5年ぶりの笑顔

かなりディープな話。
重い話や、えぐい話が苦手な方は、読まない方が賢明です(マジ)。



りょうはバツイチである。
りょうと元奥さんは、ネットで知り合った。
初めて会ったその日にH、その7ヶ月後に結婚、そして5年、幸せな日々が続いた。
それは、りょうの人生で初めての、安らかで楽しい日々だった。
例えば2人で実家に帰るとか、会合に出るとかしても、
何故かあっという間に2人っきりになりたくなる。
お互い社交的だったはずなのに、お互い友人関係と会う機会もどんどん減って、
究極の出不精な夫婦になった。
それくらい、2人だけの時間がお互い好きだった。
仕事では、お互い成功に次ぐ成功をおさめ、
りょうは人事異動で新聞に名前が載り、
元奥さんは某企業の最高エリート部門で、
女王と呼ばれ部長ですら逆らえないとんでもない存在になり、
「公的」には成功を欲しいままにしながら、
「私的」には引きこもりのような2人だった。



残念なことに、2人の間のある重大な問題を放置したりょうのせいで、
そしてりょうが3つの会社の4つの部門で仕事するという殺人的な業務量となった後、
まる一週間家に帰れなかったある週の金曜日、彼女は突然静かに爆発した。
不発弾みたいなもので、多分その事件がなければ、爆発しなかっただろう。
ところが、それだけ2人っきりでいる生活を愛し、そんな生活に慣れていた元奥さんは、
ひとりでまる一週間、帰って来ないりょうを毎晩待つ生活で、何かが突然切れた。


その後、元奥さんは、りょうに別れを切り出す。
りょうは、わかっていた、その週の土曜から、元奥さんが何か違う人になったのを。


必死の修復努力もむなしくその後元奥さんは家を出て行き、
その後の必死の修復努力もむなしくある日弁護士事務所から内容証明郵便が。
しかも、要求は離婚とマンションローンへの身勝手な要求ともうひとつの要求と、
1千万円の慰謝料。
当時りょうは、今みたいにww失業者、払えるものではない。

りょうは、完全にぶち切れた。

その話は家裁、調停に場を移し、調停委員なるものを仲介に、両者で争うことに。
常日頃から多くの人に、「敵じゃなくてよかった」とよく言われるりょう、
本気で戦闘態勢に入れば、ほとんど最強だ。
当初元奥さんに極めて同情的だった調停委員2人、
まず1人女性の方がりょうの立場を理解する発言をし始め、
その後モロ女性に同情的な考えの調停委員までもが、りょうに何一つ反論できなくなった。
結果、出てきた裁判官。
これまでの調停でさんざんこちらが主張した話を蒸し返す。
りょう、計算ずくでマジギレ。
にらむ。
本気で怖いらしい。
それまでもの凄く偉そうで横柄だった裁判官、目をそらし急にオロオロとみっともない姿。
結局この調停、事実上りょうの全面勝利。
1千万どころか1円のお金も払わずに、住宅関係等も一切手をつけず、終了した。
向こうはさぞかし、頭に来ただろうなぁ。


しかし、元奥さん、とても変わっている。
毎年父の日母の日に、りょうの両親にプレゼント。
苗字も、実家の名前でなく未だにりょうの苗字(可能らしい)。
そんな状態で、住宅関係ともうひとつの話は、未解決でずっと放置されたまま、
5年近い月日が流れた先週土曜、元奥さんから突然りょうの携帯にメールが入る。
話があるから、時間をつくって欲しい、と。

ついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!、と笑ってる場合じゃない、
住宅関係なら断るだけだ、売るのも買い取るのも物理的に不可能。
ということで、今週の木曜、門仲のファミレスで待ち合わせ、
「決戦は木曜日」って気分で向かった。



