周囲に大声でしゃべっていた。よくある誰にも言ったことのない「ほれみたことか」とは決定的に異なる話なので(といっても証人はネット上にはいないが)、とりあえずそういう目で見ないで聞いて欲しい。自分の当時の判断は、結論とすれば株式市場的判断では大正解であった。その後吉野家は牛丼業界で完全な「一人負け」である。そして、真の意味での企業価値的な意味においても、致命的失敗だったと更に言おう。後に述べるが、今後百年の展望を失ったに等しいのだから。

吉野家の経営戦略における致命的判断ミスのひとつは、「それでお前らは牛丼を食べたいという人々を、2年半も放置するのか」ということ。物理的にこの世から絶対に牛丼というものを作り出せないのなら、それも仕方ないだろう。しかし、現実には他社はもちろんのこと、「ショートプレート」じゃない牛バラ肉は、調達可能なのだ。だったら、それを使って次善の策をどうして追求することなく、早々と牛丼販売を中止し、米国産牛の輸入解禁まで「新しい牛丼」を開発しなかったのか。確かに品質にこだわることも大切だが、企業には「安定供給」の責任と義務があると思う。今になってこそ牛丼を2年半販売しなかったという、この「消費者をないがしろにした」経営戦略を評価する向きも増えているかに見えるが、この2年半消費者を吉牛から遠ざけたという戦略は、致命的な経営判断ミスだと断言する。現実に、この間吉野家の業績も株価も、最悪の推移を辿ったわけであり、これを「仕方なかった」とは自分は全く思わない。

例えどんな事情があろうとも、一度たりとも牛丼の火は消してはならなかった。数量が足りなければ、価格と限定数量でコントロールして、何がなんでも牛丼販売は続行しつつ、他メニューの開発・提供をすべきだった。そして、安定供給のために別の部位を利用した、新しい牛丼の開発をすべきだった。街道沿いの吉野家の看板を見てみるがいい。多くの店が未だに当たり前のように、「牛丼」の看板を掲げたままでいる。看板に偽りありとは、まさにこのことだ。そしてその結果、牛丼業界最悪の低迷となったこのブランド、株主にとっても、そして何よりも牛丼を食べたいと望む消費者にとっても、本当に最悪の経営判断だったであろう。

その上吉野家は最近になるまで牛肉メニューの投入を行わなかった。吉野家はようやく後半になって牛鉄鍋だの焼肉だのというメニューを販売始めたわけだが、それまでは一貫して牛肉以外、もっと言えば「豚」にこだわった。単品メニューとして成立させる商品が必要だったのだろう。オペレーション上無理だったと言いたいんだろう。しかし、吉野家は「吉牛」と言われるほど、牛肉のイメージが強い。そして、日本人にとって牛肉とは、昔からずっと憧れの高級食材。つまり、吉野家のアイデンティティとは、牛丼であり、高級食材牛肉を庶民的価格で提供する外食チェーンというものであったのは間違いない。

だとしたら、吉野家における本物素材とは、牛肉でしかありえない。ミキモトが模造真珠ばかり提供したら?COACHのバッグが素材を全て合皮に切り替えたら?話にならないだろう。それと同じだ。牛肉を提供しない吉野屋は、申し訳ないが「堕ちたブランド」以外の何ものでもなかった。牛丼が難しかったのなら、何故「牛」への拘りすら捨てたのだ。間違いなく言えるのは、投入して好調な売上を示した「牛焼肉定食」、物理的に不可能な店が多いかもしれなかったのは理解するが、投入がここまで圧倒的に遅れなければ、あのような事態は避けられた公算は大である。加えて、豚だの鶏だのを販売し続けたこの2年半、吉野家の「牛」ブランドは、相当失われたに違いない。それでも、今でもあれだけの祭りを起こせるだけ、元のブランド力の強烈さも理解はするが、牛を捨てていた2年半、この影響は将来確実に出るだろう。味というブランドに拘るのなら、少なくとも素材は捨ててはならなかったのだ。

