「恋」「愛」論

裏表同時共通日記っす!両ミクの方は、せめてかたっぽ読んでねw

高校時代に、「愛」と「恋」について考えた。ラブソングで、「恋はやがて愛になり」みたいな歌詞が多いように思うが、上記以降の高校時代からおいらは、このテの歌詞に強い違和感を感じる。当時至って、今も変わらぬ結論は、恋と愛は、全く別のものだ。間違っても恋は愛に変わるものではない。

愛って、この世に沢山ある。親子愛、兄弟愛、友情(友愛)、師弟愛、果ては人類愛まで。これと、恋愛の愛って、基本的にこれらと何も変わらない。愛とは、与えるもの。それは、「してあげたい」という心。恋する彼氏や彼女や旦那や奥さんに対して、まだ幼い我が子に対して、成長著しい生徒に対して、飢えに苦しむ人々に対して、人は「してあげたい」という愛情を芽生えさせ、愛という名の行為を与える。こう考えると、基本的に愛情って、上から下に、優れてるもの(もてる者)から、劣るもの(もたざる者)に、与えらるものだということがわかる。別に全体的な優劣というよりは、そういう部分という感じ?もちろん前回日記で述べたように、長所には短所が付いてくるので、どんな人間でも愛することは可能だ。でも一方少なくとも、相手が完璧だと感じられたら愛は生まれない。子が親を愛するようになるのは、親の弱さや人間臭さを感じた時。親が絶対者のうちは、間違っても子は親を愛することはない。完全無欠の先生も、生徒から愛されないし、完全無欠の彼氏がいたら、彼女は愛しようがないだろう。人はどこか、相手の、可愛い部分、劣る部分、よく言えば愛すべき部分を見つけて初めて、その人を愛する。そりゃそうだ、そういう部分がない人に、人は何をしてあげられるわけよ。自分が相手より優れてると思う、ないし相手に与える価値があるものをあげることで、自分より劣ると思えるその部分に、自分が自分の力で何かしてあげられると思えるから、人は人を愛するのだ。

ところで、よく「無償の愛」という言葉があるが、これについて10年ほど前からおいらは、こんな風に言っている。「無償の愛は存在しない、しかし、無償で始まらない愛も存在しない」。つまり、愛は始まった時は、いつでも無償だ。だって、「してあげたい」心って、見返りを求めて発生するわけじゃないでしょ?大好きな彼氏彼女の可愛い部分を見て、まだ幼い我が子を見て、成長著しい後進である生徒を見て、飢えに苦しむ人々を見て、人はごく自然に愛情を発生させる。「この人(たち)に、してあげたい」。そこに、何も見返りという発想はない。

ところが。

一度愛情を注ぐと、人は何故か、見返りが欲しくなる。おいらが「無償の愛は存在しない」と言う理由だ。注いだら、注いだ分、返ってこないと不満になる。とても愛情豊かな人でも、莫大な愛情を注げばやはり見返りを期待するし、愛情に乏しい人は、ちょっとした愛情の注入で、すぐ見返りを期待する。この点、愛情は、とてもお金と似ている。お金持ちは沢山使えて、大胆な投資も出来るし、貸したり投資したお金が長く帰ってこなくても平気だけれど、貧乏人はちょっとしたお金でも、人に貸したり投資したりすると、すぐ生活に困って汲々としてしまう。なのでとてつもなく愛情豊かな人が、少なく注いだ愛情は、無償になることはあるが、それって、要はお金で言えば「はした金」だから。でも、程度問題で言えば、豊かな人は相対的に、無償に近い愛情を注ぐことは出来る。ただ、それは決して無償の愛情ではない。急いでる時に1円落としても無視して行くけど、どんなに急いでても全財産の半分落としたら絶対に拾うという話。注いだ愛情が、持てる全ての愛情に対して、あまりに少ないから無視できたってこと。「無償で始まらない愛も存在しない」。だから、誤解が生じる。間違っても、「無償の愛」なんて信じないようにwww


