リフォームでなんか賞を受賞した

さっきリフォーム会社の片方(主に内装を手掛けた方)の社長から連絡があり、
LIXILのエコカラットを使ったリフォームコンテストで、うちの部屋が敢闘賞を受賞したそうな。
ということで受賞記念。

使っているエコカラットは、グラナスヴァーグというもので、不規則な縦の曲面が連続しているもの。

材質は多孔質セラミック、りょうはこの板が音の反射において極めて不規則ランダムに反射することを期待した。
それと、吸音材であるソネックスと交互に27cm間隔で貼る。

ドアにもw
e0094270_17034503.jpg
本棚の扉にもwww
e0094270_17040903.jpg

窓の反対側は壁と引き出し式本棚のパネルに大規模張りw
e0094270_17045507.jpg
このタイルがつくる陰影は、極めて美しい。
e0094270_17055693.jpg
e0094270_17060999.jpg
e0094270_17062067.jpg
で、だ、、、、このデザイン100%りょうがしたのに、、、りょうには何もないのか!!!w

気になって調べてみたら、LIXILメンバーズコンテストというらしい、で、敢闘賞は公式HPでは発表されず、
ただ盾みたいのがもらえるだけみたい('A`)


この程度のことなのね、まあなんももらえなくても仕方ないな。

[PR]
# by ryouchanxp | 2017-11-18 17:06 | 音楽 映像 | Comments(0)

25mmカット、アルカリ&サブロール散布

アルカリは社会通念上水素イオン指数(pH)上の用語だが、このブログに限って、
アルギンゴールドエキス&カリウムという解釈となるw

一方実は芝の隅っこで、さび病が生き残っていた!
芝を刈るということは、こいつを撒き散らすという行為にほかならない。

ということで、芝は刈るものの25mmカット(20mmで日光は充分に果たしたと考える)に戻し既存芝光合成重視、
一方でサブロールは使いたい、また変な混合液つくった関係でアルギンゴールドエキス撒くタイミングがなかったので、
薄めのカリウム(発根期待)も含め撒くことにした。

芝刈り前。
e0094270_14580821.jpg
(刈り後翌日11/19朝)
e0094270_08081873.jpg
道具たち。
e0094270_14570389.jpg
タッパーに入ってるのがアルギンゴールドエキス、赤いのはカリウム0-0-50。
手前のスプーンがひとすくいだいたい4g、多く盛れば5gくらいになるw

アルギンゴールドエキス目視4gを750ml希釈20倍で15リットル、4,000倍弱既定値よりちと濃い。
カリウム目視5gを同上で3,000倍既定値の1/6なのは日月と液肥撒いてるので一応。
サブロール15mlを同上で1,000倍、既定値。

そして、残った希釈液は適当に水混ぜて野菜へ。
e0094270_14565735.jpg
ニラまでさび病っぽかったからニラ3つ(時計で5時、7時、11時)は葉を全カット。
ニンニクは6つ(2時、3時、4時、8時、9時、10時)は先に植えた2時4時8時10時順調、残りも遅れてるだけで順調。
ネギは九条ねぎで0時と6時、こちらは4つ植えたのだが2個も死んだ。
いずれにせよ、何故か高価な芝用肥料が自動的に散布されるうちの野菜、来年は素敵なことになってほしい、是非w

[PR]
# by ryouchanxp | 2017-11-17 15:07 | ガーデニング | Comments(0)

このブログについて

何故か8年休眠していたのに10月実績で毎日平均25.7人の方が平均54.7アクセスしてくださるこのブログ。
昨日は何故かモバイルからのアクセスが61(合計79)と自分が調べた限り過去最高になったので、
たまにはこのブログについて書いてみようか?

このブログは、一生懸命芝や観葉植物について毎日毎日書いているわけだが、残念ながらラーメンとキャバクラのブログだ。
その理由は、、、

新富町に支那麺はしごという、とても美味しい担担麺(だんだんめんと読む)のお店があるのだがこれをぐぐると、
2017年11月17日検索で1,2,3,4,5,
e0094270_08153969.jpg
5,6,7,8,9個目に
e0094270_08164273.jpg
なんと、グーグル検索1ページめにこのブログの、実に10年前の記事が!w
そして六本木チック、、、、
e0094270_08174958.jpg
2ページめの3番目に、12年前wwwのこのブログのエントリーがwww