そして、何よりも吉野家が失ったのは、時間だ。業績低迷により今、すかいらーくやゼンショーが手にしている外食企業の数々は、本来吉野家が手にしていてもおかしくないものばかりだ。外食における丼もの?業界の圧倒的なキングであったのが、同種の同業では規模において同業を買い捲ったゼンショーに抜かれ、自社の低迷はある意味同様低迷していたマクドナルドを救いそしてマクドナルドも今や復活、一方資本市場戦略としてはすかいらーくは経営フリーハンドを得るべくMBOで非公開企業となった。その間、業績低迷によりあらゆる方面で何ら手を打てなかった吉野家は今や、王者ではない。どころかむしろ少しビハインドである。牛丼復活でもちろん業績は圧倒的な回復となるであろうし(そんなにならんかもしれんが)、今後は今以上に、牛丼を2年半販売しなかった戦略に対する評価が集まると思うが、自分にはこの激動の2年半を、完全に自業自得の業績不振にあえぎ、ライバルたちに「追い抜かれてしまった」経営戦略を、ただの馬鹿だとしか思えない。質にこだわるのはいい。しかし、質にこだわり過ぎて大衆マーケティングに失敗し、自社が築いたOSのアイデアを盗まれたあげくマニア向けPCメーカーに転落し、今やむしろ携帯音楽プレーヤーメーカーとして生き残っているアップルコンピュータの例もある。株式市場に上場している以上、勝つのは義務だ。ゼンショーが、すかいらーくが買った企業はもう、吉野家は買えないのだ。この間ライバルにたまったキャッシュと、自社で起こったキャッシュアウトは、今後の経営戦略にどれだけ悪影響があるだろう。そして企業価値の源泉たる将来キャッシュフロー獲得という意味では、「吉野家」業態で得られる限界キャッシュフローを再現したところで、多彩なキャッシュフロー獲得ルートをこの間構築したライバルたちと、何の手も打てなかった吉野家、今後どれだけ不利になるであろうか。前段で百年の計を誤ったというのは、そういう意味だ。そのような観点から言えば、勝てる試合を2年半も不戦敗し続けた現在の安部社長の罪は、極めて重いといわざるを得ない。

とここまで書いといてなんだが、10月2日にそんな吉野家に牛丼を食べに行ってきたw 注文は、多分10年以上同じ文句、「並!卵!味噌汁!」。早速卵を割ってかき混ぜたものを回しがけ、七味を大量に乗せて、いつもの食べ方にする。e0094270_2093812.jpg
やはり、豚丼なんか全く話にならないほど美味しい。りょうは彼女ちゃん料理日記2に登場する彼女ちゃんの豚丼はこの世のものとは思えないほど美味しいと思うくらいだから、決して牛丼至上主義者でもなんでもないが、吉野家に限って言えば、豚丼は牛丼の1/10の価値もなかった。いや、豚丼が悪いのではない、吉野家の牛丼が出来がよすぎるのだ。やはりあのブランドを作り上げてきた吉牛、おそるべきものなのだ。

まあいろいろ言いたいことはあるが、15年ほど前まであれほど不味かった牛丼を、ここまで美味しくした企業努力は凄いと思う。とりあえず、自分としては牛丼が食えるようになった(であろう)ことで、満足することとしよう。
[PR]
by ryouchanxp | 2006-10-04 11:54 | 外食 | Comments(25)

出会いとある能力に恵まれてると 

ネットはとても楽しい機会を提供してくれる場だ。

先週末から今週にかけて、女のコとの初対面オフを二発!
一発目は先週土曜日、最初ラーメン関係で自分に足跡つけた女のコ、Mちゃん、当時18歳。
なんか顔文字ひとつとか、ひと言とか、妙に面白い日記書いてたのと、
某家系の大ファンだということでコメントしたのが、多分昨年10月とか。
そんで今年の1月かそこらにマイミク申請してくれたのだが、当然会ったことは一度もないし、
顔写真とかも見たことがないが、このコは絶対カワイイと確信していたので、とても気に入っていた。