一方、恋って何だろう。普通に恋とは、惹かれること。憧れ、異性として好き、求める心。そして、何故求めるのか。それは、相手にその価値があるから。自分にはない価値、自分が求める価値を、相手が持っているから。こう考えると、恋って、下から上への方向性を持つのはわかるだろう。もたざるものが、もてるものに求める行為。普通に、愛と真逆w 恋が愛に変わるだぁ?寝言言ってんじゃないってwww恋と愛は別で、そして別であるから素晴らしい。

そしてここで、「恋愛」という言葉の凄みが、おわかりだろうか。同じ人間に、愛という感情と、恋という感情を同時に持つこと。それは2人が、お互いの長所を知り求め合い、お互いの短所を知り与え合う。すなわちそこには、相互の長所から短所にいたる全人格的理解があり、2人の間で、愛という名の与える行為と、恋という名の求める行為が常に循環し、2人の間で価値が強烈に回転する。そこにあるのは、強烈なシンクロ、莫大な価値交換、そして相互の成長。こうなるまでに、時に人は大変な努力を必要とし、苦しみや痛みを我慢する必要がある。それは別稿に譲るが、もし、おいらが思う真実の恋愛に達した2人は、この世で最高の価値を手にすることになる。それは、リアルタイムで成長し、一体化する、心からの幸福感。おいらも過去、何度か体験した。

一方、愛だけで繋がる関係でも、それはとても意味がある。恋がその人を求める気持ちである以上、それを受け入れてやれない、求めるものを与えられない人は相手の気持ちに罪悪感を感じるだろう。そんな恋は、ない方がいい。また時に人は、一方的に愛情を注がれる必要がある時がある。19歳のおいらもそうだった。愛情は、心の傷や病を治す唯一のお薬。場合によっては、人は「恋愛」よりも愛だけの関係が重要となる。ただ、何も求めず、その人を愛すること。そんなことも、恋愛と並ぶ重要な価値。おいらは、そんなことも含めて、ひとりひとり、運命がおいらに導いてくれた素晴らしき人たちとの関係を、正しく、自分の一方的な気持ちを振り回すことなく、正しく実践していきたい。おいらには、どうやら人並みはずれた愛情がある。時に、人から無償かと思われるような、莫大な。だから、おいらはちっとやそっとでは、見返りを求めることはない。だってそれって、おいらが昔、ある人にしてもらった、とても素敵なことだからね。
[PR]
by ryouchanxp | 2008-01-29 01:36 | 恋愛論 | Comments(39)
Commented by ポキール星人w at 2008-01-29 03:13 x
殿。

…既に3行目の「間違っても恋は愛に変わるものではない。」の時点で膝を叩きました。

前に飲み屋で熱く語らった会話が、更に掘り下げて語られているとみました。
ウザイかもしれんですが、段落ごとにレス入れます。続きはまた明日w
でわでわ。
Commented by motoko at 2008-01-29 04:01 x
なんか、もやもやしてたイメージが固まった感じ
そういうこと深く考えたこと無かったのね、僕

がんばって愛の容量を増やそうと思うよ。やり方はよくわかんないけど
Commented by altlila at 2008-01-29 06:03 x
ぶらぼぉ~~!!!

「こうなるまでに、時に人は大変な努力を必要とし、苦しみや痛みを我慢する必要がある。」→はい、未だに修行中の身です。がんばります。
Commented by 門仲カニオヤジ at 2008-01-29 11:56 x
子供のいない人が子供への愛を論じるのは
蕎麦を食ったことのない人が蕎麦の味を語るのとおんなじじゃないですか。

したがって、無償の愛が存在しないという結論を出すには、
まだ早いんじゃないでしょうか。
私だって、子供に注いでいる愛情が無償の愛なのかどうかを理解するには、
あと20年かかるだろうと思ってますし。
というか、そんなことを気にする親もいないと思いますけど。
愛って、感情じゃなくて本能ですしね。
Commented by ryouchanxp at 2008-01-29 13:10
→成人さんwww

