2017年 11月 13日 ( 3 )

ぬこ

庭にいるんだからガーデニングだろうとwww

うちの庭にはよく、野良猫のトラシロ(仮名)がやってくるのだ。
いつもりょうが出て来ると逃げちゃうのだが、今日はいつもと違う場所にいた。
で、目があったw
e0094270_14095445.jpg
この画像だと外れてるように見えるけど、この直前はガチで目が合ってたのだ。
で、みつけるといつも手を振るので今日も手を降ってみたが、無視されて、
e0094270_14105275.jpg
けづくろいを始めたw

で、15分位経ったが、まだやっておる。
e0094270_14141933.jpg
かつて高麗芝だった頃うちの庭って、猫の糞害に悩まされていたのだが、
こいつとその前の猫の頃から、それがなくなったのだな。
以来、先代もこいつも、仲良くしたいと思っているのだが、、、いつも逃げられるw
さすがにサッシの中では出てこないと思うのか、今日は全く逃げないけど。

追記:
この場所に差してた日差しが外れたらいなくなったw現金なやつめww
今度ここに餌でも置いてみようかしら?
猫の脳にもりょうが置いたとわかるだろうから、少しは餌付けされてくれるかな?

[PR]
by ryouchanxp | 2017-11-13 14:16 | ガーデニング | Comments(0)

気温による外出禁止令?

午前中の気温が15度を上回らなくなってきた。

本日8:50頃。

外気11.1度。
e0094270_09025710.jpg
ベランダ12度位。
e0094270_09031274.jpg
このあとこんならしい。
e0094270_09204144.jpg
一方室内。窓際23.7度。やべえフラッシュ自動で焚かれたらホコリだらけww
e0094270_09033001.jpg
●●ポジ27度位。
e0094270_09042856.jpg
玄関22度位。
e0094270_09051654.jpg
ということで、今日からビフルカツムのベランダ展開&葉水、瀕死くん(カラテアエンペラー)の外での葉水を停止。
高山性で寒さに強いぶっちー(チランジアブッツイー)だけ朝のベランダ展開&葉水の対象とする。

ビフルカツムは日曜、ソーキングないしシャワリング(ホースで水ぶっかけるのは間違ってもミスティングじゃねえしw)以外、
よく書いてある「乾燥気味に育てる」形式としよう、瀕死の実験くんが心配だがこれで死ぬならそりゃ何やっても死ぬだろうし。

ということでだいぶ前から準備していた越冬体制。ネザラン三兄弟は、苔玉くんが窓に近く他は育成ライト。
e0094270_09155880.jpg
元祖くんは、逆サイドの窓際に、なんか禿しくちょうどいい謎の突起があってw(知ってる人は知ってる)そこにひっかけw
e0094270_09174720.jpg
ということで、ベランダ越冬部隊とぶっちー以外は気温的には15度を真冬でも下回らない環境でぬくぬく育ててみよう。

なお、本来のビフルカツム、カラテアエンペラーの耐寒性はこんな感じ。右列。
e0094270_09340827.jpg
つまりビフルカツムが5度位までは何の問題もないんだがねw
一方カラテアの方は10度切った環境はガチでやばい(長時間なら)。
短時間でも悪影響がありそう(冷たい水は灌水でもやるなという話がある)なんで、けっこう外出しはほんとにまずくなってきたと思う。

[PR]
by ryouchanxp | 2017-11-13 09:19 | ガーデニング | Comments(0)

玄リキメネ芝散布

めっちゃ寒いぞw
e0094270_08234117.jpg
e0094270_08253105.jpg
で、施肥。
うちの芝が生えてるゾーンは、およそ15㎡なんで、1㎡一リットルだとちょうど15リットルということになり、
スプレイヤー20倍希釈設定では750mlで原液を希釈すればいいという形。

で、今日は先日の間違えてつくった液肥混合液15リットルに対し30ml、残りも30ml位にようやくなったw
芝メネが17mlで880倍、玄米アミノ酸液が4mlで3750倍、リキダスが9mlで1666倍という薄めの数値だが、
昨日ペンタガーデンPROと玄米アミノ酸液適正値で撒いてるのでこれでいいかと。
というか残量に対して面倒だからテキトーw

散布前。
e0094270_08221146.jpg
残り液は適当に希釈して主のいないコンパニオンプランツプランターに施肥。

[PR]
by ryouchanxp | 2017-11-13 08:23 | ガーデニング | Comments(0)