りょうには実は不思議な能力がある。
それは、ネット上での女のコとのやりとりで、そのコがカワイイかどうか、ほぼ確実にわかるのだ。
これまで会ったことがなかった人で、絶対この人カワイイとか思ってこちらから申請した人、
そう思ってこちらが日記とかにコメントやたらしてたらありがたく向こうから申請してくれた人、
多分10人くらいいるんだが、その後お顔が明らかになった人、全員驚くほどカワイイ。
そんで、「お気に入り」に登録されている会ったことのない方数名のうち、
自分が絶対この人綺麗だと思ってた方5人、
ひとりは日記を遡ったらとんでもない美形、ひとりは最近写真うpしてすげえ美形なのわかったし、
もう一人はなんかの拍子で「ミスなんとか」だと判明。
あと2人も、かなり自信あり。
ということで、さすがに例外ゼロの現在、自分でも少々驚きを禁じ得ないw
で、先週土曜日、中途半端な写真は見せてもらってたものの、ほとんど事実上初対面、
大手町の待ち合わせに出てきた女のコは。

うわ!かーなりの美少女なのであった。
現在19歳、某医療系大学の1年生。
期待をはるかに上回る、カワイイつーよりむしろ美形の女のコであった。

お互いラーメン好きなのでこうかいぼう、とうかんやと江東区のラーメン屋を回るが、
こうかいぼうが18:14の時点でスープ切れ、とうかんやは閉まってた(多分スープぎれ)。
仕方なく、というかちょっと地方のコなので、彼女がまだ一度も来たことがないという六本木へ。
わざとロアビルの裏に車を停めて、交差点、旧防衛庁方面へと歩く。
六本木メインストリートの半分程度を歩かせたが、全てが珍しいらしく、ちょっと優越感。

いつもの六本木今井屋で焼き鳥を食べたのだが、
このコ、よく見ると妙に大人びた、理知的な顔してる。
その理由は、、、それだけそういう経験、内容が彼女にあったから。
話をして、何故か彼女の彼氏すら知らない話とかも聞いて、凄くいい意味で感動して。
改めて、「女は顔だ」と思った次第。

しかし、そういう深い話をしている時以外は、Mちゃんが話すことは7割が彼女が大好きな、
ロックユニット?○ー○ィ○の「のろけ」。
残り3割は、彼氏ののろけ。
りょうの話なんか、一切しない、聞いて来ない!
りょうは思わず聞いてしまったよ。
「Mちゃん、今日一体何しに来たの?(◣д◢メ)ฺ」

===========================================

そして、昨夜。
某コミュニティで、「多幸坊」というお店を自分に勧めてくれたご縁で、
りょうがネット上での注意点を教えてあげたりしたらとても喜んでくれて、マイミク申請してくれた方、Mさん。
土曜と違って日本を代表する超大企業の本社で、カッコいい部門にいる自称腰掛けOLw。
彼女にそのお店で「彼女ちゃん」とご一緒に食事でもどうですか?とおっしゃっていただいたので、
これは面白いと3人でお食事会。
門仲交差点で彼女ちゃんと待ち合わせ、多幸坊に向かう。
8時予約のはずで、7:57頃にお店についたのだが、なんとそれらしき人がいる!
ををを~!美人じゃないか!
そんな予感もしていたが、その予感をやっぱり大幅に上回る、
凄くチャーミングな女性なのであった!
最初はMさん緊張してたのか、妙なテンションでりょうの方を全く見ない。
ふむー、イマイチこっちは失望されたんかいな?とちょっと萎える。
一方彼女ちゃんはこういう場で、とてもハキハキとしゃべるし、
とてもノリもよくて面白いので、場自体はとても楽しげ。
ついでに、料理も美味しい!
【ハマグリのニンニク仕立て?ハマグリ不足をホタテ補いバージョン】e0094270_1432790.jpg
ついてるパンにおつゆが染み込んで美味しいの♡

【刺身三点盛り&うに別オーダー】e0094270_14333746.jpg
うには赤うに、その他も本物。

ま、そんなの食べてると、みんな日本酒!
(; ̄口 ̄)ハッ!!解散(どーゆー変換だよ、おもろいから残す)じゃない、八海山をりょうはひたすら、
多分6杯かそこら。
彼女ちゃんは、りょう同様日本酒を立山、田酒等あれこれやっぱり6杯くらい。
Mさんも3杯くらいは飲んでたよね。
しまいに、立山かなんかの一升瓶、多分中身は2~3合がマスターより振舞われ、
合計まちがいなく全員で合計1升から1.5升飲んだでしょあれ。