段落レス楽しみにしとりますw もちろん、ぜってーやってね!
Commented by ryouchanxp at 2008-01-29 13:11
→少佐

愛を容量を増やすのは、ひたすら愛せる対象を愛することさ。
そんなものを持てば、人は、その愛情を飛躍的に大きくできる。
ただ、それはとてもとても、苦しい行為だったりもするがな。
Commented by ryouchanxp at 2008-01-29 13:12
→altlilaさん

ぶらぼぉ~wですかwww ありがとう。
おいらも、当然もちろん未だに修行中ですよ!
がんばりましょう、おがたい!
Commented by ryouchanxp at 2008-01-29 13:22
→カニさんwww

おおよ、たいへん厳しいコメントですね。
蕎麦を食ったことのない人間が蕎麦の味を語るのは不可能ですが、
蕎麦の栄養素やカロリーについては、データで論じることが出来る、
そんな具合でしょうか。

マザーテレサが、もし喜ぶひとたちの笑顔を見れないとしたら、
それはそれは、がっかりするでしょう。

親が、子供が成人しても全く親に感謝しない子供であったら、
どれだけ傷つくでしょう。

おいらからすれば、本当に無償の愛が存在するんだとしたら、
そりゃ、愛じゃない。ただの完全な自己満足。
相手が大切だからこそ、愛が生まれる。
その相手に注いだ愛情の見返りが何もないってことは、
愛が強ければ強いほど、地獄だとおいらは思っとります。
無償で発生しない愛が存在しないことで、何故か愛が無償と言う議論がある。
なんか、無償の愛というのが尊いものかのような、言われ方がある。

おいらからすれば、無償の愛なんて、絶対に認めることは出来ない。
それは、愛していないという現象に他ならないから。
Commented by nami at 2008-01-29 15:39 x
自分に好意を抱かない人間を愛する事は相手にとっては迷惑だと思う自分も無償の愛反対派なのでしょう。
Commented by ryouchanxp at 2008-01-29 18:27
→ナミちゃん

ん?自分に好意を抱かない人間に愛情注いでたぞおいらwwwww
「娘」!www
あれがよかったのは、「愛」だったからだと思う。
好意を持たない相手にもたれて迷惑な感情は、「恋」だ。
これは本気で嫌悪感になる。
「誰がお前になんか俺をやるかっ!!」てなもんでね。

不思議なもので、愛って嫌いな奴からでも注がれて平気なのよ。
ん?くれるんならもらっとくわ?みたいな。
それがずっと続くと、いつの間にかおいらと娘のように、
2人の間に愛を交換しあう関係が出来てたりする。
娘は、最後まで恋をおいらにせず、そしておいらも、
娘がおいらを愛してくれるようになるまで、一切の恋を断ち切ってた。
あの不思議な関係って、それなのよ。
Commented by ノラ at 2008-01-29 20:05 x
裏?表??ここはどこw???

仰りたい事は分かる!

恋したい!愛されたい!w

恋って変化する感情なのですよね。
(それが「恋が愛に変わる」と錯覚?されやすいのかも)
本当の愛はちょっとやそっとじゃビクともしない。

恋と愛の違いで相手の反応へ求めるものも違ってきますしね。

言葉で表すのは難しいな・・・
とにかくずーっと恋愛できる女性でありたいな◎
もちろんずーっと一人の人希望♪www
Commented by ryouchanxp at 2008-01-29 20:39
→ノラちゃん

ここは表www
てか鋭い!そうそう、恋は、変化するよ確かに。
本当の愛は、まさにダムのように愛情をたくわえ、山のように、変わらない。
ノラちゃんも、随分本当の恋愛してるんだね、よくわかったw
確かに、ずーっと恋愛できることは素晴らしい。
愛は続きやすいけど、恋はもろい。
頑張って、お互いそういう恋愛しようぜ?
Commented by Kuni at 2008-01-29 21:47 x
久しぶりです。
RDBでお世話になっていたKuniです。
ブログはよく拝見させて頂いてました。
とても興味深い記事だったので
関連記事を書かせて頂きたいと思いコメントさせて頂きました。
よろしくお願いします。

http://s44.radilog.net/article/251361.html
Commented by ☆sayu☆ at 2008-01-29 22:15 x
ちぃ~~っす♪

久々にりょうちゃんが日記で恋愛について語ってるのを拝見致しやした!!!!

