aiko あした

りょうは、aikoは2曲目のシングル「ナキムシ」をスカパーでいきなりみて、
猛烈にカンドーして、即アルバム「小さな丸い好日」を買ったのであった、
確か98年か99年のこと。

その後、3枚目のシングル花火?で爆発的に売れ始めて、あれよあれよとビッグミュージシャンに。
気に入ったミュージシャンのそんな活躍ぶりに目を細めていたwまだミレニアムの頃、
ようやくシングルが5~6曲たまったaikoの特集がスカパーで放映され、
りょうは録画でなく放送でそれを見たわけだが、そこで凄いものを見た。

それは、aikoのデビュー曲「あした」、[トイレの花子さん」だっけか、それの主題歌だったらしい。

そこには。

2枚目、3枚目のaikoからですら、想像もつかないaikoがいたのであった。

某SNSで、このaikoのデビュー曲「あした」のレビューをりょうは書いているので、コピペ。

===========================================

「歌手」aikoの唯一の作品にして、「シンガーソングライター」aikoのメジャーデビュー曲。作曲が彼女じゃないのって、多分これだけなのでは?ちなみに、デビューアルバム「小さな丸い好日」にも収録されています。

これ、深キョンの「最後の果実」の小森田実氏の作品で、曲調が同曲とそっくり。でも、悪いけど深キョンとは次元の違う出来です。

そりゃそうだ、既にインディーズ界では大変な実績を持っていた彼女も、メジャーでは初めてのシングル、そのセールス結果如何では、将来への道が絶たれてしまうリスクもある。多分、当時彼女が持っていた全てを、この歌にぶつけたのではないでしょうか。ということで、この曲、自分が知る全てのaikoの楽曲の中で、最もリスナーの魂にグッと迫ってくるものがある作品だと思っています。

優れたオーディオセットで、大音量での視聴をお勧めします。特にけっこう下まで伸ばしたシンセ系の低音がフロアをうねり、煌びやかな高音との比較的浅い面積の三角形をつくる音場に、aikoの最高のボーカルがしっかりと浮かび上がるイメージは、この曲がオーディオ的にも優れた素養を持っているという証です。「もしも罪を犯し世界中敵にまわしても あぁぁぁ~うぅぅぅぅぅ~ あなたと眠る夢を見続けてたい・・・」泣きそうになります。

この作品、PVが2パターンあって、オリジナルは幻のPVです。というのは、ファーストPV集「歌う犬」の「あした」のPV、やんなるほどオリジナルを加工した変なものになっていて、オリジナルの良さがほとんど無い。オリジナルは、スカパーで数回見ましたが、aikoとは思えない怪しい女のコが、鬼気迫る迫力で歌い上げる大変なもの。普通に見れなくて、本当に残念です。

===========================================

そう、りょうがスカパーで二回ほど見たPVは、本当に凄まじいPVなのだ。
ある意味、この人のこんなPVにも負けないインパクト。
でも、もう見れないのだった、、、、と、ふと思いついて、検索してみたYouTube。

あったよ。。。。。。。。。。

e0094270_23121042.jpg
(↑ただの画像、リンクは下ね)
りょうがボーカルについてはaikoの最高傑作だと思っているこの「あした」
シャンプーの宣伝にだって出れそうな、ストレートの黒髪サラサラの、
しかしほとんど貞子としか言い様のない、超怪しいaikoの素晴らしいボーカル。
PVも文句なしに日本のPV史上の一大傑作といえましょう。
もし知らない、見たことのない方がいらっしゃったら、是非みてみてw

最後にひとこと。

DocomoのCMに出てる、絵文字も見ないで打てると自慢する、化粧超濃いaiko嫌いだ!
是非この頃wの素朴なaikoに戻ってほしいものだ。
[PR]
by ryouchanxp | 2006-11-23 23:19 | 音楽 映像
<< 恋愛心理テスト? ニート脱出 >>