最初はなんか妙なテンションだったので、りょうもあんまりのろけたりしなかったが、
料理をたらふく食べてガンガン日本酒飲んでるうちに、
そのうちタガが外れて、いかに自分が彼女ちゃんを大好きか、大演説!
すると、Mさん、泣き出しちゃった!
そこで普通おろおろするもんだと思うんだが、
既に周りに客の姿はまばら、りょうも彼女ちゃんも全然気にしないwww
ボロボロ泣いてるMさんと普通に会話している、妙な2人になってたのであった。
しかし動じないね、りょうも彼女ちゃんも。
せっかくなので、彼女ちゃんと一緒の写真をMさんが撮ってくれた。
e0094270_16392828.jpg
クリアな本物は、やたらでれでれのりょうなのであった。

で、それからMさんが現在ちょっといいと思ってる男性の話に。
その方、足立区に住んでるらしいのだが、彼女ちゃんも足立区北千住在住、
南千住に超美味しい鰻屋があって、それを彼女ちゃんもMさんも知っていたのがことの始まり、
その男性を、Mさんに誘い出せと、彼女ちゃんからの極秘指令が飛ぶ。
そんでりょうは、その計画の成功率の高さ(要は自分と彼女の自慢)を力説、
最初は渋ってたMさんも、りょうと彼女ちゃんのあまりの自信満々ぶりに、合意、
さて次回は、Mさん、りょう、彼女ちゃん、Mさんの思い人と4人でダブルデートに決定なのであった。
なんか、すっごい変な盛り上がり方で、初対面のMさんとのオフが終了、
帰り道は途中まで一緒なので、3人で歩いていると、
なんか明らかに彼女ちゃんがMさんに連れ去られそうになっているので、
りょう突然彼女ちゃんをガード、「これはだーめ!」ってたしなめると、
Mさん酔っ払ってなんかいじけた顔で、「フン!」ってきびすを返しておうちへ帰っていった。
ああ、すげー面白い!
なんか会社やプライベートでいろいろあって、かなり落ち込んでたはずなんだが。。。
元気になってよかったね、Mさん!

で、ここからは究極バカップル日記ですので、一般の方はご遠慮下さい。

===========================================

で、りょうと彼女ちゃんは、その後2人で家までの道のり約3分を歩いたわけなんだが、
Mさんがいなくなったとたんに彼女ちゃん、ただの大ヨッパライに大変身!
もう言ってることわかんないし、突然へんなとこ行こうとするし、家に連れてくるのに往生した。
でもりょうもとてもヨッパだったので、家についたら2人ともバタンキュー。
顔も洗わず歯も磨かず彼女ちゃんはコンタクトも外さず、ベッドに倒れこみ!
で、その後起きたのは、何と朝の4時半!!!!!!
や、やばい!!!

そんでりょう、何回起こしても彼女ちゃん起きやしねー!!!!!
仕方なく、必死で優しくゆすりながら、何とか起こす。
さすがにお酒も抜けてるので、りょう車で彼女ちゃんをおうちまで送ったわけだが、
彼女ちゃん、車の中で、ひたすら「こんな彼女でごめんねー」「こんな彼女だけど、好き?」
なんて面白いことを聞いてくる。
とりあえず、あらゆる質問の全てに肯定的な返事を返すと、彼女ちゃん嬉しそう。
で、安心したのか、寝てしまった。
なので起こさないように、超スムース運転でおうちへ到着。
彼女の家の前で再び彼女ちゃん起こすと、「いい、乗ってるー」とかまた意味不明。
「ダメでしょ?会社でしょ?ご両親心配するでしょ?」と説得して、なんとか車から出す。
さて、彼女を降ろして帰り道を急いでいると、彼女ちゃんからメールが。

信号待ちで見てみる。

> りよくん、○っことつ
> きあってください。○
> っこりよくんがくしだ
> から

さて、こう見て、何がなんだかさっぱりわからない!!!
なんか付き合うとか書いてあるのはわかったが。
信号が青になったので、次の信号待ちでまた見る。

りよ、これ、りょうだな。
で、付き合ってくれ?
おいらはオマエの彼氏ちゃうのか????