4年半ぶりに見る彼女は、あまり変わっていなかった。
彼女はもともとりょうのことが大好きで、2人で行った映画やレストランは、
全て記念品を持って帰ってきていた。
毎朝駅まで腕を組んで通勤していた。
週末はほとんど、2人っきりで過ごした。
帰ってこれる頃は、毎晩遅くても必ずご飯をつくって待っていてくれた。
いつも面白いことをして、言って、りょうが腹抱えちゃうほど笑わせてくれた。
そして、結婚してから彼女は驚くほどお洒落になった。
驚くほど、明るく自信に満ち溢れた人になった。
驚くほど、魅力的な女性になった。
でも、そんな彼女が、りょうに牙を剥いた。
どちらが今の彼女だかは、自明の理。

待ち合わせに来た彼女は、当然にこりともしない。
やたらよそよそしい、丁寧な丁寧な敬語。
もともと、彼女は笑顔でないと、かなり暗い顔立ちだ。
りょうは、つとめて普通に振舞う、もちろん丁寧な敬語で。


世間話から始まり、何故か「あの頃」の話へ。
「あのような結末は、私の本意ではなかった」
突然彼女が言う。
やんわりと反論する。
でも、一千万請求してきたのも、あの調停で結論出したのもそちらですよね。
彼女が弁解する。
すごく不思議だ。
牙を剥いた彼女、最後に見たのは調停の最後の場。
やっぱり、暗い顔してこちらを見ようともしない。
こっちも同様だったと思うが。
そんな印象を、5年近くずっと持っていた。
怒っているだろう、憎んでいるだろう、と。

彼女は、りょうと彼女に残る二つの懸案のうち、住宅でないもうひとつの話をする。
それを、解決したい、と言う。
何一つわがままなこと、自分勝手なことを言わず、
こちらの立場、こちらの権利を尊重した形で、話してくれる。
不思議だ。
憎んでないのか?
住宅の話は、それこそ自分まで自己破産するリスクがある話、
先に解決したくないのか?
でも、これはとてもありがたい。
りょうだって、いつまでももうひとつの懸案、放置しておきたくはなかった。
合意する。

ほっとしたような顔をする彼女、
突然、こんなことを言った。

「私たち、夫婦としてはダメだったけど、別れてもいい友達でいられると思った」
そう言って、彼女は泣いた。
「絶対、恨まれてると思った」
そう言って、また泣いた。

確かに、離婚調停の間は、憎んでたかもしれない。
そしてその前、出て行かれてから調停までの3ヶ月間は、絶望的な悲しみにいた。
でも、調停後、しばらくして、そんな気持ちは全てなくなった。
「今は、そんな感情全て忘れてしまっていて、全然憎んでないですよ。」
敬語は崩さずに、でも心から出た言葉を話す。

今度はりょうが、突然彼女に話す。
「今、7月10日から付き合った彼女がいるんです」
「彼女に、話したことがあるんです」
「自分がそれまでの自分の人生で一番幸せだった、5年の話のこと」
そう、憎んだこと、悲しかったことを忘れてしまっても、
幸せだった記憶は、今も鮮明に残っている。
「そんなくらいだから、本当に、憎んだりしてませんよ」
「そして、今、あの5年を超える時代をつくろうと、再チャレンジしてるところです(笑)」

泣いていた彼女が、笑った。
5年ぶりに見る、ひまわりのような笑顔だった。

そう、彼女は笑うと、ひまわりそっくりの笑顔になる。
そしてその笑顔を、太陽に向くひまわりのように、いつも自分に向けてくれていた。
そんなことを思い出し、りょうも泣いてしまう。
ファミレスで泣いたことなんて、それこそ人生で初めてだ。


そして、思い出す。

今同じように、いつも自分の方を向いていて最高の笑顔をくれる、今自分が一番大事な人を。

その笑顔を永遠に、失いたくない。

そして、あの幸せだった5年間を超える時代を、2人で作っていきたい。

そんな決意も新たに、席を立つ。
別れ間際、彼女がまた、ひまわりのような笑顔で言った。

「今日、会えて本当によかった」

そして、ひまわりはくるりと後ろを向いて、駅のホームに吸い込まれていった。
[PR]
by ryouchanxp | 2006-09-02 11:53 | 恋愛論 | Comments(28)
Commented by ryouchanxp at 2006-09-02 13:06
おいおい、そんなために書いたんじゃねーぞwww
上記の如く3ヶ月だねぇ自分は。
やっぱり本気で闘ったから吹っ切れたんじゃないかな?
何か本気になりましょう、したら、心が動き始めるよ。
その場所から、違う場所へと。
Commented by ryouchanxp at 2006-09-02 16:56
あーあ、ホントに消しちゃったよ、マジりょう馬鹿みたいだーwww