直接怒られるのはしょっちゅうですが。。。。www

あ~~~、あたいもいい恋愛したいわ!!

今度は失敗しない様にするんだ。
愛が欲しい!!じゃなくて、あたいが愛をgiveしたい人に出会いたい!!
って言うことにした(笑)


そんなフリーなあたいは今週から異業種交流会に出没してきまつ♪
まー、コンパなんですがwwwww

報告楽しみにしていたまえ☆
Commented by フロイト at 2008-01-30 18:12 x
〜〜〜〜〜ったく。
わがままな面を少し隠して、とてもりっぱなお説を。
十分すぎる程の経験もryouさんにはあるので、そこもバックボーンとしては太いですよね。

しかし、「カニさん」の「本能」もまた真では。
感情vs欲(本能)
ここの処理能力が高いんですな!ryouさん。
ま、年の割にまっしぐらなとこ、見習おうっと。
Commented by まりえ at 2008-01-30 21:51 x
「初恋」っていうけれど、それって絶対、恋ですね。
愛じゃないと思う。
私も確かに初恋の相手には恋してましたが、以降恋した相手って…
うーん、あんまり顔が思い浮かびません。
今までの人生、どっちかっていうと愛するほうが多いような気がします。
愛されるのってあんまりなかったのかな。だから愛されたいのかな。

ところでりょうさんはモノに恋したりしたことがありますか?
一目惚れってのは恋のほうに入りそうな感じですが。
Commented by ポキール星人w at 2008-01-31 02:17 x
はい、2段落目まで読破しますた~。

この「愛」に反するものが「恋」なんですね。
恋ってのは、いわば「憧れ」に近い感情。
「恋に恋しちゃう乙女」とかいう言い回しがどっかで見た事あるんですが、
これって結構巧い事言ってると思いません?
Commented by ryouchanxp at 2008-01-31 11:58
→KUNIさん
お元気っすか!ホントご無沙汰です!!!
全部読みましたよー。で、「恋が愛に変わる」は現象としてはあり、
現象自体を否定はしませんぜ。
でもそれをより精密に分析すれば、それが「恋が減って、愛が増えて、
最後愛だけになった」ことと同じだとわかるように思うんですよ。
昔おいらがケコーンしてた時、彼女との関係は間違いなくそれ。
てか、二つあった方が楽しくないすか?w

もう一つの方は、四回後位にwそれについて書くと思いまするw



Commented by ryouchanxp at 2008-01-31 11:59
→sayu

いい恋愛したじゃねーか、おまいの悪い癖が直るようなwww
異業種ねー、それはそれで、出会いあるだろうけどな、
いずれにせよ、運命は必ずおまいに出会うべき人を導くからwww
気楽にまってればいいぞw
Commented by ryouchanxp at 2008-01-31 12:01
→フロイトさん

何でもお見通しですねー、困っちゃいます('A`)
無償の愛のありようについては、なかなかいい刺激を頂いたので、
次回作が、そこについてのおいらの基本理念の一端となる予定です。
楽しんでいただけたらいいなぁ。

>ま、年の割にまっしぐらなとこ、見習おうっと。
ゼンゼン変わらないかとwwww
Commented by ryouchanxp at 2008-01-31 12:04
→まりえさん

まりえさんは、クールに見える愛情深い人だからねぇ。
そうなるケースは、絶対多いと思うし、お子さんもいるし。
だんだん、自分が偉そうになってくるとw、恋が貴重になるよね。
もちろん、愛のほうがずっと価値があるんだけどね!