○っこり?○っこりよ?くん隠し?
あ、わかった!
○っこ、りよくん(りょうくん)が、
、、、、、、
 く し だから(゚◇゚;)

串かい、おいらは。意味がわからん。
また青になるので、走り出す。
ふと、携帯の文字の配列を考える。
あ、【すき】、サ行とカ行を間違えると【くし】になるわな。
多分酔っ払ってるし半寝だから、間違えたんだろう、ひと安心。

まあ楽しかったし、面白い出会いだったからいいけど、
なんかちっとも恋人らしいことできんかったなぁ。
ああ、今日から3日間も会えないわけなんだが、、、、
落ちる~。
[PR]
by ryouchanxp | 2006-08-31 15:36 | 外食 | Comments(26)

オレ様キング宅ホームパーティー

さて、こいつは何でしょう。e0094270_13384776.jpg
お好み焼き?








いや、これ。e0094270_13392985.jpg
そう、餃子、それも羽根突き餃子。

昨夜はオレ様キング宅で、オレ様キングの奥さん(♂)コブヘイ氏のつくる餃子を楽しむオフである。
コブヘイ氏は、将来餃子の店(最初屋台)を出す予定で、今は某駐車場の会社で資金稼ぎ?している。
で、今まで2回ほどたこ焼きオフの情報をここでのっけたが、それはいずれも、
前半はコブヘイ氏の餃子を食べるオフだったのである。
で、今回ついに自称たこ焼き師も来ないし、餃子オンリーで行こうということになった。
りょう以外のメンバーは、キング、奥さんコブヘイ、蟹、ダンディー、オレ様女王に、
遅れてプチオレ様、門仲王子。
しかし、凄かった。
餃子が、出る。e0094270_13384776.jpg

出る。e0094270_13492049.jpg

出る。e0094270_13501537.jpg

出る。e0094270_13503858.jpg

出る。e0094270_13505953.jpg

出る。e0094270_13511874.jpg

出る。e0094270_13513911.jpg
あ、間違えた!
まあともかく、餃子出まくり。
で、出ると毎回瞬間蒸発。
それくらいおいしい餃子。

そう、餃子に集中しすぎて、大事なことを忘れたりょう。。

あのさ、何で失業者のおいらが金払って、
生き物の系統はともかく肩書き部長な奴とかが金払わないで帰るわけ(◣д◢メ)ฺ
りょうだけでビールと食材費合計で7千円くらい負担したぞ昨夜。
ということで、昨夜餃子食って金払ってないと思われる方々は、
りょうに、それ相応のお返しをするように。
とりあえず、蟹は美人マイミクの紹介、義務ね。
あとプチオレ様は、会社の同期の女のコを紹介してくれ。
他にも金払ってない奴いたら、ちゃんとりょうに相応のお返しをするように。
例えば、女のコの紹介とか、女の人の紹介とか、女の方の紹介とかがいいと思う。

さて、深夜1時になると蟹とプチオレ様が帰ったが、今度は餃子もないのに、
ここで門仲で飲んでいた百獣の王、化け猫、門仲暴走機関車、マラソンランナー(♀)が乱入。
オレ様女王がいつものように寝てしまったにもかかわらず、
ますますうるさくなったそうな。
よく近所からクレームでなかったな。
[PR]
by ryouchanxp | 2006-08-26 14:15 | 外食 | Comments(23)

ちっちゃなオフ

やっとグロ食品から開放されたので、
本日の昼食は自宅では一週間以上ぶりの白米を食べることにした。
余りもののベーコンと、1/4に切ってから時間が経っているタマネギを、
ゴマ油で炒めて酒と醤油で味をつけて、輪切りの唐辛子を加える。
余ったベーコンが少ないので、量が一人前に全く足りない!e0094270_12185474.jpg
なのでこれに目玉焼きを並べて、e0094270_1220262.jpg
真夏の簡単激辛料理プレートw
わりとうまいよこれ。