つーことで、上記は別にひとりごとではありませんのでよろしく。
Commented by nami-nami at 2006-09-02 23:28 x
最初のコメントは私でした。内容を見て辛くて、苦しくて、涙が溢れたんです。私は自分から別れを切り出し、それを彼に受け止めてもらいました。私が幸せになるならという理由で。でも、いまだに幸せになれていない。あと、どれだけ涙を流せば吹っ切れるのか、涙が枯れるのかという内容が書いてありました。勝手に削除してごめんなさい!
変人nami-namiより
Commented by ryouchanxp at 2006-09-02 23:43
凄い正確に記憶してんだねー!
確かにほとんどそんな内容だったと思うよ。
でも、リアルタイムの方がやっぱり臨場感あってよりよかったかな。
つーか、
>変人nami-namiより
そんな本当のこと、皆さんにお知らせせんでよろしい!w
まありょうよりは変人じゃないから安心したまえw
Commented by nami-nami at 2006-09-02 23:48 x
一応記憶力だけがとりえなので。私の身勝手でりょうさんの日記をめちゃめちゃにしたくないので。(あ、もう過去にやってるか)
変わってるって言ったのは、りょうさんですよ。自分でも認識しているから今更いいですよ。。。あと、これからご指示通り恋愛論読み直します。
Commented by Satomi at 2006-09-02 23:53 x
大変でしたね。とうとう独り言を言い出したのかと思った。というか、日記だから独り言だけど。なんにつけても「和解」と言うのはいいですよね。ハワイの友人も今その「和解」に向けてがんばっています。
色々な経験を糧に成長できればいいですよね。しなくてもいい経験はしたくないけど。
Commented by さくら at 2006-09-03 00:46 x
>大変でしたね。とうとう独り言を言い出したのかと思った。

↑↑上記に同意(爆)

いや~・・・過程は違えど、私も親の離婚を子供の立場から経験してるので
ちょっとだけ想像がつきます。
離婚は、結婚のウン十倍もの労力を費やすって言うものね。
(家の場合は、父の借金が原因だったので、和解はあり得なかったけど)

りょうさんの心の中で、元奥さんの顔がヒマワリに戻って良かったね(ฺ´∀`)ノ
Commented by ryouchanxp at 2006-09-03 07:30
→namiちゃん
>私の身勝手でりょうさんの日記をめちゃめちゃにしたくないので。(あ、もう過去にやってるか)
ん?そんなことあったっけ?

>変わってるって言ったのは、りょうさんですよ。自分でも認識しているから今更いいですよ。。。
いや、だからそんな本当のことを皆様にお知らせせんでも。。。

>あと、これからご指示通り恋愛論読み直します。
指示wwwちなみに、ここ今読んだからメッセと逆のレスになっちまった。

→Satomiさん
>大変でしたね。とうとう独り言を言い出したのかと思った。
いや、ぼくは誰かと違って電波じゃありませんので(爆笑)
「和解」と言葉に書くと妙に堅いけど、全く同感ですね。
お互い過去一番大事だった人が、
今は生涯自分を恨んでるだろうと、お互い思っていて、
そうじゃなかった、という時、多分ふたりともとても不思議な気持ちになった。
多分、初めての経験。
それを、記録しておきたかったんだと思います。
Commented by ryouchanxp at 2006-09-03 07:31
→さくらさん
同意せんでよろしい!!w
え?そーなんですか、そのとおりですよ、ウン十倍。
ある意味、相手を憎まなければやっていけない部分すらある。
でも、そんな感情を持ち続けるような矮小な人間でもないし、
相手も違ったみたいです。