>ところでりょうさんはモノに恋したりしたことがありますか?
フォトアルバムの我が家の黄色い椅子と、ご存知FDがそうだよ。
椅子は2年悩んで告白したw FDは3年www
Commented by ryouchanxp at 2008-01-31 12:12
→成人www

>はい、2段落目まで読破しますた~。
あんたもう少し沢山読みなさいよwww

>この「愛」に反するものが「恋」なんですね。
>恋ってのは、いわば「憧れ」に近い感情。
そうですそうです。

>「恋に恋しちゃう乙女」とかいう言い回しがどっかで見た事あるんですが、
>これって結構巧い事言ってると思いません?
そう思いますよ。
恋が現象である故に、恋する(憧れる)ことは可能です。
恋することが目的となってるので、恋自体の対象(男)がよく見えてないw
まあ、どう転んでも評価しがたい現象ですな。
Commented by Kuni at 2008-01-31 19:19 x
ryoさんのおっしゃってる意味は解る様な気がするんですけどね。
自分の記事は一般論と言うより自分の経験した感覚を
思ったままに書いたという感じです。
確かに分析して理論として形にするとまた違うのかも知れません。

恋から愛への話しですが
言われてみるとそれも言えるのかも知れません。
ただ初めて会ったときよりも今の方が
女性としても好きだと思います。
Commented by ryouchanxp at 2008-01-31 23:34
→KUNIさん

自分の話は、あくまで全ての概念を突き詰めていった場合のことですね。
だから、普通に感じるままにいると、そういう感覚なのは当然だと思います。
ちなみに、おいらも同様、女性としてずっと好きでしたよ。
自分が感じていたものが、恋から愛に変わった、
そう感覚が変わったのは、まるで同じです。
Commented by みず吉 at 2008-01-31 23:35 x
今回の記事は画像なしなんですねw

なんかそれはそれで新鮮w
Commented by kちゃん at 2008-01-31 23:37 x
かなり難しい話だけど ほぼ同感です(*´∇`*) 聞いて聞いて~りょうさん kの今気になってる人も 初めてうちの店に来た時「シューズの紐どこにありますか?洗っていたら排水溝に流しちゃったのですよ~明後日マラソン大会で履くのに・・・」2回目来た時は 「制服を 引っ掛けちゃって破けてしまいました どっか縫ってくれる お店はありませんか?」
こんなどんくさい所が 愛しいと思いました(〃ー〃)
Commented by ryouchanxp at 2008-02-01 00:33
→みず吉さん

またキセル読み溶かしてないーーーーーー?????????
泣いちゃうんだから、おいら('A`)

論文って感じの時には、画像ないほうがいいかなって思ってねw
Commented by ryouchanxp at 2008-02-01 00:33
→kちゃん

どんくさーwww で、そなの?そりゃ、なんかいい感じじゃん。
欠点があるだけで、人は人を愛するこたーねーわな。
その欠点を愛しいと思う何かがあって、人は始めて人を愛する。
きっと、他に魅力があるから、そういうところを愛するんだと思うぜよー。
Commented by Kチャン at 2008-02-02 00:16 x
あのねりょうさん聞いて(/▽≦*)/彼のひげの濃いところろか 背の高いところとか 自分で靴洗うとかってすごくない?男の人で自分で靴洗う人って初めて見たの 結婚してたら普通奥さんが洗うよね~もしかして独身???顔は40歳くらいの方なんですけどね~
スイマセン(///▽///)自分のことばかり 聞かせてしっまって
りょうさんとお酒を飲みながら話したいわ(笑)
Commented by ryouchanxp at 2008-02-04 13:08
→kちゃん

あははははは。
レス遅れてごめんよ。
自分の靴は独身なら自分で洗うよーwww

>りょうさんとお酒を飲みながら話したいわ(笑)
そだねぇ、だいたいこんだけ親しくて会った事ないっつーのがすごいw
まぁいつか実現しようw
Commented by ポキール星人w at 2008-02-11 09:09 x
>ところで、よく「無償の愛」 ~ 信じないようにwww