で、本題。昨夜は、オフなのであった。
某地域系コミュの定例会なんだが、今回はお盆で参加者が少なくなんと総勢5人の少人数。
会場は、一の屋。e0094270_12224579.jpg
e0094270_12231120.jpg
団らん」に並び、門仲で最も空間演出が素敵なお店だと思う。
この店の問題点は、客層。
まるで魚三の客のよーなオサーンがいつもうじゃうじゃいる。
しかし昨夜はそんなことなく、なんか女性客同士が多くてオサーン少ない!
自分がオサーンなことも忘れて喜んでしまったが、おかげで店内は客も含めていい感じ。e0094270_12251920.jpg
なんか、5人で充分ギリギリじゃん?
これで10人とか、かえってイヤだねw

今回は、彼女ちゃんも呼んだんだが、事情を知ってる人ばかりなので、
そういう会話もOK、いろいろ楽しい会話が出来た。
お料理も美味しく、また飲み放題メニューがカクテル類ほぼ全てOKでもの凄くよい。
こりゃ少人数オフにピッタリだ。
ただ、刺身は全くダメだった、門仲としては不合格レベル。e0094270_12305229.jpg
でも、それ以外の料理も含めて、コストパフォーマンスは充分!

さて、以前ここで「オレ様キング」を文章でご紹介申し上げたが、
今回は、写真でご紹介。


はい、誰がどう見ても、俺様キングでしょ???e0094270_12325591.jpg
このナルシスト丸出しの肉体美、
こんな素敵な店でこんな凄いこと出来ちゃう自己顕示欲!
まさに、オレ様キング!

さて、宴自体は、最後の最後に、彼女ちゃんの挑発にりょうが正気を失って、
だいぶ問題あった(゚◇゚;)
参加した他の皆さんごめんなさい m(_ _)m
で、皆さんは二次会カラオケに、りょうと彼女ちゃんは、お話を延々深夜4時まで。
まだ、お互い不安定な時期なんだと、再認識した夜であった。
[PR]
by ryouchanxp | 2006-08-19 12:36 | 外食 | Comments(14)

ラーメンとは、異常な食べ物である。

e0094270_17402316.jpgおそらく日本で最も多い
ラーメン屋の系統、
「家系」の総本山である吉村家と、


e0094270_17385758.jpg吉村家直系四天王、
多くのマニアより
家系最高の評価を誇る環2家

軽いラーメン好きにはわからないかもしれないが、
ラーメンには、極めて顕著な特徴がある。
それは、他の食べ物ではまず見られない、
極めて不思議な特徴だ。

ラーメンの個食性:

まず第一に、ラーメンくらい1人で食べる「ご馳走」的食べ物はない。
そりゃ、吉野家とかはフツーに1人で入るけど、
それって、ご馳走つーより、食事の摂取って感じでしょ?
ご馳走って、普通は誰か気の合う人とかと一緒に食べるもの。
食べてるときのおしゃべりがまた楽しいし、
そんなおしゃべりで、ますます美味しいと思う。
それが、普通のご馳走だ。
りょうもそれは、他のラーメンマニアでない人と全く変わらない。

しかし、ラーメンは違う。
何故かラーメンは、マニアであればあるほど1人で食べる。
りょうも他のマニア同様、ほぼ全くと言っていいほど他人とラーメンは食べない。
たまに他人と一緒にラーメン食べるがそれは、「一緒に食事をする際の料理が中華麺」だと思う。
それはそれで楽しいし、否定する気は全くないわけだが、
自分にとってそれは、ラーメンを食べているという範疇には入れない。
そんなラーメンの特徴を、りょうは「ラーメンの個食性」と呼ぶ。
そんなラーメンの個食性をいきつくところまで突き詰めたお店が、一蘭だ。e0094270_1738431.jpg
席は、こんな感じ。e0094270_17122832.jpge0094270_1712383.jpge0094270_17124999.jpg
お店の口上(HPより)
世界初「味集中カウンター」
目の前と隣席を仕切り、1席1席が半個室になっていることで周りが一切気にならない為、
味覚が研ぎ澄まされ、ラーメンの美味しさをより深く味わっていただけます。
もう、同伴者とすら話すな!という状況なわけであるが、
りょうにとって、一蘭こそがラーメンを味わう上で最上の環境だ。
こんなご馳走、他に例をみない。

中毒性と収集性:

りょうががよく行くお店に六本木の「今井屋」という焼き鳥屋がある。
日本三大地鶏のひとつ、比内地鶏を炭火で焼くお店だ。
鶏肉としては、最上の美味しさを持つ比内地鶏の様々な部位を美味しくたべさせてくれる。
そんで必ず頼む「刺身盛り合わせ」すなわち、ボス鳥の白レバー、ハツ、砂肝なんかの刺身。
もう、感動的に美味しく、行くと自分も同伴者も必ず満足する凄い店なんだが、
そんなにしょっちゅう食べたいとは思わない。
時々、誰かと食事に行こうと思った時に、選択肢に入るという感じ。
それに対して、ラーメン、もう食ってないと不安になるw
しかも、特定の店の特定のメニューではなく、単なる料理のカテゴリーである「ラーメン」に。
もはやこれは、中毒性と言っていいと思う。
何でこんなに中毒性があるのか。
ラーメンとは、実に不思議な食べ物だ。
e0094270_17422124.jpgラーメン界最強の中毒性を持ち、
「二郎はラーメンではない、
それは二郎という食べ物だ」の名言を持つ、
「二郎」の総本山、
三田二郎本店


そして、りょうはこの「今井屋」で焼き鳥に関しては、充分満足しており、
他のいろんな焼き鳥食べてみたいと思わない。
自分では、焼き鳥はもう今井屋でいい。
B型は特にそういう特徴が強いように思うが、
○○ならこの店、と、料理によって、行く店が決まっている。
例えば焼き鳥なら今井屋、牛タンならたんや又兵衛、イタリアンならアズーラ、etc.etc.
ところがラーメンはそうはいかない。
次から次へと、新しい店に行きたくなる。
きっと、自分が大好きな一蘭やすべえみの麺多べんてんより美味しくないんだが、
e0094270_17534913.jpge0094270_17511735.jpgりょうが認定する
神の領域のひとつ、
そして、麺については
世界最高だと思う
みの麺多のつけ麺

それでも新しい味を開拓し、
まあまあ好きなお店に再訪し、
ラーメンの経験の幅と厚み両方を欲しがる。
そう、あたかも「コレクター」のように。
これをりょうは、「ラーメンの収集性」と呼ぶ。
そんなラーメンの「収集性」、他の料理でこれほどまでに一般的に「収集者」がいるメニューあるだろうか。
これは、他の料理では極めて珍しい実に面白い特徴だと思う。

個食性、中毒性、収集性。
こんな不思議な特徴が何故ラーメンに起こり得るのか、研究するのは実に有意義だと思う。
これについては、「ラーメンとは異常な食べ物だ」と看破した、
「美味しんぼ38巻 ラーメン戦争」が、おそらく現在最も近い答えを出している。
しかし、それでもこれだけ奥の深さを有するであろうラーメン、
まだまだ研究の余地はあるはずだ。
現在、これに限った話でないが、米国の大学の博士論文でラーメンをテーマに研究する方に、
微力ながら協力している。
その方がとても面白いので、自分も最近、非常にラーメンについて考えてしまう。
ちなみにその方、ここの日記でコメントくれる中で、一番天然な方であるwww

さて、失業中なのでそんなに外食してられないから、いろんな意味で、ラーメン的に活性化してない。
しかし、また仕事にありついたら、以前のように1ヶ月でラーメン30杯食うような、
そんなラーメンマニアにまた戻ってしまうのは、間違いないことだろう。e0094270_17493971.jpg
[PR]
by ryouchanxp | 2006-08-09 17:55 | 外食 | Comments(27)

連夜のオフ

まあ野外で食べることを外食というかどうかはおいといて。。。

昨夜もオフであった。

隅田川べりで、 隅田川花火大会シカト!オフ。

持ち寄り制なる趣向で、みんなめいめいにいろんなものを持ち寄った。

りょうは、完熟マンゴー、もずく1キロ、鏡月4Lボトル、シャブリ、割り箸、どこでもアース×2。

主催者T氏は肉類をどっさり。

さて、会場は、昔のりょう宅の近所だったんだが、まあ風が流れるいい感じの場所。

景色がいいね。

e0094270_1034148.jpg
e0094270_10343784.jpg

さて、こんな場所で、炭火焼でいろんなものを焼いて食べるわけだ。
e0094270_10362688.jpg


準備をしているうちに、夕暮れ。
e0094270_10404239.jpg

なんか、ドラマチックな風景に。

途中で、とかオレ様キングとかも来て盛り上がる。

さて、炭火で焼いて食うのは、牛肉、ウインナー、鶏肉、なんかの魚の味醂干しw、etc. etc.