>元奥さんの顔がヒマワリに戻って良かったね(ฺ´∀`)ノ
多分だけど、そして昔のようには関係は絶対に戻らないけれど、
お互いの人としての評価は、5年前以前に戻ったように思います。
Commented by タケル at 2006-09-03 11:48 x
憎らしさがなくなったのかぁ。それも辛いなぁ。
でも良い形なんだろうなぁ。
Commented by nami-nami at 2006-09-03 12:45 x
相手を思い切り憎めないまま別れるのも辛いです。いっそ、憎んだ方が楽かもと思います。どんな形でも人と別れるというのは、誰にとっても辛いですね。

>お互い過去一番大事だった人が、
今は生涯自分を恨んでるだろうと、お互い思っていて、
そうじゃなかった、という時、多分ふたりともとても不思議な気持ちになった。

私は彼に恨まれているかも。いつかりょうさんと元奥様と同じような気持ちに私達もなりたいです。多分今後一生会えないだろうから、かなり可能性は低いですけど。。。
Commented by ryouchanxp at 2006-09-03 19:21
→タケルさん
それも辛いなぁ、か、凄い深いコメントだ。
ふむ。

→namiちゃん
ま、理想的別れかもねぇ、思いっきり憎み合った時期に、お互いフッ切れて、
その後その憎しみを忘れた。
で、いいじゃんか、昨夜散々話したでしょーよ?
気 に す ん な !
Commented by まめあっこ at 2006-09-03 21:55 x
ひまわりは種が好きです。
ビールのおつまみにちょうど良いです。

ちなみにわたしは高校時代付き合っていた彼と、
喧嘩のあとの仲直りで1度、別れ話で1度、ファミレスでなきました。
店員さんがぜんぜんよってきませんでした。
なき中がお会計、恥ずかしくなかったですか?

はい、すいません、素敵な日記を台無しにして。
Commented by nami-nami at 2006-09-03 21:59 x
>りょうさん
コメント書いた後で、あ、言われるかなと思いました。やはり来た、そのセリフ。。。と思いました。あー、何回言われればお前は分かるんだ!と思っているでしょうかね。これもまた、「気にすんな」と言われるかしら。

>まめあっこさん
ひまわりの種はおいしいですよね。それをバターにしたのがあるんですよ。それがまた美味しくて!五穀のバターとかもあるので、興味があったらご紹介しますね。
Commented by ryouchanxp at 2006-09-03 22:11
→まめあっこさん
はい、心底台無しです。
「全マイミクが泣いた!」とまではいきませんが、
けっこう色々感じてくれた人多いのに。。。(あいかわらずメッセ)
つーか、ひまわりの花の中心部みたいな色してますよね、まめあっこさん。
夏らしくていいですよね、ビールですか、はい。
夏でも新橋のガード下よりも海が似合い女性がいいなぁおいら。

ところで、これ
>なき中がお会計、恥ずかしくなかったですか?
どうやっても意味わからないです、教えて下さい。

→namiちゃん
おいらのカキコすら気にするんだからーもう。
何回でもいったろうじゃぁないか、それが君には必要だ。
と も か く 、 気 に す ん な !
Commented by nami-nami at 2006-09-03 22:18 x
あいよ~。それともラジャー!! 何がふさわしい??なんでもいいか。
Commented by ryouchanxp at 2006-09-03 22:42
なんでもいい、
そ れ こ そ 、 気 に す ん な !!!
もはや反復ギャグ状態で、面白くすら感じてきたw
まあ、見捨てないから君もがんばりたまい。
Commented by まめあっこ at 2006-09-03 23:24 x
naminamiさん
ひまわりの種バター、興味ありありです!