まあ何でこんな古いエントリーがここまで検索上位に来てるのか全く理解できないのだが、
極めて謎に上位でヒットするので、ここから来る人が多分毎日およそ2/3位、多分20人弱はいるのだな。
記事別アクセスが毎日半分弱が支那麺はしご、1~2割が六本木クラブチックだからw
でもこんなエントリーはこの2つだけ、では、残りの10人弱は????
全くわからないが、まあこのブログを見てくれている人が謎に存在しているのだろうと勝手に思っている。
そして、昨日は来訪30人(で79アクセス)と、普段と人数は変わらない。
きっと、そんな見てくれてる人のうちのひとりが、昔のエントリーなんかをなんかたくさん見てくれたのだろう。

まあそんなありがたい方もいらっしゃるだろうと思って、とりあえず毎日書いていたりするのだなw

[PR]
# by ryouchanxp | 2017-11-17 08:23 | プロフィール | Comments(0)

サイドボードにダイソー鉢三兄弟

ナギ(名前もナギ)はもともと、屋外部隊のいち員として買ったつもりだったのだが、調べるとどうも、屋外まずいっぽい。
関東で地植えされてる話を、けっこう調べたのだが全く見つけられなかった。
加えて、幼木の時代は非常に耐寒性が弱いそうだ。
少なくとも数年間屋外には絶対に出せないのは間違いない。

ということで、日中の置き場所(向かって左側のいつも白塗りのブツのあたり)に夜も放置じゃ、
水切れとか心配だし、せっかく素敵な鉢に入ってるんだから夜の定位置も考えようかと。

そうなると、先日撮った記念撮影を思い出す。
e0094270_21275837.jpg
ここは窓際に近いブツの上で、普段壺エステスいる場所なんだが、この3つ並べるの、いいと思うじゃん。
信号機並びが、この3つの場合座りがいいようだ。

で以前、サイドボードにはクロトン・ブッシュ&ファイヤーのファイヤーくんを置いてたのだな。
e0094270_08421716.jpg
メープル・グリーン・レッド&イエロー、この鮮やかなコントラストだけもよかったのだが、ここに、
e0094270_19385590.jpg
ナギだけでなく、謎のラック上で暗闇くん(アグラオネマ)と並んでた円ちゃん(ペペロミア・オブツシフォリア)をスカウト。
左から
e0094270_19392852.jpg
右から。
e0094270_19393647.jpg
なんか、すげえいいよこれw


[PR]
# by ryouchanxp | 2017-11-16 19:39 | ガーデニング | Comments(0)

我が家の観葉キング、アグラオネマ

芝関連資材やリフォーム後の各種ニーズのために、今年の中頃は、本当によくホームセンターに行っていて、
必然的に観葉植物を目にすることになっていたので、以前ふれたことがあるが必然的に、
うちの庭の日陰で育っているあのトゲトゲの植物はなんなんだろうという興味を持った。
それが、オリヅルランだったのだが、ここでりょうは何故か「耐陰性」をキーワードに、
当時全く買う予定がなかった「耐陰性の強い観葉植物」について、異常なほどに情報収集しまくった。
特に好んで見ていたのがこのページ。

このサイトにあるこの図、
プレゼンテーション1
まさに耐陰性ランキング(と耐寒性ランキングの複合チャート)なわけだ。
そして、その最右翼にいるのがアグラオネマ。
特にアグラオネマ自体について情報収集することもなく、でもホームセンターの観葉売り場にいる時は意識していた。

で、ある日ビバホームでカコイイ観葉植物を見つけ、ラベルを見て驚いた、アグラオネマだったのだ!
上記のような図ではどんな姿かよくわからないが、言われてみれば上記の図のまんまの姿w
その頃は既にポトスだのオキシカルジュームだのモンステラだの購入後だったので、即買ったw

来た日、8月18日。
e0094270_17234857.jpg
9月7日。
e0094270_18200852.jpg
二株のハイドロで、順調に育っていたのだが、一時期新葉出しまくってかなり風格が出てきた。

昼の育成ライト下の姿。
e0094270_18051954.jpg
e0094270_18055783.jpg
e0094270_18060811.jpg
夜の定位置にて。
e0094270_18063593.jpg
e0094270_18064675.jpg
ドリルというより既に新葉。
e0094270_18065671.jpg
もうひとつ地面から。
e0094270_18073401.jpg
本当に、カコイイ。

買ってから調べたのだが、このアグラオネマ、普及種でないと極めて高額で、
例えば人気のトリカラーなんかは平気で1万円を上回る価格で売られている一方、
うちのは980円(抜)(鉢の付加価値がなければ680円(抜)で売られているシリーズ)。

でもいいじゃないか、うちのアグラオネマ、命名暗闇くんは、こんなにもかっこいい。


[PR]
# by ryouchanxp | 2017-11-14 18:09 | ガーデニング | Comments(0)