e0094270_1042865.jpge0094270_10422787.jpg

やー、やっぱり炭火で焼くとうまいよ、何でも。

なんかテキトーに買ってきたと思われるハンバーグも、妙に美味しかった。

男沢山女1人の妙に男くさい宴だったにもかかわらず、ワインをあけて、夜景を見れば妙にロマンチック。

e0094270_10445341.jpg
e0094270_10462435.jpg

そのうち、主催者の弟さんH氏の奥様がお見えになり、また某料理関係者の女性が見えて、

女性3人になった。

これが3人とも、かなり魅力的な女性だったりしてw

特に奥様、素敵な浴衣をおめしになってて、りょう萌えまくり。人妻だがwwww

e0094270_1048267.jpg

また、最後までいた男はほとんど主催者T氏の友人ばかりでりょうとは初対面だったんだが、

ボケてみたり突っ込んでみたり、あげくは熱く語り合ったりと、初対面とは思えない親密さ。

つーか、みんなりょうより10歳下なんだがな?俺の精神年齢からするとちょうどいいのか?

でもうん、いろんな意味で、素敵な宴だった。

またやりたいね、こういうの。
[PR]
by ryouchanxp | 2006-07-30 11:02 | 外食 | Comments(6)

オフは楽し

昨夜は、りょうが幹事の、某地域オフ系コミュニティのオフなのであった。
1次会12人、2次会は2人人が入れ替わって、やはり12人、
いずれも盛大に執り行われた。

一次会は、最近できたらしいマグロが美味しい店、つきじ 魚吉




前日、この店で夕食を食べたんだが、おお!魚介かなり美味しいじゃないか。
写真は、海鮮丼1,260円 !e0094270_10244297.jpg
この店の3Fの8人座敷に、なんと150%12人詰め込み!
でも全然OKで、逆に狭さがよかったのかいつもどおり盛り上がって終了。
当日は品目は、
しらす豆腐・水菜サラダ・マグロ刺・マグロから揚げ・うにといくらの小丼と少ないけど、
食べてみると、けっこう食べ残しが出たほど量はタップリ。
しかも前回日記の「完熟マンゴードリーム」が彼女さんから2個提供され、
皆で味わった。
自分と同様「こんなの食べたことない!」と絶叫してくれた方、ありがとー!

さて、裏切り者A32歳チェッカーズ男(次の飲み会らしい)と、
裏切り者Bオレ様大好き女(次の日仕事)wが戦線離脱、
しかしここで、コミュ最強無敵の女王、百獣の王、門仲3バカトリオ、負け犬の遠吠え、
彼氏に台車で運ばれかけた女、と数々の異名を持つ女、○○○○登場。
そして、コミュ最下層に属するしもべ、コミュの奴隷□□も登場we0094270_1019571.jpg
二次会もいつもどおり、1次会を上回る盛況ぶりで終了した。
ちなみに、二次会での美女ツーショット。
いや、息を呑むほど美しいです、右wwww
左はどーしたww

で、この日りょうが某女性から言われた言葉。

ほめ上手。

違うよ。

ホントのこと言うだけさ、りょうは。

ホントのことだから、伝わる。

お世辞やおべんちゃらでないから、真実味があるから、

言われた本人においてもそれが自分で長所だと感じられるから、嬉しい。

そういうことだと思う。

だって、前に某さんに、

「○○○さんは、痩せたら絶世の美女になるよ」と言ってブチ切れられたのもりょうww

これは、ほめ上手どころか暴言らしかったwww

でも、ひとつだけ間違いないのは、

りょうが「ホントのこと」を口にするとき、

それはいつでも、相手に対する愛がある。

それは覚えておいてね。
[PR]
by ryouchanxp | 2006-07-29 10:43 | 外食 | Comments(11)