2017年 11月 14日 ( 1 )

我が家の観葉キング、アグラオネマ

芝関連資材やリフォーム後の各種ニーズのために、今年の中頃は、本当によくホームセンターに行っていて、
必然的に観葉植物を目にすることになっていたので、以前ふれたことがあるが必然的に、
うちの庭の日陰で育っているあのトゲトゲの植物はなんなんだろうという興味を持った。
それが、オリヅルランだったのだが、ここでりょうは何故か「耐陰性」をキーワードに、
当時全く買う予定がなかった「耐陰性の強い観葉植物」について、異常なほどに情報収集しまくった。
特に好んで見ていたのがこのページ。

このサイトにあるこの図、
プレゼンテーション1
まさに耐陰性ランキング(と耐寒性ランキングの複合チャート)なわけだ。
そして、その最右翼にいるのがアグラオネマ。
特にアグラオネマ自体について情報収集することもなく、でもホームセンターの観葉売り場にいる時は意識していた。

で、ある日ビバホームでカコイイ観葉植物を見つけ、ラベルを見て驚いた、アグラオネマだったのだ!
上記のような図ではどんな姿かよくわからないが、言われてみれば上記の図のまんまの姿w
その頃は既にポトスだのオキシカルジュームだのモンステラだの購入後だったので、即買ったw

来た日、8月18日。
e0094270_17234857.jpg
9月7日。
e0094270_18200852.jpg
二株のハイドロで、順調に育っていたのだが、一時期新葉出しまくってかなり風格が出てきた。

昼の育成ライト下の姿。
e0094270_18051954.jpg
e0094270_18055783.jpg
e0094270_18060811.jpg
夜の定位置にて。
e0094270_18063593.jpg
e0094270_18064675.jpg
ドリルというより既に新葉。
e0094270_18065671.jpg
もうひとつ地面から。
e0094270_18073401.jpg
本当に、カコイイ。

買ってから調べたのだが、このアグラオネマ、普及種でないと極めて高額で、
例えば人気のトリカラーなんかは平気で1万円を上回る価格で売られている一方、
うちのは980円(抜)(鉢の付加価値がなければ680円(抜)で売られているシリーズ)。

でもいいじゃないか、うちのアグラオネマ、命名暗闇くんは、こんなにもかっこいい。


[PR]
by ryouchanxp | 2017-11-14 18:09 | ガーデニング | Comments(0)