素敵な関係

自分で言うのも何だが、自分は94年、ウィンドウズ3.1の時代からネットで遊び、
パソコン通信、インターネット、そしてSNSと、ネット上の居住経験?は結構長い。
で、かつて90年代半ば、唯一の結婚暦の相手をネットで見つけて落ち着くまでは、
もうとんでもないネットナンパ師であった。
覚えているだけで、ツーショットオフの相手が20人以上。
中には、京都からりょうのED(気味)を直してやる、と意味不明の決意表明で上京し、
我が家に3泊した立命館の面倒見のいい?女子大生とかもいたし、
当時アメリカ在住の女子高生で、九州の地元では祖母すら知っている大富豪の娘とかも会った。
そんな数多くの経験の中で、間違いなくりょうが磨いてきたものは、
ネット上でのやりとりで、相手の人としての価値を、バカみたいに見抜けるようになったことだろう。

心の純粋さって、保つにはとても強さがいる。
逆の言い方をすれば、低い志の弱い人間は、
すぐ心が汚れていく。
だから、自分は様々な押し付けられた常識、納得いかないルール、プレッシャー、外圧、ストレス、
そんなものに負けないで、自分の中の純粋さを守ってきた、
そんな人にとても魅力を感じるのだ。
それが、自分にはネット上のやりとりだけで、ストレートに伝わってくる。
自分は自分からは「形」を求めることはしないので、
ネット上でそんな人を見つけると、
最初は遠慮がちに、アクセスしてみる。
でも、だんだん認めてもらえるようになって、
しまいにゃ、ちょっと踏み込んで。
9割女性だけど、ごくたまに男の人も。
自分が「この人って、すごくいい」と思えた人に限り、交流をする。
そして、相手がりょうをいいと思ってもらえると、形のようなものに発展する。

ごく最近、少し親しくなった?とっても大好きな会ったこともない二人の女のコ。
二人に共通するのは、とても純粋な、とてもまっすぐな心を持っていて、
でも恋愛でとても悩んで不安で、
真実の恋愛をしているが故に、一時的に弱くなっている。
本来泥水をかぶせてもそれをはじいてしまうような花のような、凛とした人なのに、
心から人を好きになっているが故に、今ちょっとだけ弱っちゃってる。
でも、いい加減な恋愛をして、いい加減であるが故に傷つかずに、
ついでに感受性が鈍いが故に周囲から「強い」と思われている、
そこいらにあふれているまがい物の恋愛とは絶対に異なる、
本当の価値を持っている、そして本当の価値を実現できる、
本当に価値ある人たち。
だから、りょうもとてもおせっかいにいろいろ言ってしまう。
でも、その言葉が、その意味が、その本質が伝わる。
一方りょうは、自分で自分の考えを、けっこう価値があるとうぬぼれているわけだが、
それを認めてくれる。
心底、最初自分からアクセスしてみてよかった、とても素敵な二人。
そして、それ以前に、例えば他の人の日記で面白いと思ってもらったり、
かつてはあった、自分からマイミクになって下さいって頼んだり、
先にリアルで会って仲良くなったり、
突然お店に会いに行ったり(爆笑)、
いろんな形のアクセスから始まり、
いつの間にか、とても心を許してしまっている、
マイミクを中心とした素晴らしいひとたち。
それと、未だそんな形に関係なく、何故か親しくしている、
ちょっと心が通じてるかな?な人たち。
そうやって、去年の10月から少しずつ増えてきたりょうのネット上の知人、友人関係。
なんとなく、相互に価値を感じられる、会った事もない人たち。
こうやって、ネット上でのとても素敵な関係が、
10年ぶりに多数形成されている、自分の2006年のネットコミュニティ。
リアルで、この年代の(笑)おっさんとしてはか~なり恵まれている人間関係にもかかわらず、
こんなにネットにはまっているのは、やはりこの世界に無限の価値を感じるからだろう。
人と出会う運だけは、自分はずっと、最高の運を神様からもらっている。
[PR]
by ryouchanxp | 2006-03-06 04:28 | 恋愛論
<< 強制なんたら 味玉ニュース >>