りょうさん
すいません、ここでも誤字しました。
「なきながらお会計」です。
へへん、どうせおいらはひまわりの中心部みたいな色さ。種みたいな色さ。
でも、花は枯れちゃったら楽しめないけど、種は花が終わったあともおいしく楽しめるんだから!
どうだ、悔しいか!
ちなみにわたしは海が似合う27歳No1だとかってに思ってます。
新橋は冬に煮込みを食べるのが良いのです。夏は海です。
Commented by nami-nami at 2006-09-03 23:28 x
りょうさん

>もはや反復ギャグ状態で、面白くすら感じてきたw
この私のおかしなワールドにはまる人がたまにいるんです。一度はまると抜けられません。ご注意を!

>まめあっこさん
あとで、メッセージでご案内しますね。
Commented by ryouchanxp at 2006-09-03 23:56
→まめあっこさん
(ー_ー;)ウーン、「くし」も凄かったが、あれは寝ぼけで理解しなくもないが、
どうやったらシラフで、「なき【ながら】」→「なき【なかが】」になれるのかわからん!

>へへん、どうせおいらはひまわりの中心部みたいな色さ。種みたいな色さ。
いや、顔はビール瓶のような色じゃないと言ってるんです、手足が。。。(以下自粛)

>どうだ、悔しいか!
いえ、全く(きっぱり)

>海が似合う27歳No1だとかってに思ってます。
憲法でも信条の自由が保障されてますから、大丈夫です。
でも客観的に見れば、新橋で馴染んでるOL、No.1なのは、
悲しいながら誰も反論しないと思います、あなたを除いて。

→namiちゃん
(ー_ー;)ウーン、もしかしてはまり始めてるんだろうか、
カワイイからってこんな面倒な女のコと関わりまくってて。。。
Commented by nami-nami at 2006-09-04 09:11 x
もう、りょうさんはもう私の魔法にかかっている。そのうちまめあっこさんもかかるはず。いひひ。。。
Commented by ryouchanxp at 2006-09-04 10:36
いや、まだ大丈夫だ、まだnamiちゃんをすっごい変だと思えるから(爆笑)
Commented by TAKA at 2006-09-04 11:40 x
俺もひまわり好きです
太陽の下で見ると素敵ですよね
ひとつのけじめがついてよかったですね
人といがみ合って離れ離れになるのは悲しいから
Commented by ryouchanxp at 2006-09-04 12:14
→TAKAさん
タカさんの性格も、ひまわりのようですよねー!
いつも明るい方向いてて、羨ましいです。
おっしゃるとおり、ケジメがついて、そのケジメがとても最上のものでした。
Commented by ナミちゃん at 2006-09-04 17:09 x
ええ話や…
そうね、そんな風に笑える日が来る相手っているのよね。
反対にどうしても無理な相手もいるわけで。
ナミちゃん会って謝りたいけど、まあお互い幸せなら別にいいのさ。
Commented by ryouchanxp at 2006-09-04 17:20
ありがとう!
なんか、自分でも本当に意外な結末でびっくり。
どうしても無理だし、こっちもしたくない相手とはどうでもいいがw
かつてあれほど好きだった人と、憎み合って生きて行くよりも、
絶対すっごくいい結末になったと思う。
ナミちゃんにも、そんな人とそんな日が来るように。。。
Commented by フロイト at 2006-09-04 18:21 x
TAKAさんの「ひとつのけじめ」コメント、納得です。
今の彼女さんとのためにも、きっとryouさんへの贈り物になったのでは。

心に生きる人は誰にでもいると思いますが、自分一人ではどうにもならない
から、人生はむずかしいですよね。
誰もが今回のようにならないから、本当に自分だけでなく相手次第と実感しました。
Commented by ryouchanxp at 2006-09-04 18:38
>TAKAさんの「ひとつのけじめ」コメント、納得です。
>今の彼女さんとのためにも、きっとryouさんへの贈り物になったのでは。

ホントです。この「問題」が、こんな「プレゼント」になるなんて。

>心に生きる人は誰にでもいると思いますが、~

自分の中にも沢山いますが、これから一緒に歩いていけない人との形として、
これ以上最高の形はなかったと思います。
本当に、相手次第でした。。
<< 彼女ちゃん料理日記 出会いとある能力に恵まれてると  >>