まで読みますた。それはね、おいら良く解る気がしますよ。
以前本気で大好きで、言葉なんて当て嵌めようのないくらい好きだった彼女。
その時の感覚に似ているんすね、この論拠は。

だから少し可愛そうですけど、結婚にその感情は不要だと思います。
心の中で思っても、行動には移さないし、表現もしない。
だから、ストレスは勝手に自分で覚えるだけなんです。
すると、相手には「求める」って感覚が沸く事を防げたりする。

ウチは喧嘩が多い夫婦ですけど、少しネガティブな努力をしている自分…。
駄目だと思いながらも、コレでいいとも思う自分。

…ではまた続きを読みに参りますぜ!!
Commented by フロイト at 2008-02-13 22:24 x
加筆を失礼。
最近、とある病気について調べることがあり、興味あるコメントがあったので。
「近代の日本人の遺伝子は壊れて来ている。」糖尿病について調べていて見つけたものだが、
食生活が欧米化して、穀物中心の生活から肉食への変化に体が対応するため
遺伝子レベルで従来の日本人の持つ特性が変わって来ている、というもの。
ふと思うと、「愛」「恋」レベルでも当然、価値観に変化がきているのだろうか?
長いので、次に。
Commented by フロイト2 at 2008-02-13 22:35 x
変化はしていると考える。
というか、ある年代からはその世代ではないだろうか?
カルチャー的にもなんでもアリで受け入れられるグローバルさを持つ。
見た目、金銭、権力、あらゆる要素が「愛」と「恋」に絡む。
昔も同じ。いえ、身分階級のなかでの思考に縛られていた時代とは、
今は違います。まあ同じような事は起こりますが、日本ですから。
個人レベルでは、絡む要素を柔軟に消化できるようになったと思える。
ただ、まだこれを個人的に自己のなかでロジックに組み立てる、組み換える事になれていないと考えてしまう。
しかし、それが出来るいいサンプルがこのブロガーではないだろうか。
しかも、生まれ持った資質もいい。
これからも楽しみしてますぜ、大将。
うまく書くのも素質かな〜〜〜。次は上手に書きます。
Commented by 生姜兄貴 at 2008-02-15 20:39 x
相変わらずの長文ですね。
いつもどおり、紙にプリンし直して読ませていただきました。

TVドラマの脚本を書いていただき、そのドラマを見たい気持ちです。
いつもながらお見事な展開です。
Commented by ryouchanxp at 2008-02-15 21:50
→成人さん

どもです!ところで、この話、どーしてもおいらが書いたこととかみ合わない、
おいらの頭の中では。。。。どうなんだろう、もう少し説明してくれませんか?
よもや成人さんが読み違えとかあるわけないんで、多分おいらの理解が足りない。
ちと負けた気分w
Commented by ryouchanxp at 2008-02-15 21:52
→フロイトさん

うーん、そこまで誉められるとwww しかし、おいらは確実に、
感性は人類の先端の一角を担ってる自負はあります。
でもそれって、フロイトさん他素晴らしいマイミクに支えられて、
知恵をつけて、やってる部分が莫大にあるのも真実ですよ。
よくぞまぁ、こんな長文を毎回読んでくださり、的確な指摘を下さる。
緊張感は、大変なものです。
ありがとう。
Commented by ryouchanxp at 2008-02-15 21:53
→兄貴

今回の本論は、20年前に考えて、いまだ一切揺らがない、
自分の中で真実と確信するものです。
毎回紙にして読んでくださる兄貴のような読者がいてこそ、
おいらも毎回、本気で書く気が起こります。

今回は、ホント、みんなの言葉が嬉しくてしょうがない。
ありがとう。
Commented by かよ at 2010-05-27 06:01 x
愛は惜しみなく与え、恋はためらいもなく奪う(好き。という名の下に)
という言葉が浮かびました!
Commented by ryouchanxp at 2010-05-30 05:12
→かよちゃん

なるほどw
結果、君がおいらへのメールに書いてあったことについて、
説明になってただろ?w
<< 無題 ちーちゃん、その後 >>